お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

弥生 株式会社のインタビュー

弥生 株式会社

Fintech/圧倒的知名度とスモールビジネス向けの事業支援サービスで変革は止まらない

139026

取締役 開発本部 本部長
安河内崇氏

元々起業志向を持ち、大学卒業後、ベンチャー企業と大手ポータルサイトを経てオンラインサービスの立ち上げに参画。その後、コンサルティングファームに転身。コンサルタント時代に弥生の経営層と出会い、誘いを受けて入社。プロダクトマネジャー、システム開発部長を経て現職。プロダクトと社内基幹システムの両方を統括する。起業時代の自らの経験も活かし、入社以来、真にユーザーに寄り添うサービスを目指して改革を進めてきた。

コンサル時代とは違った充実感~自社製品を持つ弥生ならではの面白さ~

大学時代からプログラムを手がけ、ベンチャー企業、大手ポータルサイトを経てオンラインサービスの立ち上げに参画し、その後、コンサルティングファームに転身することになりました。

コンサルティングファーム時代に、当時の弥生の執行役員と出会い、給与製品のプロダクトマネジャーをやらないかという誘いを受けて、入社することに。そのとき、弥生に行こうと決めたのは、コンサルタントの立場では、様々なプロジェクトの上流工程を手がけるのですが、実際にお客様が導入された後の運用には関われなかったから。何しろ起業をしたくらいなので、「自分の製品を持ちたい」、「自分で作りたい」という気持ちは強く、自社製品を持つ弥生に魅力を感じたのです。

ちょうど、現社長の岡本が入社したのもその頃です。私も、最初は給与製品のプロダクトマネジャーとして入りましたが、次第に全製品を見るようになり、新たにPMOの機能を持った組織を立ち上げ、共に様々な改革を進めていくことになりました。

「やりたいと思っていることをやってもらう」というスタンス~新技術をどんどん取り入れ、幅広い技術に触れることが出来ます~

基本的には、「やりたいと思っていることをやってもらう」というスタンス。弥生=会計ソフト=保守的というイメージがあるかもしれませんが、皆さんが思うよりずっとチャレンジングな社風です。

今まで培ってきた資産があるので、デスクトップならWindowsのC++がメインで、この何年かで新たにC#やWPFなどを取り入れています。一方でWebサービスは新しい技術への挑戦がしやすく、一昨年から順次スタートしている会計や業務のクラウドサービスでは、.NETやC#.NET、アジャイル系などを採用しています。ほかにもプロダクトやサービスを支える社内側のシステムや、ちょっと変わったところでは、コールセンターのシステム構築などもあり、幅広い技術に触れる機会があることは、当社の特徴でしょう。

当社はすべてプロジェクト単位で動いていて、各チームにはプロジェクトマネジャーと技術リーダー、品質リーダーがいます。技術の選定は、チームからの提案のほか、技術リーダーが集まって本部横断的にテクニカルオフィスというチームを作っており、そこからの提案もあります。安定性や継続性、予算に問題がなければ、反対することはありません。責任は伴いますが、自由に様々なことにチャレンジできる環境だと思います。

160万ユーザーへのアプローチ~UI/UXにこだわり抜き、自分の想いを形にしています~

まず160万というユーザー数の多さ。それだけ多くの人に使ってもらっていると思うと、やりがいや緊張感も大きいです。社内の開発では企画はもちろん、細かい画面設定、色味、デザインまでエンジニアが直接関わる場面もあり、SIerから来た人などは、驚きながらも興味を持って取り組んでくれています。UI、UXには特に力を入れていますね。「やりたい」と手を挙げた人が案を出し、みんなが「いいね」と言えば採用される、自分の想いを形にするチャンスは多いです。

使う技術の種類だけでなく、デスクトップ、Web、バックエンド、インフラ、ミドルウェアと開発しているものも幅広く、本人の能力や志向に合わせてローテーションもするので、一社にいながらにして様々な経験を積めるのも当社ならでは。だから、一口にエンジニアといっても、当社にはプログラマーからアーキテクチャー、SEと立場も様々です。ベンチャー企業では「フルスタックエンジニア」という都合のいい呼び名で、実情は何でもやらざるを得ないケースが多いですが、当社はあくまでも財務的な安定基盤があり、残業時間やプロジェクトの進行もしっかり管理したなかで、多様な経験を積み、自らを成長させることができる環境です。

風通しもいい方だと思います。開発チームは、ワンフロアのオフィスの一角にL字型に配置されているのですが、間にあるフリースペースは、色々な人が自由に来て、ホワイトボードに書き込みながら活発に議論しています。すぐ隣に社長室があるので、社長が急に議論に入ってくることも(笑)。社長自身も元々エンジニアで技術好き。そのようなトップとの近さも働きやすい環境につながっていると思います。

日本全国全メンバーと面談を実施~個性を大事にし、力を最大限引き出します~

これは私のこだわりでもありますが、評価の時期になると私自らが全員と面談します。開発本部の正社員は110人いて、札幌や大阪のメンバーのところへも行きますし、すごく話したい人だと4~5時間もかかるので、私はほぼ一カ月を面談に費やすほど。普段、メンバーの姿は見ていますが、やはりサシで話すことが重要だと思うのです。業務については直属の上司からフィードバックを受けた上で、プラスアルファの話を私とします。

私にできることは励ますことだと思います。想いはあるけどもどう具現化していいかわからないときなど、くじけそうになるタイミングで励まし、私に打てる手があれば追い風にしてあげる。メンバーには、何とか具現化するところまで到達してほしいし、やり通してほしいという強い想いがあります。たとえ失敗しても、最後は私が責任をとりますから。

メンバーと話していると、テンポが速い人・遅い人、人寄りの人・成果よりの人、自分の世界を持つ人・周りに合わせたい人など、いろいろなメンバーがいます。どのタイプがいい・悪いではなく、各々のタイプがいていいのです。それが個性であり、チームとしての多様性であり、各々の力を最大限に引き出すことで、その人自身も会社全体も底上げしていくことを目指しています。

『自分の想いを形にしたい』~どうやれば出来るかを考え、前向きに挑戦を続ける人に来てほしい~

どうしても弥生=パッケージソフトのイメージが強いので、採用の際には、ゆっくり着実に仕事をしたいという志向の人が多く来られます。でも実態は、今、猛烈な勢いでクラウドのサービスをデスクトップと同じレベルに持っていくために、UXの追及、Web版とデスクトップ版の融合、基幹システムのリプレイスなどを同時並行で進めているところです。今まではパッケージを販売していくスタイルだったものを、今後はサービスとして販売していくために、新しい概念、新しい売り方、新しい仕組みを確立しなくてはならず、困難に立ち向かう渦中にあります。

財務的な安定基盤はあるので、ベンチャー企業とは事情が異なりますが、マインドとしては、そのような困難を楽しめる人が当社には合うと思います。残業はとても少ない会社ですが、毎日定時に帰って…という志向の人よりは、困難をどう解決しようかと考えるのが好きな人、新しいことを切り拓きたい人などがいいでしょう。

実際、ここ数年で採用したメンバーは、何かしら特徴のある人ばかりですね。会計が大好きで、絶対に当社で働きたいと言って入社した女性、BI系のパッケージを作っていた人、Webサービスに携わっていた人…経歴はいろいろですが、共通するのは自分の想いを形にしたいという強い気持ちを持っていること。やはりそれがないとエンジニアではなく、職業プログラマーになってしまいますよね。想いを形にする。できない理由を探すのではなく、どうやったらできるかを考える。そんな経験を、ぜひ弥生でしてほしいと思います。

この企業が募集している求人

After covid19 bottom

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×