お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ギャラリーレアのインタビュー

株式会社 ギャラリーレア

高級ブランド品売買にWebを積極活用。ブランディング、認知拡大で海外進出!

191161

取締役/マーケティング部 部長
水谷 将也氏
1973年生まれ。大阪府八尾市出身。幼少期、ファミコンをきっかけにゲームに目覚め、独学で自作するまでに。同時にパソコンやインターネットにも興味を持ち、ネットワーク構築やWebサイト構築などのスキルを身に付ける。運送会社でIT部門を立ち上げた経験を持つ。その後、宝石通販会社のEC事業部を経て、2010年株式会社ギャラリーレア入社。EC事業部部長を経て、2017年4月より現職

マーケティング部が担うミッションを教えてください。

マーケティング部は、EC事業や店舗事業といった事業部門を超えて、全社横断的に販売・買い取りを支援する部署として立ち上げました。

具体的には、オムニチャネルの仕組みづくりを担っています。弊社は従来、EC事業と店舗事業の両軸で販売と買い取りを行ってきましたが、取り扱う商材が高額であるため、現物を見て購入したいという需要は以前からあり、ネットで探して店舗で買うというお客様もいらっしゃいました。それが、店舗が増えて認知度が高まる中でより顕在化してきました。

そこで2015年頃から、ECサイト上で「店舗で受け取る」という機能を追加したり、会員システムを店舗とECで統合してポイントを共有できるようにしたり、これまでバラバラに展開していたサービスを一体化した仕組として再構築してきました。

2年間で会員数は倍増し、しっかりデータが集まってきたところで、今は、そのデータを活用し、より充実したサービスを提供していく段階に差し掛かってきました。そこで、現在取り組んでいることは、組織が拡大する中で複雑な構造になった組織の壁を取り外して、一気通貫の取り組みを推進していくことです。WEBもこれまではECが中心でしたが、今後は店舗サービスの認知拡大やブランディングを目的としたWEBサイトの立ち上げやSNSを使った情報発信などにも取り組んでいきたいと考えています。

マーケティング部はこれからのギャラリーレアを作っていく核になる部署です。人材の採用にも力を入れて、事業の推進力を高めていきたいと考えています。

マーケティング部のミッションを達成する上で大切なことは何ですか。

現場との密な連携です。弊社で利益を生み出しているのは現場です。現場が最大限に力を発揮するために、どのようなサポートが出来るかを考える必要があります。私たちも、最終的にはお客様のためになることを目指しているわけですが、お客様の利益を優先するあまり現場の負担を増やしてしまえば、逆効果になってしまいます。

今、取り組んでいることの具体例を挙げると、店舗からお客様へ商品を送る際のオペレーションの確立があります。

マーケティング部が出来るまでは、各店舗に散らばっている在庫がネットで売れると、一旦EC事業部がある本社に商品を引き上げて、本社から発送していました。東京のお客様が東京の店舗にある商品をネットで買うと、東京から大阪に送って、そこからお客様に送るという複雑な仕組みになっていました。そうなると、商品をお届けするまでに、1日か2日、お客様にお待ちいただくことになりますし、配送のコストも二重にかかってしまいます。そこで、店舗から直接エンドユーザーに送れる仕組みを導入することで、このような問題を解決しました。

ただし、新たな問題も発生します。各店舗からダイレクトにお客様に商品を発送すれば、お客様の利便性は向上しますが、店舗スタッフの負担が増えてしまいます。店舗スタッフの本来の仕事は、店頭での接客です。ECで売れた商品も送るために、接客がきちんとできないということでは、本末転倒です。そこで「ではどうするか」を考えなければいけません。マーケティング部のミッションを達成するためには、そのような問題解決能力が非常に重要になってきます。

マーケティング部には、店舗事業やEC事業、買い取り事業など、従来の各現場で経験を積んだスタッフが集まり、各自の経験を持ち寄って仕事をしています。現場を知らない人間が本社の机に向かって考えたことを現場に落とし込んでも、なかなか現場とすり合わせることはできません。現場を理解している人間が問題に向き合うことで、本質的な課題解決が出来るものと考えています。

ギャラリーレアの魅力を教えてください。

ギャラリーレアは、まだまだベンチャー企業であり、会社として出来上がっていません。参画する社員1人1人の手で作り上げている段階です。人によってさまざまな感じ方があると思いますが、それを魅力と思える人にご参画いただきたいと考えています。特に、現在のギャラリーレアは、新たな成長フェーズに入り、パブリックカンパニーとしてやっていくということを明確に意思表示しており、これから大きく変わっていきます。家族的な雰囲気だった数年前と比べると、組織形態も変わりつつあります。そこにコミットできる魅力は大きいと思います。今から入ってきても、自分さえやる気があれば、中核で活躍できるチャンスがあります。

職種によっては、そういった要素が響かない方もいると思います。例えばWebデザイナーの方は、とにかく作ることが好きだという方もいらっしゃるでしょう。ギャラリーレアはそういったWeb制作者の力も必要としています。そういった方にお伝えしたい魅力は、やはり事業会社であることのメリットです。自社媒体を扱っているので、自分の意見をしっかり反映することができます。もちろん意見を聞き入れてくれる環境です。また、受託制作とは異なり、一度関わり始めたらとことんまで追い続けることができます。関わるサイトもECサイトや買い取りサイト、そして、今後は多言語サイトも含めてより多様化していきます。Webだけではなく、DTPも社内でやっているので、スキルを伸ばす方向性が1つではないということも魅力ではないでしょうか。

部下の方への想いをお聞かせ下さい。

私は、自分の部下に、仕事を自分で完結できる能力をつけさせてあげたいと思って指導しています。それは全て自分でするということではありません。わからないことがあれば、誰かに聞いたり、調べたりすれば良い。自分のミッションに対してやりきることが大切なのです。その力をつけさせるためには、とにかくやらせることです。当然ですが、私が自分でやった方が早いですよ。でもそれはやらない。見ていて、つまずいたらアシストしてあげるにとどめています。

自分の部下にいつも言っていることは、「どうしたら良いですか」という質問はするなということです。「どうしたら良いですか」という質問の中には自分の意志がありません。「僕はこう思いますけどどうですか」「こういう風にしたいけどどう思いますか」という、自分の意志が読み取れる質問にはしっかり答えてあげます。それが間違えていても構いません。間違っていれば間違っているよと、言ってあげることができます。大切なことは自分の考えを持つことです。やってみて失敗すれば、なぜ失敗したかを考えるきっかけにもなります。

採用の際にも「自分の意見を持っているかどうか」は注意深く見ています。会社として完成されていないだけに、言われたことだけ、会社で決まったことだけやるタイプの人はなかなか力を発揮できる場はないでしょう。良い意味でぶつかり合える人が育ってくれたら嬉しいです。仕事を一緒に楽しんでできる方にぜひご入社いただきたいと考えています。

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×