お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Crunch Styleのインタビュー

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

ユーザー目線を大切にしながら、デザインでプロダクトをグロースさせるデザイナー

株式会社 Crunch Style 話題沸騰!急成長を遂げた花のサブスク「bloomee」運営企業が、次なるステージへ。

349221

代表取締役CEO
武井 亮太
大学卒業後、店舗運営、スタートアップを経て、IT化されていない花き市場への可能性を感じ、2014年9月にCrunch Styleを創業。花き業界をアップデートし、花を飾る文化を日本中に普及させるべく、2016年6月より個人需要向けの花の定期便サービス「bloomee」を開始。

これまでのご経歴と、起業を考えたきっかけは?

私は中学の時から教師になりたかったんです。これまでの人生の中でそれぞれのタイミングでいい先生たちとの出会いがあり、今の私の性格や進路選択など、その先生方のおかげで人生形成されたとすごく感謝しているんです。自分自身がいい先生に巡り会えたからこそ、「次は自分が人にいい影響を与えられる存在になりたい」と考えました。

大学では教育学部を選んだのですが、同時にスタートアップでインターンシップを経験し、家庭教師の教材の訪問販売の仕事をしていました。日中は教育実習、夜は教育商材の営業。よく考えると、同じ教育に関わる仕事でもすごく対照的だったんです。学校の先生の影響範囲は、クラスの生徒30名。かたやスタートアップの営業だとお客さんは全国にいて、自分の努力次第でいくらでも広げていける。そう考えるうちに、スタートアップでより多くの人に影響を与える仕事がしたいと思うようになりました。経営者を目指すようになったのはその時からです。

新卒で入社したのは、店舗運営を行う会社です。そこではいろんな業態の店長やスーパーバイザーなどを経験し、リアル店舗の良さや限界などをあらゆる面から学ぶことができました。その中で一番感じたのが、自分がやりたいと思っていた「広く影響を与える仕事」を追求する場合に、店舗ビジネスだけでは限界があるということ。ITの世界で起業のための下積みをしようと考えて、当時はまだ社員が3人だった人材系のスタートアップに転職し、1年半働いた後に26歳でクランチスタイルを立ち上げました。

「bloomee」の事業を進める上で、リアル店舗とITの両方の経験を活かせることは大きな強みとなっています。

経営者として大事にしていることや、仕事観を教えてください。

私個人としては、「人」の方にベクトルが向いてしまいがちですね。いいアイデアやいいプロダクトがあっても、それを実行していくいいメンバーがいなければ、うまくいかないものです。料理と同じですよね、いい食材があっても、職人の腕が良くなければいい料理はできません。

特に、クランチスタイルが目指しているような「業界を変える」、「市場を創り上げる」とか新しいチャレンジをしていくという場合には、「誰と一緒にやるか」はものすごく重要なことだと考えています。

私の理想は、常に人にフォーカスが当たる状況を作り、いい仲間といいチームを作って、みんながイキイキと働ける組織にすること。クランチスタイルでは、まだまだ同じ志を持つ仲間を集めていきたいと思っていますし、新しいチャレンジを続けるためにはもっと多くの仲間の力が必要です。

座右の銘や、大切にしている考え方があれば教えてください。

メンバーに裁量を与えているのは、実はこの想いが背景にあります。つまり、若手の意見で微妙だと感じることがあったとしても、それはもしかしたら私の固定概念かもしれないと考えるようにして、とりあえず任せることにしています。その後にできる限りのフォローアップをすればいいというのが、私の仕事の仕方ですね。私がやることはリスクヘッジだという考えです。

固定概念にとらわれないということは、「これでいいのか?」を常に自分に問うことでもあります。経営者が変な固定概念にとらわれていると、会社の成長を阻害することにつながると思っていますので、できるだけ広い視点で物事を考えるよう意識しています。

趣味や最近ハマっていることは?もしくは、意識してインプットしていることはありますか?

これといった趣味がなく、運動もしなければお酒は一滴も飲まないので、仲のいい経営者もあまりいませんし、とにかく仕事をするのが楽しいタイプなんです(笑)。30代ですが、20代の気持ちで現場レベルでゴリゴリ仕事をしていますね。仕事に関していえば、どちらかというと背中で見せたいタイプかもしれません。

あえて意識してインプットしていることがあるとしたら、新しいものや流行っているものにはできるだけ触れるようにしていますね。それこそ渋谷に新しい商業施設ができればオープン初日に行きますし、人気のパンケーキ屋があればとりあえず足を運びます。情報をキャッチして、自分の足で現場に行って、見て、感じることが大事だと思っています。

私たちは一般のユーザーさん向けにサービスを提供しているので、そうしたユーザーになり得る人たちが興味を持っていること、好きなことを知っておきたいという気持ちは忘れないようにしています。それに、私が経営者として経験を積めば積むほど、世間の価値観との間にギャップが生まれてしまうとしたら、それが一番怖いと感じています。それこそ、固定観念に埋もれないように、新しい価値観には触れるようにしています。

仕事をしていて喜びを感じるときはどんな時でしょうか?

ユーザーさんが喜んでくれた時ですね。僕らのミッションが、少しでも達成できていることを感じられる瞬間ですから、嬉しいものですね。

「bloomee」というプロダクトの性質上、ユーザーさんとは長くお使いしていきたいですし、皆さんの声にもしっかり耳を傾けたいと思っています。定期的に行っているユーザーインタビューを通じていろんな声を聞くことができるのは、私に限らず、メンバー全員にとってモチベーションの源泉になっています。

スタートアップですから、もちろん大変なことはたくさんあります。それでも、大変だけどチャレンジできている時や、大変だけど成長実感がある時は、やっぱり嬉しいですよね。

この企業が募集している求人

×

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×