お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 スマイループスのインタビュー

株式会社 スマイループス

HR業界初の“AI x チャット型転職支援アプリ”の『ジョブクル転職』を提供!

321251

森永 孝仁/CTO

今までのキャリアを教えてください!

大学は筑波大学の情報学群に通っていました。
日常生活で使えるものを作りたいと思っていまして、大学2年時に研究を極めていくのではなく、就職をしようと決心しました。


ちょうどその頃、iPadが世に出回っていた頃で、試しにiPad関連のシステム開発をしてみたんです。
すると、思った以上に自分は何もできないなと痛感しました。
このまま社会に出ても何もできないと感じ、インターンをすることにしたんです。
最初にインターンをしたのは大学の先輩に誘っていただいた企業様で、レコメンドシステムの開発企業。
従業員数は数名で、キュレーションメディアの新規開発に取り組みました。
ただ事件が起こりまして、ジョインして3ヶ月が経過した頃、メンターとしてついて頂いていた社員の方が辞めてしまいました(笑)
未熟な私が取り残されてしまい、一人で何もかもやらなくてはならない環境になりました。
今振り返るとこの期間で多種多様なスキルが身についたため、いい経験ができた思っています。


大学3年になり就職活動を開始したのですが、そこで出会ったのがSpeeeでした。
当時はDeNAやグリーが好調な時代で、大手に行くよりはベンチャーに行ったほうがスキルが身につくと感じ、当時60名程度のSpeeeにジョインすることにしました。内定直後にインターンに誘っていただきました。
当時Speeeにはエンジニアが7名程度いらっしゃったのですが、エンジニアの同期は1人もおらず、先輩に質問をする日々が始まりました。
具体的な業務としては北米向けソーシャルゲームのiOS開発を経験。
入社後は、国内向けのハイブリットネイティブのゲーム開発をしており、1ファイル数千行のJavaScriptのメンテナンスと平行しながら開発リーダー的ポジションとして業務委託の方、企画、ディレなどの結節点として動いておりました。
その後、音楽系サービスのレコメンドエンジンの開発を経て、再度キュレーションメディアの開発責任者として従事。
2014年2月頃から開発がスタートし2014年12月には月間PV数を1000万、目標を2ヶ月前倒しで達成をしました。
その後、スマイループス代表の仲子から誘いを受けて、入社をしています。

Speee社のご退職理由、スマイループス社の入社理由はいかがでしょうか?

恐縮な話なのですが、Speeeで学ぶことができる技術領域はちょうど一巡したイメージでした。
アプリ開発からフロントエンド、サーバーサイドの開発。
またゲームからメディア、そして開発責任者としての経験も積ませていただいたので、一通り経験したつもりです。
次は、技術を深堀りしていくか、組織全体を見れる立ち位置で仕事をしたいと思ったんです。
組織全体を見たいと思った背景としては、今まで携わったプロジェクトで、チームや組織がうまく機能せずに力が半分も発揮できていない状況を見てきたからです。
ですので、チームや組織ってどう出来上がって行くのか見てみたいな、感じてみたいなと思ったんです。
ちょうどその頃に代表の仲子と再会し、「ゼロから組織やプロダクトを作ろう」と誘われスマイループスにジョインしました。
正直最初は不安でした。会社立ち上げ期は初めてでしたし大丈夫かな…と。
ただ、仲子は元々Speeeで同じプロジェクトでディレクターとして成果を出していたので、信頼感は持っていました。
現在は僕ともう1名のエンジニアで仕事をしています。

エンジニアがスマイループスにジョインするとどのようなスキルが身につきますでしょうか?

横の領域に展開しやすいかと思います。
エンジニアってどうしても業務が専門型になることが多いです。
サーバーサイド、フロントエンド、iOS、Androidとどれかに強みを持ったスキルになることが多い。
スマイループスの場合は僕ともう1名のエンジニアの両者共にフルスタックで仕事をしています。
実際に以前在籍していたエンジニアですとサーバーサイドエンジニアとして入社していただいたのですが、iOSの開発も同時に行なっていました。
エンジニアとして働く上で幅広い技術領域に触っているのは間違いなく強みですし、何より連携が少なくなるためPDCAを回す回数が多くなり、日々起きている課題解決力も上がると思うんですよね。
別軸の話をすると、
現状メインサービスは「ジョブクル」という人材系のメディアになりますが、

今後はアルバイト領域やナース領域、そして保険、不動産などの異なる領域にも参入していきます。
領域が異なるとシステムも変わっていくので経験の幅も広がるかと思っています。

他の企業にはないスマイループスの良い部分を教えていただけますでしょうか?

個人的に思っているのは、ジョブクルのシステムを全て自前で開発している点かと思います。
外注したり、外部パッケージシステムを入れたりするのは楽なのですが、何より自分がカスタマイズできなくなってしまうのが個人的にはストレスです。
特にチャットの仕組みからネイティブアプリ2本とサーバーサイド、複雑な管理ツールのフロントエンドまで3名程度のエンジニアで全て取り組んでいる企業は少ないはずです。
それを実現できているからこそ自由度があるかと思います。
仕事をしていてよくあるんです。これ以上はパッケージシステム上できないんです、とか。
昨今多く登場しているチャットツールに関して、既存のチャットツールを使うと、ここから先はできません、というのはよくあります。
そのチャットツールに最適化するためにはどうしたら良いのか?と考える必要はないんです。
ただ、闇雲に全部自分たちで開発をしていると課題解決に時間がかかってしまい、スタートアップならではのスピード感が損なわれてしまうので、そのあたりは柔軟に考えていきたいと思っています。
実際にインフラ環境はAWSを導入して、マネージドで良い部分はどんどんプラットフォームに乗っかっていますしね。

Dxsmall

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×