お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

Sansan 株式会社のインタビュー

Sansan 株式会社

圧倒的シェアのクラウド名刺管理サービスで【名刺交換を「ビッグデータ」と捉える、世界で唯一の会社】!

230717

Sansan事業部プロダクト開発部 山本まゆ
東海大学理学部物理学科卒業。
2016年4月、エンジニア職としてSansanに入社。ストイックに努力し続けることができるタイプ。
【入社理由】世界を変えるという一途な姿勢と成長を後押ししてくれる環境に惹かれたから。
【エンジニアを目指したわけ】大学に入るまでは、システムのこととか、プログラミングにはほとんど関心がなかったが、二年生の頃から徐々に興味を持ち始め、三年生時にハッカソンへ出場したことを機にエンジニアになることを決めた。

Sansanという会社を選んだ決め手はある?

面接や面談を通して、受ける度にそれぞれの担当者が口を揃えて「名刺で世界を変える」「今後、自社のサービスがビジネスのインフラになる」と言っていました。その一途な姿勢に、組織としての一体感を感じました。

それに世界に影響を与えるようなプロダクト作りに関われることにも魅力を感じました。そもそも私自身も、世界に影響を与える「何か」を作りたいと望んでいたので、Sansanの姿勢や目指している世界観が私の考えと合致していたんです。

そういったことに加えて、入社後はOJTで最初から専門的な業務を担当できる環境にも惹かれました。この会社なら自分から求め続けている限りは圧倒的な成長が望めると、入社後の自分をイメージすることができたんです。

実際に入社してみてどうだった?

Sansan事業部に配属されたのですが、入社直後は大変でした。大学で情報系を専攻していたエンジニアなら当然持っているであろう知識を私は持っていなかったので、先輩と話していても会話が通じないことがよくありました。そのような状況から抜け出すために私自身は勉強しましたが、先輩方も丁寧にフォローしてくれました。本当に感謝しています。

−環境面ではどうだった?

社内制度で特に役立っているのが、「Geek Seek(ハードウエアや書籍など、エンジニアやデザイナーなどの開発や制作作業に必要なツールの購入補助をしてくれる制度)」です。学生時代は手が出なかったような高額な専門書も、この制度を利用して入手できるようになったので、自分の知識や技術を向上させるために活用しています。エンジニアとして、環境面はすごく整っていると思います。

−OJTでは、どんなことをしていたの?

入社して早々に、プロジェクトチームに入ることになりました。そこにいながら、徐々に基礎知識を身に付けていきました。さらにその2カ月後には、大きなプロジェクトチームに入ることになり、そこから本格的な業務を担当するようになりました。自分でコードを書くだけではなく、先輩方が書いたコードのレビューもするようになったのですが、コードを評価するためにはまず自分がそこに書かれていることを理解しなくてはならないので、最初はコードを一字一句調べながらやっていました。入社当時は、初めてのことばかりで苦労はしましたが、同時に先輩方の助けを借りながら成長することができたと思います。

最近は、どんな業務を担当しているの?

入社2年目となってからは、プロジェクトを一人で任せてもらえるようになりました。現在は、中規模のプロジェクトを担当しているのですが、どうやって効率的にプロジェクトを回すか、どうやって先々のリスクとなりうるものを予測しながらリスクを最小限で食い止めるかなどを常に考えながら仕事に取り組んでいます。

今は自分に全てが任されている分、入社当時よりもプレッシャーを感じていますが、その分やりがいも感じています。最初は業務をこなすのに必死でしたが、最近は一緒に動いているプロジェクトマネージャーに対して「こうした方がいいのでは?」と、こちらからより良くするための提案ができるような、心の余裕も出てきました。

−エンジニアとして、何をしている時間が一番楽しい?

コードを書いている瞬間ですね。何かを作るために考えを巡らせるのも好きで、通勤中も意識がコードに飛んでいることがよくあります(笑)。

Sansanに入社してからの自分の成長速度に満足はしている?

欲を言えば……もっともっと成長したいです。入社してまもなく2年が過ぎますが、自分が思い描くエンジニア像に追いつくためにはもっと経験を積まなくてはいけません。そのためには、業務スピードをもっと上げる必要もあります。

幸いなことに、今の部署では上司に「もっと仕事をください!」とお願いすれば、いくらでも仕事をいただけるので、同時進行でいろいろな業務をこなしながら、意識的に自分のスキルを磨くように心掛けています。

−そこまで自分に対してストイックになれる理由は何だろう?

Sansanに入社した以上、プロダクトの品質向上に努めるのは当然ですが、それだけなくエンジニアとして技術力を高めたいからです。大学時代に思っていた「努力すれば何でもできる」という考えは、社会人になって少し変わりました。自分や会社の成長のために、「やるべきことをどこまでも貪欲にやり続けることに尽きる」と思うようになりました。

自分がしていることを「努力」と呼んでしまった瞬間に「自分は頑張っている」と思ってしまい、自分がしていることの量が十分だと勘違いしてしまう気がして、少し違うなと思い始めたんです。まだまだ未熟な私にとって、努力はどこまでやっても足りないと思うし、現時点において自分がしていることに成功や達成のような終わりはない、というのが今の私の考えです。だからこそ、ストイックに仕事に注力していたいんです。

エンジニアとして、今後の目標や将来の夢はある?

オープンソースのソフトウェアやシステム基盤の開発に加われるようなエンジニアになりたいです。例えば、多くのエンジニアが利用するものや、システムのコアとなる部分を作れるのは、高い技術力を持った腕のあるエンジニアだけです。自分が新たな何かを生み出して、他のエンジニアの方々や世の中に対して何らかのインパクトや影響を与えられるような存在になれたら幸せです。

この企業が募集している求人

Bnr sp354 12

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×