お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ISAOのインタビュー

株式会社 ISAO

組織階層ゼロの「バリフラットモデル」でチーム力無限大。「ニッポン発!億人を熱くするサービスの実現」で世界を変える!

127510

代表取締役 中村 圭志氏

1993年に千葉大学工学部を卒業し、豊田通商株式会社に入社。2004年3月からはToyota Tsusho Europe S.A. ドイツ・デュッセルドルフ支店に勤務。その後、2006年に ドイツにおける現地法人Toyota Tsusho ID Systems GmbHを設立し、代表に就任。2010年10月、株式会社ISAO代表取締役に就任し、現在にいたる。

御社の代表取締役に就任したときの思いについて教えてください。

当社の代表に就任する以前、2006年にドイツで会社を設立してから、経営という仕事に本格的に携わることになったのですが、とにかく経営という仕事が好きでたまらない、面白くて仕方がないという気持ちでした。
帰国後は経営の仕事から離れなければならないことがわかっていたので、日本に帰るタイミングで会社を辞めることも考えたのですが、そんなときに偶然ISAOの代表就任というオファーをいただきました。

実は私が当社の代表取締役に就任した当時、すべての事業が大赤字。組織も危機的な状況でした。
「大変なときによく引き受けたね・・・・・・」と言われることも多いのですが、私自身は全く大変だと思っていませんでした。経営という仕事にまた挑戦できる喜びの方が大きくて、むしろ「是非やらせてください!!」と前のめりでしたね(笑)。

事業を立て直すとなると、実際はそう簡単なものではなく、苦しいときもあったのですが、組織のために一生懸命に動いた成果が現れ始めたときは本当に嬉しかったです。就任3年で黒字化に成功し、今、右肩上がりに事業は成長しています。大切な仲間と一緒に結果を出し続けられるというのは、何よりもの喜びです。

低迷していた業績が伸びていった要因は何だったのでしょうか?

改革のマイルストーンをしっかりと作ったことだと思います。
黒字へと転換した2012年までにやったことは、ビジョンの再定義・人事制度改革・組織のフラット化と若手の抜擢・情報の極限までのオープン化・事業の取捨選択・コア技術の内製化です。

事業の成功に必要なのは「人」だという信念があるので、優秀でコミットメントが高いメンバーが責任者を務めている事業を残した結果、すべての事業が黒字化しました。短期的にはこの事業の取捨選択が効果を発揮したと思います。

さらに、それまで経営者の入れ替わりが激しく、ビジョンが不安定だったことも事業が伸び悩む大きな原因だと感じていましたので、ビジョンを再策定しました。明確なミッション・ビジョン・スピリットを掲げており、その全てを社員全員がしっかりと理解しているというのが当社の大きな特徴です。すぐに数字として結果が現れるものではありませんが、長期的にはメンバー全員が同じ方向に向かって取り組む姿勢というのが、大きな競争力につながっていくと確信しています。

これからの時代にあるべき理想の組織像とは、どのようなものだと思いますか?

20世紀は、多くの製品が発展途上で、インターネットによる情報のオープン化も進んでいなかったため、生産効率を上げることに大きな価値があった時代です。効率と品質を高めていくことが日本の会社の典型的な勝ちパターンでした。
ところが、21世紀はあらゆる製品のコモディティ化が進み、インターネットの普及により多くの情報が一瞬で全世界に伝わるようになりました。これにより、品質向上、コスト削減などの生産効率向上の価値が下がり、イノベーションを起こせない会社の価値もどんどん低下していく時代になったと私は見ています。

21世紀に勝ち残る組織に必要なものは、「アイデア」と「挑戦」と「魅力」です。
組織全員のアタマをフルに使って、今までにない新しいアイデアを生み出す力、そしてそのアイデアの実現に挑戦しイノベーションを起こす力、さらに、働く場所としての魅力(たのしさ)をしっかりともっている組織が理想です。
当社は、その理想の組織像を作り上げるため、「オープン」と「チャレンジ」という二つの言葉を大切にしています。

まず「オープン」を実践する取り組みとしては、事業報告会(幹部会)や部門別事業月次レビューを社員全員に開放しています。
社内のコミュニケーションツールはクローズドなEメールからオープンなSNSに完全に移行し、個人の予定表などの情報もフルオープンしています。
また毎週金曜日には社内のオープンスペースで、私自身の一週間の活動報告を行う会を実施しており、社員には見えづらい経営者の仕事や私自身の頭の中にどんなことがあるのかについても、どんどん共有しています。

「チャレンジ」に関しては、挑戦と失敗はワンセットであり、挑戦しなかった者よりも挑戦して失敗した者を評価するという考え方を徹底しています。
私は「薩摩の教え」が大好きなのですが、この教えにあるように「一、何かに挑戦し、成功した者」、「二、何かに挑戦し、失敗した者」、「三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者」がしっかりと評価される会社であり続けたいですね。挑戦することから逃げず、失敗も受け止め、次は勝てるように努力する。そしてそばに挑戦している人がいれば、それを助ける。そういうことができる組織が本当に強い組織だと思います。

今後、ISAOをどんな会社にしていきたいですか?

業績が好調で給料も高い企業というのはたくさんあります。でも、本当に世界を変えることのできる企業はごくわずかです。これだけ技術が進化し、世界を変えられる可能性があふれるIT業界でも、目先の利益を優先してチャレンジせずに終わってしまう企業が多いのではないでしょうか。私は、ISAOを、世界を変える志のある会社にしたいと考えています。

現状にとどまることなく、自らの働き方を進化させ続け、新しい時代の働き方を世界に向けて発信していく会社。世界のシゴトをたのしくするビジョナリーカンパニーになることが、当社の2020年までの目標です。
事業は順調に成長していますが、まだまだ世界には手が届いていません。新たな仲間の力も借りながら、さらなる高みを目指して着実に成長していきたいと思っています。

ミッション・ビジョン・スピリッツの結集であるチームISAOの力で、当社しか成し得ない事業を成し遂げ、世界に向かって存在意義を発揮していきたいと思います。

Bnr sp354 9

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×