お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 HRBrainのインタビュー

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

【Goエンジニア】 Goでの開発経験を活かして、働き方改革を促進するHRTechを自社開発!フレックスタイム・リモートワーク

株式会社 HRBrain 急成長のタレントマネジメントシステム『HRBrain』を開発・運営するSaaSスタートアップ

407312

2019年9月、一人目のQAエンジニアとしてHRBrainに入社し、プロダクト開発の上流から品質保証に携わる板谷。カスタマーサクセスチームや開発チームと横断的にコミュニケーションをとりながら、チーム全体で品質向上に取り組む姿に迫ります。

プロジェクトマネージャーからQAへ転身

キャリアのスタートは、大学卒業後にアルバイトでテスターをやっていたこと。当時はスマートフォンが出始めたころで、様々なアプリをスマートフォンでテストして経験を積みました。

その後、前職となるIT関連企業にテストエンジニアとして入社。そこからはちょっと特殊なんですが、テスターをやりながらカスタマーサポートのマネージャーも兼任していたんです。たまたまカスタマーサポートと席が近くて、ちょっと口出ししていたらいつの間にか…(笑)。カスタマーサポートに上がってきた意見を開発者にフィードバックするなかで、仕様の変更を提案したり、開発計画がうまく回っていない理由を考えたり、ということをしていました。

もともとの役割はテスターですが、テストはいわば最終工程。それまでの工程でフローの品質が悪いと、最終的にテストでは取り返せないほど品質が悪くなってしまうんです。そこでどんどん上流に遡って改善を繰り返していたら、いつの間にかプロジェクトマネージャーという形になっていましたね。

転職を考えるようになったのは、「プロジェクトマネージャーを経験したQAエンジニアって、実は貴重なんじゃないか?」「こんな能力を持った人間がひとりめのQAエンジニアとして立ち上げに参加できたら、おもしろいんじゃないか?」と思うようになったから。当時QAエンジニアの需要が高まりはじめていて、これからQAチームを作っていきたいという企業も多くありました。

そのなかで僕がHRBrainに魅力を感じたのは、ゼロベースからチャレンジできそうな企業文化があり、メンバーそれぞれがオーナーシップを持って仕事をしていると感じたから。堅苦しい上下関係がなく自分の裁量でベストを尽くせそうだな、というイメージもあってWantedlyから応募し、選考に進みました。

面接では、前職で自分が取り組んできた改善活動と、「HRBrainでQAチームを立ち上げるならこんな組織にしたい」という提案を資料にして持っていきました。その提案というのは、各プロダクトチームにQAエンジニアをひとりずつ置いてチーム自体の品質保証力を高める活動を行い、さらに横軸でもQAチームとして組織横断で品質向上施策を機能させる、という二軸のチーム構成だったのですが……自分が入社して一年半以上経ちましたが、まだQAエンジニアは僕ひとりなんですよね(笑)。なので、最終的にはそういったスタイルを目指して現在採用活動をしています。

テストフローや動作がどうあるべきか、徹底して考え抜き再構築

入社してまずやったことは「開発チーム内でテストのフローってどうなっているんだろう?」という確認です。当時はまだ専属のテスト担当者がおらず、開発が完了したらリリース前日にメンバーみんなで触ってみて、問題なければ翌日リリースする、というようなフローでした。

自分もまずはそのフローに入ってみたのですが、そこで気がついたのは「テストエンジニアが行うテスト」と「テスト設計の経験がない開発者が行うテスト」にはギャップがある、ということ。テストの量や質が違うのはもちろん、そもそも開発完了した複数の成果物を一日でテストし切るというフローに無理があったんです。そこで、前日にまとめてテストするのではなく、開発中に都度テストを入れて、すべてのテストフローを通ったものをリリースする運用に変えることを提案しました。

おもしろいなと思ったのは、メンバーたちが「とりあえずやってみよう」とすぐに提案を受け入れてくれたこと。慣れたフローを変えることは抵抗があって当たり前だと思うのですが、そういうところに「ゼロベースでやってみよう」「チャレンジしてみよう」という、HRBrainの組織文化が表れているように感じましたね。

ある程度開発フローが回るようになってきて、次に着手したのが開発がスタートしたばかりの新規サービスのテスト設計です。既にできあがっているデザインを材料にテストを考えていったのですが、そのなかで「これをどう操作すると、どう動くべきなのか」というような、動作の不明点が出てきました。その都度デザイナーやエンジニアに確認し「ここはこういう動きにすべきだよね」という話しをしていたのですが、なかなかその範囲が大きくて。そこで「仕様書を作りませんか?」という提案をして、自分が主導となって進めていきました。

テストエンジニアは仕様と関わりの深い業種だと思っているので、「動作がどうあるべきか」を考える力は自分に元々備わっていたと思いますし、前職のプロジェクトマネージャーとしての経験も活かすことができたのではないかと思います。

開発チーム全体で品質を保証する

現在約40名のエンジニア組織に対してQAがひとりという、とても少ない人数でやっています。これができているのは、QAに頼り切るのではなく「エンジニアも含めた開発チーム全体で品質保証をする」という方針を取っているから。

具体的には、エンジニアがどんな観点でテストしたらいいかをQAの立場からアドバイスしたり、エンジニアとペアになって実際にできあがったものを一緒に触ってみたり、という取り組みをしています。これによってエンジニア自身に設計段階から考慮漏れによるバグを防ぐ力がついて、開発物がQAの手に渡った時点でほとんどバグがないという状況になり、QAに頼りきらずともチーム全体で品質保証ができる体制に繋がっていると思います。また、自分自身もテストを行うことはもちろん、開発面に限らずデザイン面や要件のミーティングなどにも顔を出して、品質全般に気を配るようにしています。

最近では、発生した不具合を集計した傾向分析や、開発チームのプロセス品質をあげるためには何をするべきか、なども考えて、中長期的な品質向上に向けた施策も考え出しています。

今弊社ではE2Eの自動テストがまだまだ足りていません。昨年からAutifyを導入したことで非エンジニアでも簡単にE2E自動テストを作れるようになったのですが、そのテストケースを作れる人が必要です。なおかつ、どんなテストケースを作るのがいいのか、テストケースの管理はどうするのか、というところも現在は自分ひとりで考えているので、チームで解決していきたいですね。

また、現在は探索的テストをメインに行っているので、どうしても自分ひとりの経験と能力に頼る形になってしまっています。一緒にテストをしたり、テスト観点のレビューをし合ったり、そもそものテスト工程を見直したり、ということができる経験・能力を持った人がいれば、より強固なテスト体制になると考えています。

僕は、QAというのはプロダクト仕様の第一人者であるべきだと思っています。開発者やプロダクトが増えてきたなかで、プロダクト機能横断で仕様の妥当性や考慮漏れなどに対する判断を下せるような“全体を見れる人”というのが、非常に貴重になってきています。

とはいってもQAに頼り切りになるという体制ではなく、QAがいなくても開発が回るような仕組みをつくっていくというのも、役割のひとつかなとは思っていますね。また、そのための品質保証のコーチング的な役割も開発チーム内では担っていく必要もあるので、やりたいことは山積みですね(笑)

お互いの意識を高めるコミュニケーション

テストというのは大きく言えばバグを見つける仕事で、エンジニアにとってはミスを指摘されることに近いと思うんです。でも、誰でも指摘ばかりされるとつらいですよね?

そこで僕が心がけているのが「一緒にいいものをつくろう」という意識を高めるようなコミュニケーション。具体的には、たとえば「本来こういう動作のほうがユーザーはうれしいと思うんですが、こんな形にするのはどうでしょう?」というように、一方的な指摘ではなく提案をするようにしています。

後から聞いたことなのですが、実は僕が入社する前に社内で「QAエンジニアが入ってくるとテストに対して色々と指摘をされて、衝突することもあるかもしれない」みたいな話しがあったらしくて(笑)。でも僕としては、衝突するにしても心理的安全性が高い上での衝突でなければ意味がないと思っているので、そこは上手くできたかなと思いました。

そもそもチーム自体の心理的安全性高く、フラットに人の意見を聞けるメンバーが多かったので、自分もエンジニアもお互いそんな心配は杞憂でしたね。

なんといってもまだ立ち上がったばかりの組織なので、これからどんなQAチームにしていくか、どうやって品質保証をしていくのかというのは、新しく入ってくる人たちと一緒に決めていくことになります。組織の立ち上げに興味がある人にとっては、非常におもしろいのではないかと思います。

また、自社プロダクトのQAには“ひとつのサービスのスペシャリスト”という立場が求められます。長く関わることで、サービスの成長とともに自分も知識を増やしながら成長していける、いうのも魅力ですね。開発者との距離も近いので、対等な立場で意見を交わしながらサービスを構築していくことができます。

HRBrainには、メンバーみんながオーナーシップを持っているという文化があります。逆にいえば、オーナーシップがない人はつらいかもしれませんね。

僕のオーナーシップに関する具体エピソードとしては、他のメンバーインタビューで「品質向上を目指すとキリがないんだけど、板谷さんがオーナーシップを持って“どうあるべきか”という目指す状態を決めてくれるので助かる」「本当にやりたかったことに対して“どこまでやるべきか”の線引きを決めてくれる」「線引きの基準もロジカルで背景を汲み取ってくれるのが伝わってくるので納得感がある」という声をもらっています。

機能開発においては様々な要件があって、たとえばお客さん・開発者・ステークホルダー、それぞれが求めていることを加味してどこまで品質を高めていくべきか、イコール“どこまでテストを行うか”を決める必要があります。

テストってやろうと思うといくらでもできてしまうというか、際限なく工数かかるものです。なので「この機能開発においてはこういった影響がある」だとか、「こういった組み合わせが存在していて、こういった形でまとめるとより効率的ですよ」だとか、そういった線引きのアイディアをエンジニアと話しながら決めていきます。

ビジネスチームと開発チームをつなぐ潤滑油

先程も触れましたが、テストってある意味キリがないというか、品質向上を目指そうとするといくらでもできてしまうんですよね。だから、最小工数で効率よく品質を保証するためにはどうしたらいいかというのはよく考えています。

品質ってQAエンジニアだけ頑張ればいいものじゃなくて、チームで保証していくものっていうのはすごくこだわっていて、そうするために開発チーム全体に品質保証の文化根付かせるっていうのは長期的な目で見て啓蒙していってますね。

あとはやっぱり、コミュニケーションを積極的に取ること。たとえばSlack上で機能開発の話題が出ているな、と気づいたらすぐ首を突っ込んで会議に混ぜてもらうとか(笑)。

それから、これはまた別の話になりますが、品質保証というのは開発が完了すれば終わりというわけではなく、リリースした後のことも大切だと思っています。前職でやっていたこととも繋がるのですが、カスタマーサポートや営業から「お客さんが困っている」と聞いたときに、開発チームはどう動けば最速で問題解決できるのか。そのためのフローの立て付けや振り返りも必要になります。

QAエンジニアとしては、たとえばカスタマーサクセスと開発者のコミュニケーションが円滑になるように間に入ったり、実際お客さんがなにをどう求めているのかをヒアリングして開発者に伝える、という潤滑油的な役割をしたいな、というのもこだわっている部分です。みんなには、「なんか聞いたらすごい答えてくれる人!」みたいに思われているかも知れないです(笑)。

オーナーシップを持って、開発チーム全体で品質保証に取り組める人。ただテストだけをやりたいとか、人とコミュニケーションを取りたくないという人は向いていないと思います。上流からエンジニア・PdM・デザイナーとコミュニケーション取りながらサービスを作り上げていくことに興味がある人、「大きなプロダクトの一部分だけではなく、もっと全体に関わりたい」とか、「全体を見て品質にこだわっていきたい」という思いのある人も向いていると思います。

僕の過去に経験したロールとしてはテストエンジニア、テストマネージャー、PM、PdM、というところで、プログラミング的な技術力はゼロです。なので、技術的観点からも品質にアプローチできる余地はまだまだあり、よりゼロベースで開発チームの品質保証に携わることができると思います。そういった人ともぜひ一緒にやってみたいですね。

これからのQAチームを一緒に作り上げられる人、お待ちしています!

×

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×