お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ZEALOTのインタビュー

株式会社 ZEALOT

数々の有名サイト構築等、クラウド開発とスマートフォンのアプリケーションに強みを持ったITベンチャー企業!自社サービスも展開!

83933

代表取締役 常盤 臣氏
山梨県出身。地元の専門学校卒業後約6年間、システム開発会社に勤務。その後フリーランスになり、拠点を東京に移す。オープン系、Web系のシステムを中心に数々のプロジェクトに参画。次第にもっと積極的に提案をするような仕事をしたいと感じるようになり、2008年、システム開発会社時代の同僚である岩下享司氏と株式会社ZEALOTを設立。私生活では2児の父のイクメン。

経営理念とその意図するところを教えてください。

経営理念は「顧客が意識せずに利益を享受し、それを増幅させる企業」。これは我々が常に、いちばんに意識していることです。

現在注力している自社のプロダクト「Hachikin」(ハチキン)で説明するならば、最初はやはり「Hachikin」を使っているなと意識しながら使うと思うのです。そこから次第に、息を吸うように自然に、意識せずとも使えるような使い心地のいいサービスにしたいと思っています。蛇口をひねったら水が出るように、当たり前のことが当たり前にできる。そういう境地に持っていきたいですね。

続く「利益を享受し」、「それを増幅させる」というのは、今までは勤怠や進捗管理、受注や見積もりといった、本業ではない事務的な部分に割いていた時間を「Hachikin」によって縮小し、その分をもっと本業に注力することでより利益を上げる=増幅する、という意味です。

「Hachikin」がユーザー企業様にとってそのような存在でありたいし、「Hachikin」以外でも何をやるにしても、我々は常にそのような方向に向かうことを考えながら仕事をしたいと思っています。常にユーザーの方がハッピーになれるものを提供できたらいいですよね。それが我々の理念です。

現在、貴社にいるメンバーはどのような方たちですか。

当社に現在、在籍しているメンバーは大きく経験10年前後のベテランと、今年度入社した新卒社員です。その中間に位置する層がいないので、今回、新たなメンバーを募集することになりました。

ベテランのメンバーは、私と岩下のほかに数名いますが、彼らはみんな、どこかに募集をかけて採ってきたわけではなく、それまでの仕事の上で付き合いがあった人たちです。長い付き合いなので、バックグラウンドも仕事の仕方もわかった上で入社いただいています。

得意分野はそれぞれ違いますが、ベースは共通していて、Webアプリケーションはそつなくこなせ、サーバー構築などのインフラ部分についても理解しているというメンバーばかり。違いは得意な言語ですね。そこは、それぞれが突出したものを持っていて、その多様性が会社としての提案の幅につながっている形です。

技術者はよく職人さんに例えられますが、我々もまさに自信と誇りを持った職人だと思います。個人としても、その総和であるZEALOTとしても、何らかのこだわりを持って、他の会社にはできないような秀でた部分を自分たちなりに提案していきたいと思っています。

受注案件だけで十分な売上が出ている中、あえて自社プロダクト「Hachikin」に取り組んだ理由を教えてください。

それが会社を起こした理由の一つだからです。自分たちで何らかのサービスを生み出したいからこそ、この会社を起こしたのです。

経営的な視点で言うならば、今は受注型と請負型の案件で十分に売上が上がっていますが、できればBtoB、BtoCといった今までとは違った形で売上を立てて、もう一つの柱にしたかったからです。というのも受注型、請負型は1件1件の受注金額は大きいのですが、その1件が流れてしまうと損失も大きい。

一方で、「Hachikin」は売り切りのソフトウェアではなく、Webサービスなので、1件ごとの課金単位は数百円、数千円ですが、その件数が増えて、受注や請負と同じくらいの売上に達したら、非常に安定した収益となるわけです。そういう意味でも、ぜひ実現したかったのです。

中小企業向けの業務管理アプリケーションという分野を選んだのは、自分たちがほしいものをつくろうという気持ちがありました。勤怠とか進捗とか見積もりとか、実は多くの会社がExcelで管理しているんですよね。システム開発屋さんなのにそこがシステム化されていない(笑)。一方で市販のものは高価なもの多く、起業したての会社は何十万円とお金をかけられません。ずっとオフィスにいるわけでもないから、ブラウザベースで動かせるものを考えました。自分たちが苦労した部分でもあるので、同じようなスタートアップ期の会社を支援したいという気持ちも大きいですね。

ところで社長ご自身はどのような人物でしょう。座右の銘や信念のようなものがあれば教えてください。

ふざけていると思われるかもしれませんが、「根拠のない自信」を大事にしています。要は「はったり」ですよね(笑)。自信を持つことで、それが実現すると思っているのです。

私自身は追い込まれないとやらないタイプなので、内心で大丈夫かなと思いながらも、先に「できます」と言ってしまう。そうなるともう、言った以上は実際にやらないといけません。本当にまったく根拠がないものには、さすがにそこまで言いませんが、「ちょっとどうかな」くらいであれば、お客様に不安なところを見せたくないという気持ちが先立ちます。後づけで、言ったからには必死で頑張って実現していくと。もちろん周到に準備して実現することが大事なこともわかっていますが、時には逆のアプローチも必要ではと思うのです。

ちなみに、一緒に起業した取締役の岩下は私とまったく逆で慎重な、石橋を叩いて渡るタイプ。私が「行っちゃおうよ」と言っても、岩下は「ちょっと待って。あれはどうなってる?こっちは?」と指摘するようなメンバーです。経営の判断をする上では、すごくバランスがとれていると思います。よく2人で起業すると喧嘩すると聞きますが、弊社はまったく逆なので、うまく補い合っています。いいコンビですね。

最後にメンバーへの思いを聞かせてください。どのように成長してほしいとお考えですか。

自分で判断し、解決できるようになってほしいです。責任を伴う重要な部分で判断を仰ぐのは構いませんが、何でもかんでも「これはどうしよう」と相談するのではなく、ある程度の経験があれば、自分が信じているものはきっと間違っていないと思うのです。それは信じて自分で判断してほしい。それができるように、あえて突き放すことはしています。相談されても、手取り足取り指示を出すのではなく抽象的に、本人が考えて作る余地を残すような伝え方をしています。

確かに経験が浅いうちは難しいと思います。でも何年か経てば、こういうものを作るときはこうする…というセオリーがわかってくるので、そのセオリーを踏まえた上で、どこを崩すかはその人のスタイルだと思うのです。全てセオリー通りでは面白くないし、新しいものも生まれません。崩すポイントは、その人の得意不得意も踏まえて自分で判断してほしいですね。きっとできるはずですから。その積み重ねがZEALOTという会社の独自色になっていくのだと思います。

Bnr sp354 3

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×