お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 セラクのインタビュー

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

農業IT/自社サービスに携われるIT / IoT開発エンジニア募集!

株式会社 セラク チャレンジできる環境×30年間連続黒字の安定基盤を両立したインターネット事業会社

259855

みどりクラウド事業部
K・伸也 

「IT×農業」をキーワードとした農業の環境モニタリングサービス「みどりクラウド」にて、農作物の画像・センサーデータ解析の研究開発を始め、機械学習領域の研究開発に携わっている。

―略歴―
筑波大学及び同大学院にて学び、ニュートリノ崩壊観測のための超伝導トンネル接合検出器の研究の後、博士前期課程修了。 一部上場企業の開発部にて応用研究に従事。大手企業との共同研究や、半導体デバイスの特性評価、検証に取り組む。 その後、機械学習、データ解析の領域で研究開発に従事するため、株式会社セラクに転職。現在に至る。

大手企業から、少数精鋭のチームへ転職。自由にできるからやりがいがある。

――入社のきっかけを教えていただけますか?

金井:入社前は、他業界で研究職をしていました。設備が整っていて恵まれていたのですが、規模が大きい分自由度は低かった。また、もっと社会に近いところで仕事がしたいという想いもありました。積極的に転職活動をしていたわけではないのですが「よいところがあれば」と思っていて。実家が農業を営んでおり、日ごろから農業に関する課題は意識していましたね。農業をIoTやAIで支える「みどりクラウド」の募集を見てぴんと来たんです。

――実際に入社して、研究開発の環境はいかがですか?

金井:「みどりクラウド」の研究チームは少数精鋭なので、自由にできることはやりがいにつながっています。今も営業と背中合わせに座っており、研究だけでなく、サービス側の保守や開発といった現状が手に取るようにわかる。また、自社サービスを提供しているためお客様との距離が近いんです。

自分のアイデアは比較的通りやすいと思います。仕事の枠にとらわれず、外部のエンジニアさんを呼んで社内で講座を開くこともあり、「やりたい」と言えば実現できる会社です。一方でセラクは元々SIerとして、主に事業展開をしていた企業なので、研究の土台づくりはこれから。学会発表や特許取得など、体系化しなくてはならないことがたくさんあります。良い意味で、チャレンジングな環境です。

「みどりクラウド」で農業の負担を軽く。

――今研究されている「みどりクラウド」とはどのようなサービスなのですか?

金井:まず、農業の背景から説明すると、課題のひとつに高齢化があります。若い人たちにあまり人気がない。最近は憧れの気持ちから新規就農をされる方もいらっしゃいますが、なかなか長続きしないんです。大きなハードルは、長年の経験と勘が必須だということ。その部分が培われていないと、農業だけで食べていくことが不可能な業態なんです。

ブラックボックスになっている長年の経験と勘を見える化するのが「みどりクラウド」。今は、温度や湿度、日照量、CO2などの数値とWebカメラのデータを集め、スマホなどでいつでも見れるようにしています。農業のIoTとしてはおそらくトップシェアで、センサーを担う「みどりボックス」は、全国でおよそ1150台を出荷。さらにこれからは、蓄積されてきたデータをビッグデータとして解析・活用していくステップです。画像解析から新たな知見が得られないか、環境データから作物の成長予測ができないか、といったことを研究しています。

そのほかにも、作業日報として利用できる「みどりノート」という機能もあります。どの時間にどんな作業をしたかを記録することで、リアルなデータが集められるのです。規模が大きく組織化している農業法人は、作業者の数が多いので一元管理したいというニーズがある。そのソリューションとして、みどりノートを導入していただいています。

また、みどりクラウドの利用者さんのために、農作物の販売ルートを作ることも考えています。現時点では私たちに販売のノウハウはないので、どのような形がいいか模索している最中です。販売する場所のめどはついて、ようやくスタートラインに立ったところですね。

技術のステップアップがしやすい会社。

――会社の雰囲気、特徴を教えてください。

金井:研究者としては、技術のステップアップがしやすいと思います。教育制度や内部研修のほか、勉強会なども定期的に開催されています。自分が関わっている仕事に関係のないことでも自由に聞けるので、興味関心を広げてスキルを伸ばすのにうってつけですね。「これがしたい」「あれがしたい」という思いがあれば、実現できる場所ではないでしょうか。

――一方で、課題はあると思いますか?

金井:そうですね。それぞれがプレイヤーとしての力が強く、スキルが高い。共に成長していこうという雰囲気はとてもよいのですが、一方で会社の成長スピードが速く、マネジメントが少し追いついていない一面もあるかもしれません。お互いが対等というのは、よい面もありますが悪い面もある。組織上はピラミッドになっていますが、立場は対等に近くて、どんな役職でも「さん」付けで呼びます。あえて言えばですが、もう少し上からの指示があるといいのかもしれません。

子どもたちが、「農業をするのが夢」だと思える社会に。

――これから、どんな人材に仲間になってほしいと思いますか?

金井:私は「研究者とはこうあるべき」と考えていることがあります。それは、表現が上手なこと。いかに自分の研究が面白いかをアピールする力は、とても大切だと思っている。研究はお金がかかります。結果によってはお金をどぶに捨てることにもなりかねません。研究する前の資金調達でも、研究がうまくいかなかったときでも、説明やアピールはとても大切なんです。だから、表現ができて一緒に伸ばし合っていける人と働きたいですね。

――今後のビジョン、目指す方向などはありますか?

金井:私は、先ほど言ったような「研究者はこうあるべき」という見本のような存在になっていきたい。その上で、研究者を育てられる仕組みづくりもしていきたいですね。

「みどりクラウド」は、社会課題を解決できる、大きな可能性を秘めたサービスです。今後はもっと認知、普及させていき、「みどりクラウド」の利用が当たり前の世の中にしたいと思っています。そうすれば、新規就農者が「右も左もわからない」という状態も解消されて、日本の農業を復活させることもできる。

夢としては、弊社の事業部長がよく言う「農業を『子どもがなりたい職業』のナンバーワンにしたい」というビジョンをとても気に入っています。そのために、1歩ずつ積み重ねているところです。

応募フォームへ

この企業が募集している求人

×
Bnr sp354 12

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×