お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

アタラ 合同会社のインタビュー

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

【テクニカルサポート】広告テクノロジーの基幹システムでキャリアアップ!広告レポート管理システムサポートマネージャーを募集!

アタラ 合同会社 テクノロジーに寄り添いながら、デジタルマーケティングを牽引するパイオニア企業

175179

代表取締役CEO 杉原 剛 氏
オーバーチュア、グーグルでの両検索エンジンの広告事業の戦略立案/オペレーション設計に携わる。2009年にアタラ合同会社を設立し、Web APIを活用したデジタルマーケティングの自動化/効率化/見える化システム開発、リスティング広告、アトリビューション分析コンサルティングを行う。

アタラを設立した経緯を教えてください

30代半ばまではKDDI、父のIT会社、インテルなどの通信/IT系企業で営業・コンサルティングをしていました。IT業界は好きで続けていたものの、専門分野と言える強みがなかなか見つかりませんでした。転機は2002年にオーバーチュア(現ヤフー)の立ち上げに携わったことです。デジタルマーケティング、その中でも検索エンジンマーケティングに魅了されましたね。スキルアップに懸命に取り組み、2007年にはグーグルの広告事業に移りました。

2000年初頭から海外のカンファレンスに参加して、デジタルマーケティングにおける2つの流れを感じました。そのうちの一つが自動化、一つがアトリビューションだったんです。どちらにおいても日本初で、一番詳しく、一番よいソリューションを提供していきたいという思いから、2009年に起業しました。

デジタルは生活により一層浸透し、企業のマーケティング活動も多様化、複雑化していくだろうと感じます。アタラのミッションとして掲げているのは、“最先端のマーケティング・テクノロジー・ソリューション&サービスを提供し、企業の「ATARA(新)しいもの」、「ATARA(新)しいアイデア」、「ATARA(あったら)いいな」を実現する”。クライアントからの新しく、質の高い要望に応えていきたいという思いがあります。

時間や場所に捉われないワークスタイルであるのはなぜですか?

アタラは時間や場所を自身で考えて仕事をしましょう、というスタイルです。年々メンバーが増えてきていますが、皆ライフスタイルはさまざま。であれば、ワークスタイルもさまざまあっていいのではないかと。私自身、2015年6月はアメリカから仕事をしていましたし、出産する奥さんの実家から仕事をしたり、実家の帰省に合わせてリモートワークしていた社員もいます。

これには前職のインテルやグーグルの影響が大きいですね。ミッション/ビジョン/バリューが組織内で浸透していると、考え方、方向性がブレにくく、働きやすいなと強く感じました。それがしっかりしていれば時間や場所にも捉われずに働けます。自身でコントロールできることで生産性も上がると感じますね。

自律的に判断し、行動できる環境である分、当然ながら自己管理能力は必要です。自身で目標を設定し、時間や顧客・案件管理をする。最近はチームで取り組むケースも増えてきていますが、「この案件はITと広告運用がからむのでAさんとBさん」などと、これも自律的に編成されています。実際のところは、入社してすぐにこの環境に馴染む人はゼロです(笑)。そういう働き方をしたことのない場合がほとんどですから。でも皆だんだんと慣れていきますね。

業界の中でアタラが目指すポジションは?

現在はITとマーケティングが融合しているようなフェーズにあります。さまざまなデータがマーケティング領域で活用できるようになっていますが、今後IoTの時代になると、さらに天文学的なデータ量になり、自動化や分析能力が重要になるでしょう。スピードも早く、ある種カオス的な面もありますが、その流れをうまく捉えることができる組織と人がいれば、ビジネスチャンスは豊富にあります。非常にエキサイティングな時代だと思います。

その中でアタラは、ミッションにある通り、新しいものを常に最前線でキャッチし、ソリューションとして提供できる組織であり続けたいです。そのためには情報発信も積極的に行っています。弊社の広告運用に関する情報サイト「Unyoo.jp」では、メンバー全員が執筆者となって最新の情報を役立つ形で発信しています。広告運用者向けのイベント「Unyoo.jp Meetup」も人気です。社内では、持ち回りで講師を務める「赤坂塾」「アタラ道場」という勉強会も毎週実施しています。リモートワークスタイルであっても、自己研鑽とナレッジシェアの機会を大切にしています。

アタラで成長できるのはどんなヒトですか?

仕事や働き方を自分でデザインできる方ではないでしょうか。それから探究心のある方。やはり自分で考えて、自分で動ける方と働きたいですね。一定の経験を積んだあと、さらに個人として伸びたい意欲があるけれど、その環境がない方、時間や場所の制約を取っ払えば、もっと実力を発揮できる方にはぴったりの環境だと思います。

それぞれの専門性を大事にしているので、個人商店の集まりというか、各々が事業部といった感覚が必要かと思います。専門性については、よく社内で「Missing Piece」という言葉を使います。変化の激しいデジタルマーケティング業界では、パズルのように埋まらないピースが出てきます。その際に「我こそは!」と名乗り出てくれる人がいたら理想です。と言っても、最初から専門性を発揮するのは難しいですから、「この分野を極めたい!」「エキスパートになりたい!」という人がいれば、全社を挙げてサポートします。

応募フォームへ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 6

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる