お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

Resily 株式会社のインタビュー

Resily 株式会社

クラウドOKRツール『Resily』運営のスタートアップ “会社をひとつのチームにする”をミッションに急成長!

334858

代表取締役 堀江 真弘

自己紹介をお願いします。

新卒でクラウド名刺管理サービスを提供するSansanに入社しました。当時は三三株式会社という社名で、人数もまだ35名ほどのベンチャー企業でしたね。将来は起業したい思いもあったので、経営に近い視点で働ける点と、「名刺という切り口から商談機会を最大化する」というユニークな価値感が決め手でした。

まだ市場に普及していない分野に挑戦していく、チャレンジングな環境でした。今では名刺管理アプリでトップシェアを誇る企業ですが、入社当時はそうなるとは想像もしなかったです。

入社してからは、3年間法人営業をしました。名刺管理アプリは営業職のユーザーが多く、ペルソナとして自分でサービスを使って営業をするうちにプロダクトそのものへの要求も多くなっていきました。

そこでキャリアチェンジをして、今度はPMとしてモノづくりを経験。チームで一つの価値を持つプロダクトを作る経験は自分にとって大きかったです。

今のプロダクトづくりへの考え方や組織の在り方についてはそこで学びました。

そういった経験を経て、2017年8月にResilyを創業しました。

なぜOKRに特化したSaasサービスをつくろうと思ったのですか?

前職で「あり得ない数字目標を達成する」というOKRの成功体験をしたことがきっかけです。

OKRではわくわくする目的と簡単には達成できない目標を定め、高い成果を求めます。

当時の営業部長は「月に行こう、アポロ11号や」と言いながらあり得ない数字目標を掲げていたんですよ(笑)

最初はみんな無理だと思っていたんです。でも、組織としてまだ大きくなかったので、段々と社員全員が同じ目標を認識しはじめ、社内のあらゆるリソースを組み合わせて達成に向くムーブメントができたことで、ありえなかった数字目標はギリギリ達成するかしないかまでになった。

その時に、OKRのメソッドが価値が高いものだと感じました。

一方、規模の拡大や人事異動など会社の状況が刻一刻変わっていく中で、他部署間の影響関係や優先事項のズレを修正していく必要が出てきた。

掲げた目標も結局何のためにやっているのかメンバーが認識していなかったり、自分の部門以外が何をしている部門なのか分からず、部門間を超えてのイノベーションが起きなくなっていったり。

OKRの魅力を感じたと同時に、課題も確実に感じました。そういうアプリケーションがあればいいんじゃないかと思い、つくろうと思った。それがきっかけです。

すでに存在するものをもっと良くしたいというよりは、そういうアプリケーションがまだないので0からつくるというイメージで、それはSansanに入社した時の、まだない市場を作っていくという感覚に似ていたかもしれません。

本当に必要で価値のあるサービスであれば、数年後には誰もが知っているサービスに成長するという自信はありました。

実際のところOKRはどんな企業に必要?日本にも普及するのでしょうか?

これから事業が急成長する企業にとっては必ず力になれるものです。ただ、日本企業すべてが我々のターゲットとは思っていません。

我々のプロダクトが最も良く機能するのは、新規事業がいくつも立ち上がったり、急成長段階にあるような企業です。まずはそういった企業が120%満足するプロダクトを作るということを心掛けてきました。

そのような企業がOKRの導入によって効果を出すことには自信があります。ただし、日本企業が300万社あるといわれている中でも、そのいった企業は全体の10%程度ではないかと思います。それでも30万社はあるので十分に大きな市場です。

それに加え、直近1〜2年の検索件数としてOKR自体の検索ボリュームが増えてきていて、世の中全体にOKRという言葉が浸透しはじめているのを感じています。

我々が2020年内に、ターゲットとしている影響力のある企業にどれだけ導入を実現できるかにOKR普及の明暗がかかっているとも考えていて。そういう意味で、2020年は勝負の年だと思っています。

働く上で、Resilyならではの特徴や面白さがあれば教えてください。

一番の特徴は、自分がユーザーのペルソナとしてOKRを体験しながら、全員でプロダクトをつくっていくことができることですね。

Resilyの目標設定として2020年は、会社として「絶対に落とさない」と決めた影響力のある5社に導入を成功させて、2021年には現在の導入企業数のXX倍にしようと掲げてます。これを、自分たちで作るプロダクトを活用しながら達成していく、そんな成功体験が得られると思っています。

また、ResilyのOKRは、チームのコミュニケーションを最重要視しています。そのため自分自身も代表として社員それぞれの強みをきちんと把握し、人材の長期的な成長のためのアサインを真剣に考えています。

何か成し遂げたいことがある方や、ビジネスパーソンとして明確な方向性を描いている方であれば、企業の成長とすり合わせながら最適な機会を与えられるのではないかと思っています。

どのような人材になりたいか、明確に事業をどう成長させたいか、自分の考えを持っている方には最高の環境だと思います。

最後にOKRの領域に興味を持ってくれた方にメッセージをお願いします。

OKR領域のサービスも、Resilyもまだまだ始まったばかりですが、私たちは、このサービスが近い将来に誰もが知っているサービスになると本気で考えています。組織を良くすることに興味がある方はもちろん、とにかく自分自身の手で事業をグロースさせる経験をしたいという方のご応募もお待ちしています。未開拓市場に一緒に挑戦しましょう!

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×