お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ヴィクシアのインタビュー

株式会社 ヴィクシア

インターネット広告を通じて、デジタルマーケティングのプロフェッショナルを育てる

62610

取締役 土屋 到氏

株式会社もしもしホットラインに入社後、IRM本部仙台支店 グループマネージャーに就任。 その後、札幌CS・東京CS事業部長、営業開発事業部長を経て、平成22年 関西支社長となり、平成24年1月株式会社ヴィクシア代表取締役社長に就任。平成28年4月より現任。

サービスを提供する上で、最も大切にしていることは何ですか?

「品質」の追求。それがマーケティングサービスの「命」だと考えています。

Webマーケティングで「『品質』の追求」というと、CVRをあげよう、ROIを達成しよう、というようなパフォーマンスの問題ばかりをイメージされるかもしれませんが、必ずしもそれだけではありません。
例えばお客様の「パートナー」として信頼して頂くことも「品質」ですし、会社としての財務的な信用力、またその信用を支える人材、そしてその人材の成長を支援する社内の環境や福利厚生制度など、サービスの「品質」には、企業活動におけるありとあらゆる要素が関わってきます。
この全てを考慮した上で、最高レベルの品質を目指そうというのが当社の考え方です。
もちろん事業におけるパフォーマンス向上は大前提として必要なものですが、例え高収益を達成できたとしても、その裏に隠れたものがボロボロであったら、とても企業としての成功とはいえません。

当社の考える「品質」を何かの数字で直接評価するということは非常に難しいと思います。ただ、お客様の声、社員の声が何よりも当社の品質を表すと思っています。
社長である自分自身が積極的にお客様や社員とコミュニケーションを取ることで、今この瞬間に何が必要なのか、ということを肌で感じながら、「品質」の向上に努めていきたいと考えています。

今後の展開について教えて下さい。

当社を一言で説明すると「インターネットマーケティングサービス企業」です。
このような説明をすると、「広告媒体を仕入れて販売する」というような視点で事業を理解する方も多いかもしれません。しかし、私自身の捉え方は少し違います。

私は常にお客様、つまり広告主の視点を全ての起点として考えるようにしています。そして、お客様のビジネスにおける根本的なニーズというのは、いかに新規顧客を拡大するか、また、いかに既存顧客と継続的にコミュニケーションををとり、ロイヤルティを強化するのか、ということに尽きると思います。

インターネットはその目的を達成するための一つのチャネルにすぎません。当社は、このインターネットというチャネルに関しては、お客様にご満足頂けるだけのサービスを提供しており、実際に大手企業を中心としたお客様から、高い評価を頂戴しております。

しかし一方で、お客様のニーズを満たすためにできることはまだまだ沢山あると感じています。
現在の主軸サービスを深めていくことはもちろん、今後は、もしもしホットライン社のグループ企業であるというシナジー効果をさらに活かし、サービスの幅も広げながら、お客様のニーズに多面的に応えられるような体制を築き上げていきたいと考えています。

社員への想いについて教えて下さい。

会社組織というのは、色々な個性が集まってできています。一人ひとり、これまでの経験も違えば、得意分野も違います。仕事に対する想いや目標も人それぞれですので、そういったところに一つの理想やルールをあてはめることはできないと思っています。

私自身は、社員全員が一つにならなくてはいけないのは、「目標に向かう」というマインドだけでいいのではないかと思っています。
社員それぞれがこれまでに歩んできた人生のなかで、多くの人や仕事と出会い、縁あって、今「ヴィクシア」というところに集まっています。
偶然の積み重ねでこの組織が作られ、何かを成し遂げたいと思っている。この思いが一番大切だと思っています。思いがしっかりと共有できていれば、どんな方法で目標に向かっていくか、というのはそれぞれのスタイルで良いと思います。
会社として、社員一人ひとりのやりたいことや適材適所を上手く反映し、個人のに成長を応援しながら、「ヴィクシア」としての夢に、みんなで向かっていけたらいいなと思います。

働くうえで大切にされていることは何ですか。

これまで色々な業界に携わってきましたが、一貫して言えることは「社外ネットワーク」を大切にするということです。
何かについて熱く語りあえる仲間やパートナーが、社外にどれだけいるかがすごく大切だと思っています。

これまで何かを判断しなくてはならないときは、自分の経験と社外の方の経験を両方加味したうえで判断を行うようにしてきました。自分の経験だけで判断するとミスジャッジになる可能性もあります。一方、外の人の意見だけで判断しようとすると優柔不断になってしまいます。
この両方を合わせることで、自分の信念と客観的な意見をバランスよく考慮することができ、良い結果につながってくると思っています。

人脈を広げるコツというのは特にないのですが、どんな時でも自分からコミュニケーションを取ろうという姿勢は身体に染みついているような気がします。
かといって、会社の外でも仕事の話ばかりをしているかというと、全くそうではありません。むしろ外で知り合った人は、私が仕事をしているイメージはないのではないでしょうか(笑)。

遊び感覚のコミュニケーションのなかにも、ビジネスに繋がるヒントとはたくさん隠されています。会話の中でふと生まれたアイディアを、どのように仕事に繋げるか、ということは常に考えていますね。
ただ、「何か仕事のネタになることはないか」と自分の利益だけ考えてコミュニケーションをとっても、楽しくありません。「折角知り合ったから、みんなで何か楽しいことしよう」そんな気持ちで周りの人と接することが、良い仕事につながり、仕事をどんどん楽しくしてくれるのだと思っています。

これから御社を目指す求職者の皆さんに、メッセージをお願いします。

当社は、「これまで別の業界で働かれていた業界未経験の方」と、「この業界でキャリアを積んできた方」の2軸で採用を進めています。

業界未経験の方には、これまでどんなどころで、どんな経験を積んできて、当社でどんな力を発揮できるのか、ということを選考の場で披露して頂きたいと思います。当社に新しい「風」を吹き込んで下さることを期待しています。

一方、業界経験者の方には、即戦力として、是非当社を次のステージへと押し上げる原動力となって頂きたいと思います。

インターネットマーケティングの世界は非常に面白く、色々な新規事業の可能性も秘めています。特に当社はもしもしホットライン社のグループ企業として、様々なチャネルとの接点をもっています。色々なことに携わってみたいと思われる方にとっては、チャンスの大きい環境だと思います。

当社はビジネスの進め方や社員の雰囲気、社風などあらゆる点で、業界の中でも特異な会社ではないかとふと考える時があります。

中でも特にそう感じるのは、非常に社員を大切にする社風です。ネット業界は変化も激しく、人の入れ替わりも激しい業界ですが、当社にはそのような雰囲気はありません。

さらに当社のビジョンは、品質で業界No.1を目指すことです。全ての行動基準がそこを原点としているので、そういった意味でも今後他社と更にはっきりとした差別化がされていくところかもしれません。
会社の成長ステージとしては、まさに今大きくホップするタイミングにあります。これまでは会社としての基盤固めに力を注いできましたが、いよいよここからは、成長路線に変えて行こうと思っています。今このタイミングで入社される方には、これから長きにわたって、ヴィクシアを支えるコアメンバーのおひとりとしてご活躍頂きたいと思っています。
挑戦への道を、一緒に走って下さる方を心から求めています。

Bnr sp354 1

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×