お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

HRソリューションズ 株式会社のインタビュー

HRソリューションズ 株式会社

働くしくみが変われば、ひとの未来は、もっと開花する。

110311

代表取締役 武井繁氏
大学卒業後、事業会社にて、企業の人事・採用・組織領域のコンサルティング業務に従事。その後独立し、約5年間コンサルタントとして活動するが、提供できるサービスに限界を感じ、2004年、ソフトバンクの出資を得てHRソリューションズを創業(2007年に円満に資本関係解消)。採用管理システムの『リクオプ』、『リクログ』で数々のビッグクライアントを獲得し、この領域のイノベーターに。ビッグデータでHRの課題を解決する会社としてさらなる成長を目指す。

会社設立の経緯を教えてください。

新卒で就職したときから5年以内に事業を起こそうと決めていました。ただそう思っているだけで、事業のドメインは決めていません。金も人脈もノウハウもない。でも事業をしたいという気持ちだけがギラギラとあったのです。とはいえ何となく、企業を動かす「ヒト」「モノ」「カネ」の中でも「ヒト」が面白いのではと思い、それで人事や組織の課題解決を提案する会社入りました。実際に色々な会社の社長さんのところを廻り、前向きな課題にも後ろ向きな課題にも寄り添いながら、やはりこの領域だという思いが強まりましたね。

最初に会社を作ったのは1998年。だけどそれから5年は鳴かず飛ばずでした。コンサルタントというと聞こえはいいですが、人事領域の便利屋として自分の時間を切り売りしてお金をもらって。転機になったのは、ソフトバンクが3000人の新卒採用をするというプロジェクトを、一業者として受注したこと。それまでは年に30~40人の採用しかしていなかったソフトバンクがいきなり3000人。しかも就職活動シーズンも終わっている。でもやりましたよ。両国国技館と大阪城ホールを会場に、「孫正義が、皆さんと同じ22歳の時の人生の意思決定をライブで語るというイベントを開くから見に来てくれ」という招待状を片っ端から送って。キャパいっぱいの人を集め、結果的にその採用は成功させたわけです。

それがご縁で、ソフトバンクグループの出資を受けて作った会社がHRソリューションズです。一人で5年間やってみて、個人として企業に提供できるサービスは限られると痛感したんですね。労働集約ではなく拡大再生産できる仕組みにしなければ世の中への影響力にならない。ちょうどその当時アメリカでは、今、アプリカントトラッキングシステムで売上500億~1000億円の規模になっているような会社が、サービスをスタートして伸び始めたところでした。これだと思いました。

既に競合が沢山いる、企業と求職者をつなぐビジネスをするのではなく、ゲートウェイとしてプラットフォームビジネスをすることで我々も成長できるし、世の中をよくできるのではないかと考えて、この会社を作ったのです。

ゲートウェイというのがポイント。単に採用の管理システムを提供している会社ではないのですね。

そうですね。我々も「何屋さんですか?」と聞かれると困ることがあるのですが、HRのビッグデータカンパニーと説明することはあります。というのも例えば応募も、Aという求人サイトから応募しようが、Bという求人サイトからだろうが、必ず我々のシステムを通るわけです。様々なルートから人の情報が入り、応募、内定、入社、戦力化、再雇用のデータが蓄積される。応募だけでも、何万人が見に来てどういう検索をして、どのページに何秒滞留してどこで離脱したか、端末は何かなど深いデータがあるのです。

普通、自分の会社のデータだけならわかるけど、それでは「だから何?」で終わってしまう。我々は結果的に、一つひとつの個人データは見ないにしても、統計値として全ルートの色々な会社の色々なステータスのデータが把握できるので、最終的にはHRのビッグデータ会社になり得るのです。

例えば、ある会社の部長さんが「若くて元気な人がほしい」と要望したとして、我々はそれが本当にその会社の業績を伸ばすのか、実は経験豊富なシニアのほうがいいのではないかなどを、客観的な事実を基に意見することができる。細かい話では、ポチッと押す応募ボタン一つとっても、最も効果的な言葉と色があります。我々はそのようなことも様々な言葉と色で検証し、どれが一番かを出して決めているのです。従来型の営業では、担当者が「いやあ、緑のほうが感じいいと思いますよ」といった具合に、感覚で提案していたでしょう。

つまり我々は、データを活用してそのようなことをやっているサービスカンパニーなんです。テクノロジーカンパニーではありません。Googleのように、世界中の博士号持ちの優秀なエンジニアを集めるのは不可能ですが、「すごいエンジニアリングを持っているから、これを何かに使えないか」というように、とてつもなくイノベーティブなテクノロジーが向こうからやってきて、それをサービスに変えていくような存在でありたいですね。それによって顧客の我々に対する満足度を上げ続けたいと思っています。

そのサービスで、実現しようとしていることは何でしょうか。

世の中、正社員でないとダメというような風潮がありますが、僕はそうじゃないと思っています。現状、748万人の専業主婦の年収は0円であり、調査によると、働ける専業主婦のうち7割は非正規、短時間で働きたいと思っている。それなのに「正社員登用制度がありますよ」と打ち出しても刺さりません。

厚生労働省が出している年代別の労働力人口を見ると、20歳から60歳の男性で働いていない人は、ほぼいません。でも企業はまだまだ人を採りたい。それには、今どこかで働いている人を他に移しても日本全体の生産性は変わりませんから、やはり働いていない人を取り込むしかない。主婦、体が動くヤングシニア、外から入ってくる外国人です。そして、この方たちが正規雇用を望んでいるかというと、必ずしもそうではありません。

ざっと1億2500万人の人口のうち、働いていないのは7500万人。学生を除いて6000万人として、そのうち半分の3000万人に働いてもらったら、時給800円、週25時間で年収100万円。3000万人が100万円稼げば、30兆円分の給与所得が増える。これはGDPを純粋に押し上げます。

第三次産業×非正規で、これだけのことが実現できるんですね。だからモバイル、インターネットという手段で、雇用を増やすことを目的に採用の合理化を進めているのが我々であり、その具体的なサービスは、例えば外国人に向けた多言語化サービス、主婦やシニアが近場で仕事を探しやすくするための位置情報求人表示サービス、あるいは一度入った人に長く勤めていただくためのシステムなどです。スタートが非正規でもコア社員になる可能性も十分にありますし、このような未来像を描いて、今、我々はITで手段を提供しているのです。

もう一歩踏み込んで、このサービスを通じて世の中に提供したい価値は何でしょうか。

このまま行くと、オリンピックの後に日本は立ち行かなくなりますよ。というのも今、国の債務が1000兆円ありながら、毎年40兆円の借金をして90兆円の国家予算を組んでいる。返せるわけがありません。歳入を増やし、歳出を減らさないといけないし、そのためには雇用を増やさないといけません。我々にできることは、正社員の年収は下がり続けているので、今収入がゼロの人に月8万円でいいから稼いで、社会参加してもらうこと。非正規雇用が日本を豊かにできると思うのです。

厚生労働省の話なども聞く中では、恐らくそう遠くない将来に日本は、労働面での鎖国状態を終えると思います。世界の人口動態を見ると日本だけが少子高齢化です。アメリカもヨーロッパも移民を受け入れ、人口が増えていますから。政府も「移民」とは言わないでしょうが、「外国人ワーカーの受け入れ緩和」は避けられない。増え続ける訪日外国人観光客の何%かの方も、日本が気に入って住みつくでしょう。外国人の増加による日本の右傾化や治安、宗教の問題はあるでしょうが、そうしないことには国体が維持できません。それらをうまくランディングさせることも、我々のミッションだと思っています。

人口が減るのは止められませんが、労働人口だけは何とか下げ止めて、再びライジングサンへ。実は『リクオプ』のマークは日の丸なんです。矢印の線は、fromジャパンtoイーストアジアの意味でもあり、笑顔の横顔でもある。日本が再び輝く―そんな思いで、あのマークを作りました。たまたま僕にできるのは雇用やHRの領域だったので、そこで何とかできないかという気持ちをこれからも持ち続け、この会社を、このサービスを進化させていきます。

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×