お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ITプロパートナーズのインタビュー

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

【大阪 or 福岡の支社長候補!】拠点展開に向けたコアメンバー募集!!!!!

株式会社 ITプロパートナーズ 優秀なIT起業家やフリーランスを対象としたハイエンドのクラウドソーシングプラットフォームを運営する急成長スタートアップ!

197583

代表取締役 木村 直人氏
2005年に早稲田大学卒業後、新卒で大手損害保険会社に入社。翌年、社員10名弱のI&G Partners(現アトラエ)に転職し、成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げとサービスの拡大に携わる。2012年に人材系ベンチャー企業の取締役COOとして参画したのち、2015年に株式会社ITプロパートナーズを創業、現在にいたる

起業に至るまでの経緯について教えてください。

大学卒業後、新卒で大手企業に就職しましたが、将来が見えないことに不安を感じ、1年で当時10人弱だったI&Gパートナーズ(現アトラエ)に転職しました。I&Gパートナーズでは毎日が本当に楽しくて、「働くってこんなに楽しかったんだ!」と働くことへの価値観が大きく変わりました。当時の経験が今の自分の基盤になっていると思います。新卒で入社した会社は社員1万人以上。そこから社員10名のベンチャー企業に転職すると家族に話した時は、想像していた以上に強く反対されました。「自分の選択が間違っていたとは絶対に思われたくない」、「とにかく仕事ができるようになりたい」という思いが仕事への大きなモチベーションになっていましたね。

20代後半になってようやく社会人としての自信がつき、自分がやりたいことは何なのかということに向き合い始めた頃、いち早く独立した友人たちが、知り合いの伝手で格安で仕事を受け、なんとか日銭を稼ぎ事業を軌道に乗せようとする姿を目にすることが多くありました。一方、前職で何千社もの企業の採用ニーズに触れるなかで優秀な人材を採用できずに困っている企業の苦労を思い出し、ここをマッチングすれば課題を解決できるのではないかと思い立ちました。そこから ITプロパートナーズというサービスが生まれたのです。

「起業家、フリーランスを支援する」、「週2回からの常駐案件を紹介する」というコンセプトは、友人たちをサポートしたいという思いから生まれたものです。

「自立した人材を増やし、新しい働き方の文化をつくる」というビジョンを掲げていますが、木村さんが考える「自立」とはどのようなことですか?

自分の好きな生き方や働き方を勝ち取る力を身につけるということでしょうか。

今は、10年後、20年後がどのような社会になっていくかを予測することがとても難しい時代です。激しく変化する世の中で、長い人生を幸せに生きていくためには特定の組織に依存するのではなく、自分の力で仕事を獲得していく存在になる必要があります。もちろん一つの会社で長く働くことを否定しているわけではありませんし、優秀な人だけが生き残る社会になると言っているわけでもありません。

会社のビジョンと個人のビジョンが一致し、組織のなかで長く活躍できることはむしろ素晴らしいことだと思います。ただ、その会社だから仕事ができているというのではなく、その会社がなくなっても社会で必要とされる存在になるようなスキルは身につけておく必要はあると思います。

最近フリーランスという働き方が注目を集め、「稼げるから」という理由だけで割と簡単に独立する方が増えています。しかしフリーランスという生き方は危険な面もあります。というのもフリーになるということは、手持ちのスキルで食べていくということなので、よっぽど戦略的に考えないと変化の激しい時代ではスキルがすぐに陳腐化してしまいます。組織で働いていればマネジメントをしたり、採用をしたりと専業以外のところで意思決定をするという経験ができますが、お金だけを見て仕事を選んでいると経験の幅が限られてしまう可能性も出てきます。

独立することがそのまま自立した人材としての将来を保証してくれるわけではありません。以前に比べると独立しやすくなってはいますが、しっかり戦略を立てないとすぐに食べられなくなってしまう厳しい世の中でもあるのです。

当社ではITプロに案件を紹介する際も、フリーランスとして成長し続けられるような環境を提供することを大切にしています。技術力が高いだけではなく人柄が優れていなければならないこと、企業からどれだけ高いものを求められているかについても誠実に伝えるようにしています。それが当社のクラウドソーシングプラットフォームの独自性につながっていると思います。

「新しい仕事文化をつくる」というビジョンに関して、今一番注目しているのはどのような分野ですか?

今一番興味があるのはシニアの働き方ですね。「ライフシフト 100年時代の人勢戦略」(東洋経済新報社)を読むと、我々の世代は100歳まで生きるそうです。

100歳まで生きるとなると、引退してから30年以上生きていかなくてはなりません。
もちろん年金はもらえないでしょうし、今のシニアのように65歳で引退して余生を楽しむという人生設計はとても成立しません。今まで通りの感覚でいたら、みんなが家なしになってしまいます(笑)。今後は恐らく80歳くらいまで働くことが前提になっていくでしょう。シニアの働き方・生き方にはこれまでにない大きな変化が訪れると思います。

現在、ITプロパートナーズには20代後半から40代の優秀な人が登録してくれています。20年後、30年後には恐らく面白い働き方をしているシニア人材の情報を持つ最大のデータベースができているはずです。そういった基盤をもとに面白いサービスを生み出していきたいですね。自分たちがシニアになって手遅れになる前に、新しい仕事文化を確立していきたいと思います。

仕事への取り組み方について社員の方に求めていることは、どんなことですか?

当社では社員の行動指針として、以下のバリューを掲げています。

◯ 圧倒的な当事者意識
◯ 家族に誇れるサービスを
◯ 尊敬と感謝
◯ 本音でぶつかる
◯ 個人の成果 < チームの成果
◯ 挑戦者への称賛

さまざまなバックグラウンドを持ち、個性的なメンバーが集まる当社ですが、何かを決断する際にはこれらの価値観を判断基準としています。ですからこの価値観に共感してくださる方に是非ご参画いただきたいですね。

また社員には「プライベートをないがしろにする生き方は最もダサいよ」ということをよく言っています。私には3歳と1歳の子どもがおり、妻も働いています。子どもたちの朝の世話は私の担当なので、毎朝子どもたちを着がえさせ、ごはんを食べさせ、保育園に送ってから出勤しています。朝から平気で小麦粉をぶちまけたりもするので、時々発狂しそうになっています(笑)。毎月数回は夕方のお迎えにも行きます。

どんなに仕事が忙しくても、自分の生活を大切にしてほしいですね。時間の使い方は自分次第。それが自立するということだと思います。もちろん社員が充実した楽しい毎日を送れるようにサポートできることはしたいと思っています。

応募フォームへ

この企業が募集している求人

×
Bnr sp354 8

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×