お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

面接でチェックされていること (2)能力と経験 | IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen

転職お役立ちガイド~面接アドバイス~

面接でチェックされていること(2)能力と経験

能力と経験 能力と経験に汎用性があることを伝える
現在の中途採用マーケットでは、同業界からだけでなく異業界からの転職も非常に増えています。
これは採用企業の多くが経歴の多様性を重んじてきていることに起因していると言えます。
では、そうした未経験業界にチャレンジする場合、どのように能力を伝えれば良いのでしょうか。

「能力」には業界・分野が異なっても転用することが可能な、汎用性のあるスキルがあります。例をあげると、

・新しい仕事を覚えて実行する力 ・他のメンバーと協働してひとつの事をやり遂げる力 ・課題を発見し、解決していく力(問題解決能力) ・必要な情報を的確に集めてくる能力 ・周りの雰囲気を和ませて職場の雰囲気をよくする力
これらは業界・分野を越えて通用する能力です。
重要なのは、今までの業務でこうした能力を発揮してきたということを具体的に伝える準備をしておくことです。

自分の経験を募集ポジションに関連付ける
自分の経験や能力と募集ポジションに必要な経験や能力との合致点やギャップを把握することは、非常に重要です。
合致している点に関しては、応募業界や職種に関連付けて「これまでの職務経験を通じていかに募集ポジションに適した能力や経験を積んできているのか」をPRしましょう。
そして、たいていの場合、新たに必要な能力があるものです。

その点を理解しており、短期間で新たな能力を身につける自信があることを、その根拠とともに説明できれば良い印象を与えることができるでしょう。
×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる