お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ゼンリンデータコムのインタビュー

株式会社 ゼンリンデータコム

地図サービスで日々の生活に密着。革新的なナビゲーション技術を軸にした、位置情報サービスのリーディングカンパニー

277533

■技術本部 プラットフォーム開発部
部長 森永 久之(右)
■アプリケーション開発本部
アプリケーション第二開発部
エキスパートエンジニア 高山 敏典(左)

部門の事業内容、お二人の部門について教えてください

森永
 プラットフォーム開発部は、会社の中でプラットフォームの開発・運用を担当しています。プラットフォームというのは多くの社内外のシステムに組み込まれているAPIの提供が中心になりますが、独自ミドルウェアや拡張された検索システム、データ更新システムも含みます。運用についてはoracle.postgreSQLを中心にしたデータベース運用も比重が高く、データ分析・検索技術に長けた技術者が多数在籍しています。

高山
 WEBで提供される地図というのは地図画像のみではなく、道路や鉄道のネットワーク、施設の位置情報などが複合的に関係する複雑なものです。それらが矛盾なく連動するための運用はノウハウが集積されたものと言えます。

森永
 そのような位置情報提供企業としてゼンリングループは国内では存在感がありますが、グローバルでみると挑戦者である面もあります。今後グローバルに地図配信及びルート探索機能を高精度に展開していくためには、各種パートナーとのAPI連携など開発チームの活躍の場は大きく広がると思います。

高山
 私はプラットフォームの機能を利用しながら、顧客企業と新機能やアプリケーションを開発していくアプリケーション開発本部に所属しています。本部全体では多様な開発を行っているのですが、私が担当しているのはプローブと言って、業務用車両などから取得される移動の軌跡情報を利用することで、車両毎の運転の特性を分析したり道路状況など統計的な情報を生成することをミッションとしています。共同研究や実証実験も多いので、各地を飛び回ることもあります。そのようにして開発された機能をプラットフォームに還元していくこともミッションの一つです。

森永
 期待しています(笑)パーソナライズが多いかな?

高山
 そうですね。個人毎に最適化するパーソナライズという面も重視していますが、それも全体の状況を把握できて可能になります。データ全体ではこんな感じだけどそれぞれのパターンがわかれている、という把握をするためにはディープラーニングに代表されるAI技術も必要になってきています。

部署のカルチャーについて教えてください

森永
 プラットフォーム開発部のカルチャーとしては、技術者視点、技術者ドリブンのカルチャーですね。一方で、アプリケーション開発部はお客様ドリブン、お客様の欲しいものを様々な企業と連携してサービスを作るという視点が強いですよね。

高山
 お客様ドリブンという意味で、行動分析チームの詳細をお話すると、アウトプットは研究レポートとしてお出ししていることが多いですね。様々なデータを分析して、どんな数式、どんなシミュレーション結果だった、ということをお客様にご提示しています。なので、どんなゴールに向かって、どのように研究をすれば良いのかを描けることがとても大切です。常に完成形のイメージを明確に作れることが求められます。

森永
 プラットフォーム開発部の面白さは、お客様の意見に左右されず、自分たちで新しいものを作っていけるところにあります。深い知識を身につけられるだけでなく、自分たちでやりたいことを決めることができます。チャレンジしたい方にはとても向いているのではないかと思います。いろんな業界で汎用的に使っていただくAPIを開発をしているので、2年後、3年後と継続して改善・開発していける面白さもあります。

高山
 すぐに終わりというサービスではなく、5年〜10年スパンで作ったサービスを運用・開発・機能改善していますよね。世の中の先を見据えて、いろいろなサービスを作っていくというのはすごく面白いですよね。

森永
 そうですね。そして世の中はどんどん変わっていくし、それに追いついていかなければいけない。地図情報を提供しているgoogle様をはじめとするグローバル企業とも競争関係にありますが、高精度地図など、ゼンリンデータコム独自の強みを多く持っています。

高山
 歩いている人がほしいデータと運転している人がほしいデータ、不動産販売をしている人がほしいデータ、山登りをする人がほしいデータ、それぞれ違います。一言で地図といっても、地図の見せ方を変えていかないとユーザーの満足は得られません。地図は本当に奥が深くて面白いサービスだと思います。

どのようなエンジニアの方が活躍されていますか?

森永
 プラットフォーム開発部だけでなく、どの部署であっても自分で積極的に提案・発言できる人が活躍しています。会社自体がベンチャー気質なところがあるので、出る杭は打たれないです。技術的にとことん追求したいエンジニアでも、顧客の声を聞いて常に最善のものを考え提案したいエンジニアでも、それぞれ活躍できるフィールドがあります。

高山
 アプリケーション開発部は、これをやりたいという明確な思いがある人だけでなく、いろんな人のボールを拾っていける人は活躍していますね。

今後の展開と、候補者へのメッセージをお願いします

森永
 プラットフォーム開発部はゼンリングループすべての基盤を支える部署ですので、重責もあります。ですので、積極的に優秀なエンジニアの方に入社いただきたいです。ゼンリンデータコムのサービスは日本中のユーザーに日々使っていただいているので、それを確実に提供することも重要ですが、将来に向けた研究開発も積極的に行っていきたいと考えています。

高山
 プラットフォーム開発部が作った基盤の成果を各部門へ提供し、さらに磨いていきたいですよね。部門をまたいで連携し、一つ一つ横串で見ていくことが重要です。

森永
 会社全体の方針として横串の連携は強化されていくので、部門全体だけではなくて、会社全体でユーザーに最適なサービスを提供していこうという動きは加速していくと思います。いろいろなサービスがあり、その材料もたくさんあります。ですので世の中へ貢献したい人、自分をもっと成長させたい人に入社いただければ、大きく活躍のフィールドが広がっていると思います。

高山
 ご興味をお持ちいただいた方からのご応募をお待ちしております。世の中の基盤になるサービスを一緒に創り上げていきましょう。

Bnr sp354 7

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×