お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ウェルスナビ 株式会社のインタビュー

ウェルスナビ 株式会社

総額148億円の資金調達を完了する、急成長FinTechベンチャー!全自動で世界レベルの資産運用サービス『WealthNavi』を開発

202459

保科智秀は京都府の出身。東京大学を卒業したのち、株式会社シンプレクスを経て、WealthNavi(ウェルスナビ)にジョインしました。現在はエンジニアとして、トレーディングシステム開発や社内業務システム開発を担当しています。趣味はダーツと散歩。

現在の仕事内容を教えてください。

ウェルスナビが提供している資産運用のサービスで、海外ETFを売買するときの計算のロジックや取引所への発注処理のプログラム開発などをメインでやっています。

ウェルスナビはSBIグループさんと業務提携をして、WealthNavi for SBI証券とWealthNavi for 住信SBIネット銀行という2つのサービスをスタートさせました。その立ち上げで私は開発のリードを担当しました。ユーザーとSBIさんのシステムをどういった形でつなぐのか、SBIさんとどのようにサービスを行っていくのかを、私も一緒になって考えていきました。今は立ち上げが完了したので、運用業務を別のスタッフに引き継いでいるところです。

私自身、飽きっぽい性格なので、常に新しいことをしていたいと思っています。スタート時に係わるのが好きですね。落ち着いてきたら別のスタッフに任せて、私はまた新しいプロジェクトに係わりたい。新しいプロジェクトに係わるとき、「前回は開発を担当したから、次は開発じゃないことを担当したい」とチェンジするようにしています。私としてはマルチにいろんなことをやっていきたいので、そんなスタイルにしています。大きな会社だと、コンサル会社がリクワイアメント(要求仕様)を作り、それをどこかのシステム会社に依頼する。作業が分断されることが多いのですが、ウェルスナビだと一貫して行っているので、開発スピードがすごくいい。しかも、クオリティが高い。プログラムを書く人が業務のことを分かっているから、コミュニケーションもスムーズですね。

仕事としてどんなところが難しいですか?

前職はSIerだったので、クライアントがいて、そのクライアントが仕様を決めて、われわれはその仕様を満たせるようにシステムを作るのが仕事でした。スタート地点はクライアントが作ってくれていた。でも、ウェルスナビでは我々がサービスを提供している立場なので、自分自身がビジネス・リクワイアメントを作るところからスタートする。これまではクライアントが正解だったが、今は自分たちで正解を決める。そこに難しさはありますね。

今後、ウェルスナビで自分はどうありたいですか?

常に新しいことをし続けていきたいと思いますね。新しいことを手探りで開拓していくからこそ、新しいチャレンジがある。挑戦し続けたいと思っています。ルーティンになってしまった作業をやるのではなく、常に新しいことをやっていきたい。

今後、作りたいサービスはありますか?

そこは難しいですね。会社の目指すビジョンにも関係してくる。今はユーザーの資産の一部をウェルスナビが預かって最適化して運用するところにフォーカスしてますが、その最適化をより効率化させていくか、資産の一部じゃなくて、トータルな資産、ライフプランを含めたユーザーの人生そのものをサポートしていくようなサービスを目指していきたいのか、ということでもやっていくことは変わると思います。私としては後者の、ユーザーの人生をウェルスナビにお任せのようなサービスを目指していければと思っています。

フィンテックの未来はこれからどうなっていくでしょうか?

私は10年前から金融業界のシステムに係わっていました。金融機関では取引の部分では電子化は進んでいて、テクノロジーなくして金融はないという状態です。金融業界ではシステムに対する投資というのは当たり前のこと。だから、「金融にはテクノロジーが重要、フィンテックだ」と言われても、私としては「昔からやっているよ」という感じ(笑)。「いまさら何を言っているんだろう」と。こういうこと言うと叩かれるかもしれないけど(笑)。

金融機関はこれから今まで以上に手数料が取れなくなっていって、スリムアップしていくのではないでしょうか。いかに手数料を安くしていくかが勝負になっていくと思う。逆に言えば、今までみたいにインフラを用意して提供すれば手数料で儲かるという時代はたぶん、終わる。より付加価値を出すような動きが強くなっていくのかなと思います。今までの金融機関はレールを敷いて、そこをみんなが走ってくれればそれで儲かった。けれど、ユーザーはそれだけでは物足りなくなっていて、もっと付加価値を求める時代になっています。今まで以上に金融機関全体として、どうやったらユーザーに付加価値を提供できるか、が重要な課題。既存の金融機関が頑張ればウェルスナビはもっと頑張らないといけない。でないと、アッという間に抜かれてしまう。既存の金融機関はウェルスナビに比べて圧倒的にノウハウも人的なリソースも顧客基盤もあります。彼らが本気になったらウェルスナビは一瞬で追い越されるかもしれない。なので、ウェルスナビは他の金融機関に負けないような新しいサービスやユーザーに求められるものを真剣に考えないとダメだと思います。

この企業が募集している求人

Bnr sp354 3

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×