お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

プロフィール(応募・匿名スカウト)の書き方 | IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen

転職お役立ちガイド~プロフィール(応募・匿名スカウト)について~

企業への応募に必要な応募書類(Greenではこれがプロフィール(応募・匿名スカウト)になります)は、自分のキャリアを企業の人事担当者に伝えるためのとても重要な書類です。
書類の仕上がりで合否が変わることもあります。転職活動「最初の難関」をクリアするためのノウハウをわかりやすく解説します。

プロフィール(応募・匿名スカウト)の書き方

経験のたな卸し 職務経歴書を書く前に、自分のスキルや知識、職務経験などを整理して、自分の「経験のたな卸し」をすると良いでしょう。
職務経験や専門分野などのたな卸し作業をすることで「自分の強み」を再認識することができます。

こんな項目をたな卸ししてみましょう 会社名、資本金、従業員数、年商、事業内容 在籍期間、所属部署、部署の人員構成、自分の役職・役割、マネジメント人数 取り扱い商品(サービス)、ターゲット、エリア、顧客等 職務内容(苦労した点や工夫した点を具体的に) 仕事上の実績(できる限り具体的な数値) 仕事を通じて得た知識、スキル、資格など 仕事上のやりがいや大切にしているモットー

自分の経験の「たな卸し」が終わったら、応募企業の情報を整理してみましょう。
Greenに掲載されている企業詳細ページやオフィシャルホームページから情報を収集して、サービス内容、社風・理念などを書き出します。
募集職種の業務内容と必須スキルを確認して書き出します。
企業情報・募集情報の整理が終わったら、最初に作成した「経験のたな卸し」の内容と見比べて、企業の求める経験や人物像にあてはまる部分にチェックをつけていきます。
「今までの経験や身につけたスキルをその企業でどう活かせるのか」をイメージするこの作業は非常に重要で、職務経歴書の自己PRを書く際に役立ちます。


プロフィール(応募・匿名スカウト)の書き方 基本情報の作成 基本情報は通常の応募書類の「履歴書」に当たる部分になります。
自分の基本情報を正確に伝えるという意味で、非常に重要な部分となります。誤字脱字はもちろん学歴部分の入学・卒業年度の間違いには注意してください。
また、学校名称の省略もしないようにしましょう。


書類通過するプロフィール(応募・匿名スカウト)の書き方 職務経歴(職務要約)の書き方 職歴要約は採用担当者が真っ先に目を通す大切な項目です。
企業によっては膨大な応募書類の中から選考をおこなうため、要約で自分の魅力を訴求できていないと、せっかく記入した個別の職務経歴を見られることなく、思わぬかたちで選考から漏れてしまう可能性もあります。5~8行程度の簡潔な文章でまとめましょう。
ポイントはアピールすべきスキルや実績、成果を端的に表現すること。長々と書きすぎて、アピールすべきポイントがぼやけてしまわないように注意しましょう。


書類通過するプロフィール(応募・匿名スカウト)の書き方 職務経歴(職歴詳細)の書き方 職歴要約があなたの職歴のアウトラインだとすると、ここはより細かな業績を示す数字や、成績順位といった実績を具体的に記述する場所です。
また記述された結果を出すことができた理由やプロセスを事例として記載することも非常に重要です。


書類通過するプロフィール(応募・匿名スカウト)の書き方 自己PRの書き方 職務経歴書の自己PR欄には、今までのキャリアを通じて得た仕事に対する思いやその企業で経験や能力をどう活かしていくのかなどを記入します。
初めて職務経歴書を記入する際「私の趣味は…」「よく人にポジティブだと言われます」「頑張りますので宜しくお願いします」など、趣味や根拠の薄い意気込みなどを記入してしまうことがありますが、このような記載は職務経歴書としては不適切なので避けましょう。
×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる