お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 QLEA(クリア)のインタビュー

株式会社 QLEA(クリア)

“想いをカタチに” CG×Web×映像×VRを駆使してビジュアルソリューションを手がける

159153

代表取締役 鳥越 隆文 氏
大学を卒業後、地元のCG制作会社に就職。
2002年に仲間4人で株式会社QLEAを創業。制作物のクオリティーの高さから順調にクライアントを獲得し、CGのほかWeb、映像、直近ではVR(バーチャルリアルティ)と表現の幅を広げて、現在に至る。「人生はアドベンチャー」が信条。

仲間4人と広島で創業。すぐに東京へ進出しました。順調なスタートでしたか。

創業して半年も経たないうちに、東京に事務所を出しました。東京ではゼロからのスタートでしたが、順調だったと思います。無名の会社なので、アポは入れるけれども飛び込み営業のような感じで、でも行く先々で、作っているものに対する評価はいただきました。

東京で最初にお世話になったのがある大手ハウスメーカーさんです。これも人の縁なのでしょうね。広島出身の営業の人間がお訪ねしたとき、たまたまジャッジする立場の方が広島出身だったのです。「広島のCGの会社が営業に来ていますよ」と取り次いでくれて、通していただいたら、相手が広島の方だった。そこから、北は北海道から南は九州まで、全国各地のお仕事をいただくようになり、今でも主要な取引先となっています。そのようにして実績を積むなかで、他のデベロッパーとの取引も始まり、広告代理店とのつきあいも始まりました。

QLEAの強みは何でしょうか。

CG、Web制作、映像、広告とすべてができることです。少しずつ分野が違うので、これらを全部一つでできる会社は聞きません。当社は、これを全部まとめてしっかり受注できる会社になりたいと思い、表現の幅を広げてきました。なので、当社と同じことができるまったくの競合となる会社はありません。

広告代理店からすると、一社でできるところのほうがずっといいでしょう。プロモーションは、デベロッパーから広告代理店へ、広告代理店からデザイナーやCG、Webの会社へと発注され、一つのプロジェクトに携わる人や会社はどうしても多くなるのですが、これが「CGもWebも広告もQLEAでいいね」となれば、プロジェクトの進行もスムーズで、プロジェクトへの理解も共通になります。

一方で、そこを全部認めていただくためには、クオリティーが必要になります。それぞれの専門の会社に負けないようにしなければいけません。当然、社内ではCGの人、Webの人という具合に各々のプロフェッショナルがいて、細分化されているので、当社の場合は、これらをまとめるプロデューサーの力が非常に重要です。

直近でいうと、VRも当社の強みになりつつあります。今年はVR元年と言われていて、今までにないお問い合わせをいただくこともあります。VRは、一般にはエンタテインメント系で話題になっていますが、当社は業務系への活用の可能性を探っています。今回、マンションのモデルルームに導入したことで、お客様に好評だったことはもちろん、随分と話題にもなりました。ゲーム機器メーカーの人が当社に話を聞きに来たことも。ゲームのクオリティーには貢献しているけれども、現実的にVRでどうお金をとっているのかという点にご興味を持たれて、当社の実例を聞きに来たのです。

今後の展望を教えてください。

一つは、まずは本業の制作の事業を、国内だけでなく海外を含めて展開したいということ。もう一つは、経営者としては色々なものをやりたいという思いがあります。私は24歳からこの会社で社長をしていて、その経験がすごくありがたかったと思っているので、若い社員が同じような経験を積むチャンスにしたいのです。「やれるんだ」ということを、感じてもらいたい。

当社の今の状況を客観的に見ると、不動産関係が圧倒的に多いので、それだけになってしまうのではと懸念する人もいるでしょう。強みは強みとして伸ばしていくのですが、それだけではなく、他のこともしていきます。というか以前から、してきました。やっては止めながら、うまくいったものを残してきたのです。なので、意欲ある人が「自分はこういうことをやってみたいんですけど、どうですか」と言ってくれれば、「じゃあ、やろうか」となることは大いにあります。

今まで学習塾、ゲーム開発、アクセサリ、インテリア、アロマオイル、日本料理店、ベースボールバーと色々やってきました。並べてみるとアホですね(笑)。これだけ色々やっている一番の理由は、手を挙げた人を尊重したいということ。昔は、執行役員も立候補制にしていたくらいです。何かをやりたいという原動力が事業成功の秘訣なので、社員には「自分は何ができる」ではなく、「何をやりたい」という未来志向でいてほしい。そしてそれを、本当にやってしまう環境があります。

ぜひ社員のみんなにも、事業を運営し、人の役に立つ経験をしてほしい。何のためにこの事業をやり、どんな人に影響をもたらすのかまでを考えられるようになってほしい。そういう人がどんどん出てきて、事業として色々な柱ができることが理想です。

社長の仕事観とは、どのようなものでしょうか。

私の名刺の裏には、「人生はアドベンチャー」と記しています。そして、それを一番与えてくれるのは仕事であると思います。実際、15年前には、まさか自分が東京にいて、こんな仕事をしているとは思いませんでした。ということは次の10年、15年も、どこにいるかも何をしているかもわからない。でもそういうことが好きなのだと思います。そういう状況を楽しんでいるのです。だから社員にも、これから入る人にも、好きな仕事をしてほしいという望みがありますね。

よく仕事観を聞かれますが、仕事観も人生観も同じです。嫌なことをやり続けられる人間はなかなかいないと思うので、仕事も家庭も人生も一緒で、常に新しいことにチャレンジしたいと思います。メンバーにもそうしてほしいです。

最後に求める人物像を教えてください。

素直で成長意欲のある人がいいでしょうね。自分が無知であることを自覚して、吸収できる人。QLEAという会社も、伝統があるわけではなく、私も含めて無知なのです。私は、無知がいちばん強いと思っていて、無知だからこそ勉強し、学び、人に聞き、色々試してみる。わかっている人だと、「それは無理だよ」「やっても仕方ない」となってしまいます。でもそれでは何も生まれません。QLEAは、常に「勉強して、お客様に一番いいものを提供します」という気持ちを持っています。必ずしも本当に無知である必要はありませんが、常に無知であるという意識があり、もう一度ゼロから考えられる人が一番強い。私は、そう思っています。

QLEAという会社でいうと、今まで階段を一段、一段と上がってきました。これからは二段、三段、もしくは一気に行くような会社にしたいですね。社員一人一人の意識も変わってきて、今、やっとその素地が出てきました。必ずしも今の当社がやっていることの延長ではなく、これからどんどん変わるような何かを、これから入る人には期待したいと思っています。

Bnr sp354 1

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×