お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ドクターネットのインタビュー

株式会社 ドクターネット

「いつでもどこでも、高品質な画像診断を。」遠隔画像診断で医療の未来を拓くリーディングカンパニー

343721

namiさん 開発部PM

まず最初に、今やっているお仕事についてお聞きします。そもそも「遠隔画像診断」って何なんですか?

よく病院でCTやMRをとったり、健康診断で胸部のレントゲン写真とかを撮ることがありますよね。あれって、大きな病院であれば放射線科の先生がいらっしゃるんですけど、小さな病院や診療所ではこうした写真を読める先生がいるとは限らないんです。そもそも放射線科の医師というのが、日本では数少ない存在なんです。

そこで、画像を読める医師がいない医療施設が、弊社ドクターネットに「この画像を読んで欲しい」という依頼をします。その画像を、弊社が契約している放射線科の先生にお送りして、病気の有無や可能性を診断レポートとしてまとめていただきます。それを医療施設にお返しするという流れです。

この一連のシステムのなかでNamiさんが関わっているのはどこですか?

全体的に関わっていますね。

まず、医療施設から弊社への依頼や、弊社からレポートをお返しするアプリケーション。それと弊社のオペレーターが、読影のできる放射線科の医師へ依頼案件を割り振るためのアプリケーションや、読影医が依頼を受けたり、画像診断のレポートを書いたりするためのアプリケーションに関わっています。

すでにシステムの基盤はできていると思うのですが、そこからさらにどういった開発をしているのですか?

いま主に関わっているのが、「Tele-DOC(テレドック)」という遠隔健康診断向けのシステム開発です。もともとあるアプリケーションを健診向けに最適化するというプロジェクトを進めています。

たとえば胸部のレントゲン写真を読むのに、肺炎の見落としなどの恐れを防ぐため、2人のお医者さんに読んでもらうのが、健診では主流になってきています。でも、現状のシステムでは1人の医者にしか送れないため、同時に2人の先生に送れるように改良するなど、新しい機能を追加することで、より世の中に役立てようと取り組んでいます。

システム開発部はどういう体制ですか。

大きく3つのチームに分かれています。新規機能を開発するチームと、現状システムの改善や修正要望に対応するチーム、インフラまわりを対応するチームです。

チームの雰囲気はどんな感じですか?

皆しっかり自分の意見を持っていて、活発に発言するんですが、それに対して怒ったりいやな顔をする人はいなくて。それぞれに考えを持って、きっちり仕事をされる方が多いです。人から言われるままに「これをやりました」という空気ではないですね。

この企業が募集している求人

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×