お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

リ・カレント 株式会社のインタビュー

リ・カレント 株式会社

リーダーシップ×フォロワーシップ=チームワーク ~「協働」と「共育」の組織文化を創造する~

208736

コミュニケーションプロデュース部 チーフ
桑野あまね 氏
(左)
コミュニケーションプロデュース部 リーダー
佐々木 一憲 氏
(右)

会社の雰囲気を教えてください。

桑野:明るく楽しい“ワイガヤ職場”です。どんなことでも気軽に話せる環境なので、お互い何でも共有していて、ひらめきの多い職場ですね。

佐々木:あと、お互いを褒め合う文化がありますよね。誰々はこういうことが得意ですごいよね、とか些細なことも褒め合っているので、常にモチベーションが高いです。それから、突拍子もないことをやりたい、でかいことをやろうぜ、という気持ちで全員が仕事に取り組んでいます。

桑野:雰囲気とは少しずれますが、制度面でユニークだと思うのは、仕事で必要な知識を得るために購入する本やセミナーの代金を会社が負担してくれるのはすごくありがたいです。

佐々木:やりたいことを自由にやっていいよ、数字は後から付いてくるから、という雰囲気がそういう制度にも表れてますよね。

どんな方と働きたいですか。

桑野:“ライフ×ワーク・シナジー”できる人です。仕事も楽しく、プライベートも充実させたい人がいいですね。なので、家庭を持っている方は「家族が大好き」という人。仕事だけの人にはリ・カレントは向いていないと思います。

佐々木:私は、思いを持っている人、発信したいメッセージを持っている人と働きたいです。それがないと何もできないと思います。

桑野:確かに。新しいものをつくりたい、という気持ちがあって、発想力・創造力を持っている人がいいですね。

佐々木:あとは、人が好きな人、人材開発が好きな人がいいですね。規模はベンチャーだけど、やっている内容はベンチャーではないですからね。貢献意欲の高い方と働きたいです。

簡単に今のお仕事を教えてください。

桑野:私は2つの部署を掛け持ちしています。
1つは、「プロデューサープロデュース部」といい、研修等の資料類の準備やセールスメンバーの補佐、社内イベントの運営などを行っています。
もう1つは「コミュニケーションプロデュース部」といい、マーケティング業務を担当する部署です。
中でも私はプロモーション担当として、大きく3つの仕事を行っています。
お客様に弊社プログラムや講師を紹介するための自社セミナーの企画・運営。
より多くの方にリ・カレントを知ってもらうための展示会・フォーラムへの出展運営。
その2つをプロモートするためのWEB・メルマガ等の企画、文案作成です。

佐々木: 私はWEBのコンテンツを中心にマーケティングや制作を行っています。制作会社とディレクションなどを連携しつつ、記事となるコンテンツを作って編集したり、パンフレットとして持ち歩けるようにしたり、さまざまなコンテンツ制作を行っています。Google Analyticsなどでアクセス解析などを行いながら、どうやったらリ・カレントの魅力を伝えることができるのかを考えて、さまざまな施策を行っています。


桑野:興味のあるテーマは自分で手を挙げて取り組む、というのがリ・カレント流です。
私は元々営業事務として入社しましたが、セミナー運営に興味があり、
「やってみたい」と手を挙げたところ、現在のようにマーケティング業務を兼務で担当させてもらえるようになりました。
また、2017年の春からは社外での研修講師にもチャレンジしています。
佐々木: 本当に興味があること、自分が「これをやりたい」と言って手を挙げたことは、なんでも挑戦させてもらえる環境があります。もちろん、そこにはきちんとした自分の意思とやることの理由が明確でなければなりませんが。CRMと連動して見込み客のWebサイト上の行動を可視化し、興味に応じたマーケティングの実行作業を自動化するマーケティングオートメーションなども取り入れましたし、いままでリーチできなかったお客さまにリーチを拡大していくためのエンゲージメントシナリオの構築など、新しいことに積極的にチャレンジできます。

リ・カレントへの就職の決め手となったことは何ですか。

桑野:私は2つありまして、1つはまったく違った分野ではありますが前職での経験が活かせると思ったことです。入社前に面接でお会いした方に、自分では思ってもいなかった自身のスキルや経験の活かし方を知らせてもらい、自分の可能性が会社の可能性を広げることに直結する面白さを感じました。
もう1つが、会社の「ミッション・ビジョン・バリュー」がしっかりとしており、かつ、それを建前ではなく本当に実践しようとする人たちの集団だと感じられたことです。
同業界の企業を見てみても、これだけ自社のMVV実現を本気で目指す、それもお仕着せではなく楽しくやろうとしている会社はないな、と。
実際入社してみてからも、その感じは日常の中でより強く受けます。

佐々木:もともと出版社で雑誌や書籍の編集をしたり、自分で本を書いたりしていたので、自分で企画やコンテンツの作成ができるというところは魅力に感じました。また、WEBについても、10年ほど前からWEBディレクターやコンテンツマーケティングに携わっていたので、その両方が活かせる場所はあまりなかったので。WEBのディレクションならWEBディレクターだけ、コンテンツならコンテンツの編集だけ、マーケティングならマーケッターだけに特化している会社が多いし、マーケッターだけがいてディレクションを外に出していたり、コンテンツは別に作ってもらったりと分かれている会社が多いなかで、良い意味で垣根が無いですね。
 また、人を大事にしている企業のカルチャーも魅力でした。フリーアドレスでいろんなところから声が飛んでくるし、いろんなところで誰かが良い意味で手を貸してくれるという風通しの良さ。それも本気で仕事を楽しもうという、代表の石橋が掲げるミッション、ビジョン、バリューに共感している人が集まっているのを感じるし、ベンチャーだからこそ、自分たちでこれから何もかも作っていけるんだというところに惹かれました。

リ・カレントで働く魅力とは?

桑野:まずは、「人が楽しい」ということです。同じ仕事をするなら、楽しい同僚と働きたいですよね。
 また仕事面では、常にいろいろな企画が舞い込むので、それらをさばきながら形に仕上げていくのは非常にやりがいがあります。
 「えっ!?」という案件もたまにありますが(笑)、形になると嬉しいですね。
 あとは、私の立場から言うと、最前線の情報を持つ営業と密に関わりながら仕事をすることは、とても刺激になりますし、うまく協働できていると思います。

佐々木:桑野も言いましたが、「人がおもしろい」というのはリ・カレントの魅力ですね。
 あとは、講師のおもしろさも魅力です。リ・カレントの講師陣のように、個性的で魅力的な方たちと仕事ができるのは幸せなことです。
 
桑野:なんでもできる、という土壌が自分には合っていて、雪だるま式に成長している実感があります。また、なんでも自由にできるだけではなく、社員1人ひとりが任された持ち場できちんパフォーマンスを出していますよね。

佐々木:1人ひとりの責任で経営が成り立っている、という感覚が成長につながっているというのもありますね。

Bnr sp354 1

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×