お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 マルチブックのインタビュー

株式会社 マルチブック

世界中にクラウドERPサービス”multibook”を届ける︕⽇本発“世界基準”のクラウドサービス企業

417801

代表取締役 渡部 学(CEO)

新生マルチブックの背景とは?!

私は、2019年にマルチブックに入社しました。当時の代表村山から「上場を目指したい。そのために資金調達を含めCFOとしてマルチブックを手伝ってほしい」と声をかけていただきました。お誘いいただいてから少し入社まで時間はかかりましたが、2019年にやっとジョインすることができました。

上場や資金調達という仕事は、投資家やパートナーなど、事業を大きくする仲間を増やしていく仕事です。また、出資を受けるということは、企業の信用を高めてもらうことでもあります。他社を見ても、事業の成長に関係の深い大企業から出資を受けて上場をすることで募集が行いやすくなり急成長するケースがあるように、当社にとって大切なステップでした。

更に、資金を調達して行いたいことがありました。それがプロダクト事業への大型投資、特に販売と開発の人材強化です。

弊社では、クラウド型会計・ERPサービス”multibook”を自社開発、提供しています。
このサービスを育てるために、より強力な営業やカスタマーサクセス、マーケターが必要です。お客様が増えれば要求も増えるため、それを叶えるエンジニアが必要です。さらに、世界を舞台に戦う中で、他社製品よりもお客様のビジネスを一歩、二歩と先に進める機能を、テクノロジーを駆使して提供することが求められます。そのために、テックリードや、インフラエンジニアが必要です。

このようなサービス強化を図るため、どうしても採用を強力に推進する必要性がありました。そこに投じる資金が必要でした。

当時マルチブックの事業構造は、SAPコンサルティング事業とプロダクト事業の二つで構成されていました。SAPコンサルティング事業とは、コンサルタントの人数によりほぼ売り上げが決まるビジネスです。この構造において、SAP業界は現在活況です。つまり採用が難しい状況です。この状況で成長を目指すと、採用費や人件費が増え、肝心の利益や利益率が下がってしまう。つまり利益の成長性という観点でみると“投資家”からはうまみがないと見えたようです。さらにこのSPAコンサルティング事業を成長させていくためには大きな資本で、より大きなプロジェクトを請ける必要があります。しかしながら、弊社ほどの規模ではなかなか難しい。そんな時、キャップジェミニ株式会社より、M&Aのお話をいただきました。

同社は、弊社と同じく日本企業の海外進出支援、また外資企業の日本進出支援におけるSAPコンサルティングを強みとしています。事業シナジーがとてもあるため、村山を始め役員で検討を重ねた結果、事業を移転する契約に至りました。

この事業移転により、村山が牽引してきたSAPコンサルティング事業がより拡大を目指すことができる。そして、プロダクト事業一本にシンプルな事業構造であれば得た資本で”multibook”をしっかり育て上場し、世界で認められたサービスにするためのスタートを切ることができると確信しました。まさに一石二鳥、いや三鳥のM&Aが成功したと思っています。

外資企業CFO渡部が、日本企業CEOになるまで

私自身の経歴としては、これまで日系半導体商社の株式会社マクニカに15年、ドイツのシーメンス株式会社に2年、そして米国・中国資本のマイクロポート・オーソペディックス・ジャパン株式会社に6年在籍し、マルチブックに参画しました。

マクニカ社では、「明日会社を買うから香港に行ってきて」と突然の辞令を受け、1ヶ月半後には香港に赴任し、買収先企業との買収後の統合、いわゆるPMIを経験しました。その後シンガポール、インド、マレーシアの拠点を立ち上げ、台湾で会社統合をするなど、アジアパシフィック全体を見ていました。ダイナミックなアジア各国での多くの人との出会いや、仕事はとても楽しかったのを覚えています。
日本に帰国後、シーメンス社ではドイツ本社が買収した日本法人のCFOを担当させていただき、その後中国・米国のマイクロポート社においても日本企業ではなかなか動き出せなかった資本最適化やグローバルのキャッシュマネジメント等、強いファイナンスの仕組みを学ぶことができたことが私にとって財産となりました。

一方、外資企業の日本法人では「会社全体の価値を上げる」ことには直接寄与できないということも実感していました。ほとんどの場合、資本に関する管理は本国CFOの仕事だからです。そのため会社自体の価値を上げる仕事をするには、本国法人のトップになる必要を感じていました。

CFOとは過去の数字を集計するのではなく、将来の戦略と財務数字の関係を示し、CEOと一緒にビジネスとくに企業価値を高めることができる存在だと思っています。それを体現すべく、いつでもCEOになる準備ができているCFOでありたいと常々思っていました。創業者であり前任の村山も、私の海外拠点での経験とこのマインドセットを買い、”multibook”の未来を任せてくれたと思います。それがゆえに今回の就任は大変光栄に思っています。



カスタマーファーストで、行動し続ける企業が勝つ

採用担当:日本企業の経営を変え、ERP業界を変える。それを目指すために、マルチブックはどのような組織であるべきでしょうか?

渡部:「走り続ける組織」であるべきです。
走り続けるというのは、ビジネスの成長もそうですが、社員一人ひとりが、自ら動き、やり抜く力を持つということです。
私は、優秀な人材を集めたいと考えていますが、「優秀」の定義は「動ける人」と捉えています。
皆チャンスは平等にやってきます。その場合、挑戦した数が多い人が成功に近づく。ビジネスをする上で結果を出すことは重要です。結果を出す人は行動をした人なのです。

できない理由を並べてやらない人より、できることにとにかく早く着手する。社員には、失敗してもいいから、早く失敗してくれと伝えています。失敗すれば、何か見えるものがあるはずです。それを踏まえて、また挑戦すればいい。それができる環境を、私が責任を持ち用意します。
やると決めたことをやり切るため、行動し続ける人材の集団でありたいです。

また「カスタマーファースト」な組織でもあるべきと考えます。”multibook”をお客様に提供することで、お客様にとって良い環境を、真面目に作り続ける会社でありたい。
真面目にお客様を考え続ける企業が勝つ、と考えています。もしかすると、お客様はまだ困っていないかもしれない。数字経営をすることの利益を考えられていないかもしれない。それでも我々は現状に楔を打ち込み、お客様にとって良い環境を真剣に考え、作り、提案し続けたいと考えています。

採用担当:代表はマルチブックの経営をどのように考えていますか?

渡部:事業成長をする、しかも急角度で成長させることが私の役割だと考えます。
これまで、CFOとして、幾つもの「事業が成長する場面」を見てきました。マクニカ社に在籍した15年間で業績が前年比で下がったのは、リーマンショックとITバブルの2回だけ。シーメンスでは事業が急成長したことで、日本法人で一番高いボーナス支給率だったとおもいます(笑)。これらの経験から、事業経営において“成長”するということは、対外的、対内的にとても大切だと考えています。対外的にはお客様により価値を提供することができ、対内的には社員に成長機会を与えることができるためです。社員に成長機会を提供することができれば、より優秀な組織となり、結果として優秀な人材が増え、そしてまた企業が成長する。
好循環を作り出すことで、企業価値を高め、お客様に貢献し続けられる会社でありたいと考えます。

その理想の組織となるため、現状の経営課題は採用です。スピード感とやり抜く力を持ち合わせた方々を獲得することです。
採用の方針として社員に伝えているのは「自分より優秀な人材を採用する」ことです。意外に難しい事ですが、会社の目的や自身のミッションを考えれば、必然です。優秀な人材を集め、会社を成長させていきます。

今、第二創世記を迎える、マルチブックの社員、また今後社員になる方には、様々な分野でリーダーを任せるつもりです。それぞれの強みを発揮して、会社を引っ張っていく存在になることを期待します。将来、マルチブックを卒業することも歓迎です。例えばリクルートやソニーのように、弊社の卒業生がこのERP業界、クラウド会計業界を席巻するぐらいで丁度いいでしょう。

これから入社する方へのメッセージ

渡部:ERP業界で真のカスタマーサクセスを実現し業界の常識をひっくり返しにいきましょう。ぜひ日本から、世界で戦うことを、一緒に本気でやってみましょう。

弊社で思う存分能力を発揮してください。そのための環境は整っています。
よく裁量が多いとか、任せてくれる環境と言いますが、全面的に任せる企業は弊社ぐらいでしょう。ただ、権限を委譲しますが、責任は委譲しません。失敗しても私が責任を取ります。

この事業と組織には間違いなく、成長できる土壌があります。
世界を相手に仕事をしてみたい方に集まっていただきたいし、どんどんトライしてどんどん失敗して、成長してもらえたらと思っています。多くの志ある方と選考でお会いできることを楽しみにしています。

この企業が募集している求人

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×