お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

アバナード 株式会社のインタビュー

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

【クラウドテクニカルコンサルタント】クラウド・仮想化基盤の設計、構築、運用経験を活かしてみませんか?

アバナード 株式会社 マイクロソフトとアクセンチュアの戦略的合弁企業としてデジタルイノベーションを提供!

204850

代表取締役 安間 裕氏

略歴と、代表取締役を引き受けた経緯をお教えください。

保険会社や外資系商社のIT部門を経て、1998年にアクセンチュアに入社しました。4年後、システムエンジニアに特化したアクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ(株)が日本でも立ち上がり、初代社長を仰せつかります。アクセンチュアでは、BPOなど、IT以外も、貴重な経験をさせていただきました。しかしながらやはりITへの思い入れが強く、培ったものを還元しようとフューチャーアーキテクト社に転じました。その後、アバナードの前社長から後継者としてお声がけをいただき、非常に面白そうだと感じ、お承けしました。

なぜ、マイクロソフトやアクセンチュアではなく、アバナードなのか。
今、世界では、ビジネスは“デジタル”なしでは存在し得なくなっています。
“デジタル”のキーワードの一つである“コネクテッド”という言葉が示す通り、一つ一つのデジタル技術が水平・垂直統合されることで初めてイノベーションを起こすことが可能となります。そのコアとなるのはOSであり、日常のビジネスの中核を担うコミュニケーション技術です。
OSやコミュニケーション技術において、世界的に圧倒的なシェアを有しているのはマイクロソフトです。
つまり、マイクロソフトのテクノロジーがデジタルワールドを牽引することは必然だと言えます。

世界最強ともいえるコンサルティングファームのアクセンチュアのノウハウと、マイクロソフトの最先端テクノロジーによって、お客様の実際の現場にデジタルイノベーションをもたらすのは、アバナードだけです。
当社の類のない強みは、グローバルに展開しているプロジェクトの成果、強力なアセットを活用し、クライアントにイノベーションを提供することです。アバナードこそが、デジタルワールドにおいて、クライアントを最も幸せにすることができる企業であると確信をしています。

トップとして、どういった企業にしていきたいと考えていますか?

今、世界では“Digital or Die”と言われています。全ての業界において企業が生き残っていくためには、これを“Digital and Survive”にしなければなりません。ITを「投資」ではなく「コスト」として見ている日本企業はITの活用において欧米から3年は遅れています。しかし、3年後には欧米に追いつくでしょう。その時、IT戦略をどこに頼むかとなった際、「アバナード」と言ってもらえなければ、当社が“Die”となってしまいます。当社自身が“Digital and Survive”となるためには、当社を最強のデジタル人材集団にする必要があります。
最強のデジタル人材集団であるためには、好待遇を維持し続ける必要があり、成長し続けなければ、好待遇の維持はできません。
私の行った変革のひとつは、その“成長路線”に大きく舵を切ったことかもしれません。結果として、3年間で売り上げをほぼ倍にすることができました。

もうひとつは、従来の“人数×1人あたりの売上”という構図を脱し、提供した価値に対して対価をいただくビジネスモデルに変えていこうとしていることです。
そのために、テクノロジーとコンサルテーションを融合し、例えば、お客様のデジタル部門を代行するようなサービスモデルを創ろうとチャレンジしています。

実際に推進させていく具体策についてお教えください。

何よりも大切なのは、人材育成の強化です。当社にはクラウドやAI、ロボティクス、グローバル・プロジェクトの進め方など、様々な領域についてのスキルやノウハウを身に着ける基礎的なトレーニングメニューは豊富に揃っているものの、組織として、体系的にそれらを習得していく環境が充分ではありませんでした。
今まさに、皆さんを、それぞれのオファリングと結び付け、選択した領域に特化した専門性を深めていただく環境を整備しています。
また、そこで得たスキルを現場で活用し、成果を上げていく。結果、不足があればさらに補完するためのトレーニングを受け改善するという循環メカニズムをつくります。

社員にはよく、「ディテールをあきらめるな」と申し上げています。
“神は細部に宿る”といいますが、一つを最も深く細かいところまで知り尽くすことの繰り返しが、自信をもたらし、説得力をつけ、“普遍”を知ることにつながると思っています。

社員への期待についてお話ください。

仕事を楽しんでもらいたいですし、そういった環境をつくっていきたいと思っています。ダーウィンは、「変化し続けられるもののみが生き残る」と言いました。マーケットやお客様は変化し続けています。
我々も変化し続けます。
社員もその変化にワクワクできる存在であってほしい。

私は、「地球は先祖から譲り受けたものではなく、子孫から借り受けているものだ」という言葉が大好きなのですが、当社も変化し続けられる企業であるために、未来の社員も含めてどんな会社にしていきたいかということを考え続けてほしいと思うんです。次の世代、次の次の世代になっても、変化し続けていくメカニズムやマインドセットが永遠に引き継がれていくように。

最後に、応募者にメッセージをお願いします。

今の日本のITは3年遅れです。
日本にいてはデジタルの先端を学ぶことはできません。また、計算問題を習得すれば計算問題はできるようになりますが、計算問題をいくら解いても応用問題は解けません。イノベーションを起こす力を身に着けるためには、最先端のデジタルテクノロジーで応用問題を解く現場に接し続けるしかないのです。

今の日本では、その現場は“黒船”以外あり得ないと思います。また、これからのあらゆるビジネスはグローバルである必要がある。日本に閉じていては、勝てないのです。つまり、“デジタル×グローバル”がこれからの必勝法です。ぜひ、そういった企業を選んでいただきたいと願っています。

×
Bnr sp354 8

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×