注目の“成長ベンチャー”で働く魅力。「最先端テクノロジーでインターネット広告にイノベーションを起こす」 ジーニー 【工藤 智昭 氏】 インタビュー | IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen

工藤 智昭 氏

Tomoaki Kudou

代表取締役 CEO

早稲田大学大学院卒業後、2006年にリクルートに入社。
事業開発室にてアドネットワーク事業の立ち上げに携わり、アライアンス、アドサーバー開発、事業企画等を経験する。2011年4月に株式会社ジーニーを設立し代表取締役に就任。現在に至る。

大手・ベンチャー問わず、多くの企業が新たな技術の開発と市場の開拓にしのぎを削るアドテクノロジー業界。
欧米でも“Chaos(混沌)”と表現されるほど、変化と競争の激しいこの業界にありながら、株式会社ジーニーは2010年4月の創業以来、400を超える取引アカウントを獲得し、驚異の95%を超えるリピート率で拡大を続けてきた。
最先端のテクノロジーを活用した独自のサービス「GenieeSSP」を核に、広告主とメディアの収益の最大化に貢献し、急成長を遂げる同社。業界も注目する「成長ベンチャー」の実力と魅力に迫る。

工藤氏

インターネットメディア向けの広告プラットフォーム「Geniee SSP」で、広告収益の最大化を実現

御社のビジネスとアドテクノロジー業界の現状について教えて下さい。

30万件の広告在庫のなかから0.1秒で最適な広告を抽出・配信する最先端テクノロジー

当社は「Geniee SSP」というインターネットメディア(媒体社)向けの広告収益最大化プラットフォームの開発・運営を主軸に、「最先端の広告テクノロジーで顧客の収益を最大化する」ビジネスを展開しています。

SSP(Sell Side Platform)とは、オンライン広告において、媒体社の広告収益の最大化を支援するシステムです。
SSPを導入することにより、媒体社は日本だけではなく世界中の広告代理店やアドネットワーク(注1)からから入札を受け、その中から一番サイトの収益が高くなるような広告を配信することができます。

もう少しわかりやすく説明すると、例えば何らかのWebサイトにアクセスすると、まずサイトが表示されて、その0.1秒後くらいに広告が表示されるのですが、その時間差の間に、どんな人がそのサイトにアクセスしているのかを判定し、約30万件の広告のなかから、最もクリックされそうな広告を出すという仕組みです。

これはいわゆるRTB(Real-Time Bidding)という技術なのです。当社は独自の収益最大化のアルゴリズムを開発し、広告運用を実現しています。

SSPは技術的難易度が非常に高く、成長を実現している企業はごく少数

アメリカ発のアドテクノロジー(広告テクノロジー)は、ここ数年日本でも大きな注目を浴び、昨年くらいからSSPに対する認知度も急激に高まってきました。世界的な流れからみても、この業界は今後確実に成長するといわれています。一般的な仕組みとして定着する日も近いでしょう。

一方で技術的な難易度が非常に高く、このSSPサービスで成長している企業は少数です。技術的な課題もビジネスとしての課題も難しい分野だと思います。

(注1)
アドネットワークとは…広告メディア(媒体)を多数集めた「広告配信ネットワーク」のこと。アドネットワーク事業者は、様々な広告主からの広告受注を一手に引き受け、アドネットワークへの参加サイトに広告を配信している。
広告主にとっては、様々なジャンルのサイトへ広告を一括配信できるため、短期間で高いリーチ率(接触率)の獲得が期待できる。媒体社にとっては、広告受注をアドネットワーク事業者に任せることにより、多数の広告主から広告が受注できるというメリットがある。

 

高い技術力とその技術をビジネスにつなげる企画力、営業力が急成長の基盤

それほど難易度の高い分野で、御社が急成長している理由はどこにあるのでしょうか?

世界屈指の企業で経験を積んだエンジニアをはじめ、様々な分野のスペシャリストが国内外から集まる

当社には、世界屈指のアドネットワーク企業で経験を積んだエンジニアをはじめ、様々な分野におけるスペシャリストが、国内外から集まっています。

アドテクノロジー業界は非常に変化が激しく、また、先ほども申し上げたように技術的にも難易度が高いのですが、自社で構築することができる技術力、またスピーディーに新しい取り組みにチャンレンジできる組織力が当社の成長の原動力となっています。

現在、エンジニアチームにおいては、海外国籍のエンジニアが4割を占めています。アドテクノロジーに関しては海外の方が進んでいるので、最先端企業で経験とスキルを身につけたエンジニアが当社で活躍してくれているというのは、大きなアドバンテージだと感じています。
課題は多いですが、開発メンバーがみんな自社のプロダクトを心から愛しており、誇りをもって開発に取り組んでいるという点も強みの一つですね。

日本のエンジニアと海外のエンジニアの大きな違いが「企画力」です。海外ではエンジニア自らが企画を出すことが当たり前なので、当社でもエンジニアを中心に日々新しい企画が生み出されています。

この姿勢を是非当社の企業風土として定着させていきたいと思っています。

リクルート社でアドネットワーク事業を立ち上げた経験豊かなメンバーが創業

もう一つの強みとして、当社は技術力だけではなく、この業界における営業力やビジネスの企画力、アライアンス力においても、非常に高いレベルにあると自負しています。

当社はリクルート社でアドネットワーク事業を立ち上げた経験を持つ社員が中心となって設立しました。リクルート社は、アドテクノロジーに関して非常に積極的に取り組んでいます。そういった環境で中核となって活躍したメンバーが集まっているので、営業力や新しい取り組みの企画力、そして業界内での繋がりも他社とは一線を画していると思います。

この業界は、様々な社外の立場のプレイヤーと共同で顧客へ価値を返していくことは不可欠であり、信頼関係の構築が非常に重要です。決して技術力が高ければいいというわけではなく、技術力とビジネス推進力の両方がバランスを取れていないといけません。当社はその両方で高い競争力をもつ数少ない企業ではないかと思います。

工藤氏

まずはSSPで日本一。そして3年以内に、世界のマーケットリーダーとしてのポジションを確立する

御社で働く魅力、また今後の方向性について教えて下さい。

成長業界で最先端のサービスを生み出し、インターネット広告にイノベーションを起こす

成長業界で最先端のサービスに携わることができることが一番の魅力だと思います。新しいマーケティングツールを生み出すことにより、これまでのインターネット広告の概念を根本から変革するイノベーションを起こそうとしています。自分達が新しい業界、そして新しい時代を創るんだ、という思いで日々仕事に取り組んでいます。

また、技術的にも非常に難易度が高く、チャレンジングなことができるのも大きな魅力です。これまでアドネットワーク業界に携わるなかで強く感じてきたことは、難しい技術に挑戦したいという人、また高い目標に向かって自分を磨いていきたいと考える人はみんなとても魅力的だな、ということです。社内はもちろん、社外でも仕事で関わる方は皆さん面白い方ばかりで、打ち合わせを通じて会話をしていると、とても刺激的で、非常に勉強になります。

新しいメンバーも次々に参画していますが、みんな業界の将来性やサービスの面白さ、社内の雰囲気に魅力を感じて当社に入社を決めてくれているようです。

当社はここから3年で、世界のマーケットリーダーとしてのポジションを確立したいと思います。新しい取り組みに常にチャレンジしながら、最新のプラットフォームを創り、アジアで業界を動かすような存在になっていきたいですね。

 

仕事の面白さも社員への待遇も、どんどん世界水準へ引き上げていきたい

世界を目指すうえで、社員にはどのようなことを期待されていますか。

目の前のことだけにとらわれず、「広い視野」をもって仕事に取り組んでほしい

「広い視野をもつ」ことでしょうか。
目の前の仕事に丁寧に取り組むことも大切ですが、変化のスピードが速い業界のなかで、どのようなうねりがあるのか、他の会社はどのような開発体制で、どんなサービスを実現しようとしているのかなど、一歩高い視点で自分達をとらえられるようにならなければ、世界で戦い、生き残っていくことは難しいのではないかと思います。

もちろん、簡単にできることではないので、組織に貢献してくれた分は、給与として返したいと思っています。現在は、広告代理店上場企業と同レベルの給与水準になっていますが、作業を自動化することや、徹底的に会社内のあらゆる無駄を省き効率に事業を行うことで、利益率を上げ、平均年収を上げていきたいと思います。今後は仕事の面白さも社員への待遇も世界水準に引き上げていきたいと思っています。

「毎日少しでも前進する」--その意欲と努力が世界へと繋がっていく

当社は現在成長の過渡期にあり、組織面においても、取引先の規模においても、創業から半年で別の会社か、と思うほどの成長を遂げています。

ただ、今と同じことを続けていても同じような成長は実現できません。常に自分達の働き方や、自分達のサービスに疑問をもち、自ら積極的に変化し、切り拓いていかなければいけないと思っています。

現在、3か月に1度のタイミングでチームごとの戦略と目標のレビューを行っています。新しい戦略を通じて、個人個人が1つでもいいので新しいことにチャレンジし、合わせて非効率は仕事を排除し、チームを前進させることに取り組んでいます。こういった継続的な努力が世界へと繋がっていくのだと考えています。

工藤氏

私達と一緒に、全力で一つの夢を追ってみませんか?

最後に御社を目指される求職者へのメッセージをお願いします。

優秀な仲間と働くことで、一気に知識を吸収し、市場価値を高められる環境

採用にあたっては、経験よりも意欲を重視しています。全くの未経験であってもアドテクノロジーに興味があったり、好きになれそうな方に是非ご参画頂きたいと思います。価値観を共有でき、ガッツのある方を歓迎します。
採用するにあたっては、逆に弊社が応募者の人生に対して価値を提供できるかも重視しています。

当社にはなかなか一緒に働くことのできないような優秀な人材が揃っています。そういう仲間と働くことで、一気に知識を吸収し、市場価値を高められる環境です。そこから徐々に難しいことができるようになってくれば、自分が会社のみならず、業界全体にも貢献していることが実感できるようになると思います。そんな喜びと業界を創るダイナミズムを感じながら仕事に取り組んでほしいです。

新しい組織、新しい業界を創っていくやりがいと喜びを分かち合いたい

組織としてはまだまだスタートアップのフェーズなので、今なら会社の文化を創る面白さも感じることができます。先入観なく、新しいアイディアで、魅力的な組織作りにも貢献してほしいと思います。

4月にはオフィスも移転し、企業として新しいフェーズに突入します。自分の努力が自分人や組織を成長させていくことが目に見えて感じられるので、その喜びをともに分かち合いたいと思っています。

当社は、ここから3年以内にアジアでNo.1のポジションを確立することを目指しています。まずは私達と一緒に、全力で一つの夢を追ってみませんか?本気で集中すれば、自然と次のステージが見えてくるはずです。
是非楽しみながら、ともに世界を目指し、新しい時代を創りあげましょう!

取材後記

止まるところを知らず、進化し続けるアドテクノロジー。競争の舞台はもはや日本ではなく「世界」にある。そこで勝つためには、並々ならぬ努力を要することは容易に想像できるが、一方で、まだ誰も知らない未来を自らの手で作り出せるチャンスがあるということ、そしてそこで成功したときの喜びは、決して他で得られるものではないだろうということを強く感じた。大きな成功を目指す人に、是非挑戦して頂きたい企業である。

この企業が募集している求人

株式会社 ジーニー

世界制覇を目指すネット広告業界で年間成長率600%を超える広告テクノロジーベンチャー

ジーニーは2010年4月にリクルートのネット広告専門部署のメンバーが独立して立ち上げた、アドテクノロジーを自社開発する急成長中のベンチャー企業。インターネットメディアの収益最大化事業を中心に、創業1年10カ月で取引アカウント数は400を超え、95%を超えるリピート率で昨対比売上600%と事業の拡大を続けています。

急成長の鍵は、ネットユーザー1人1人にあった最適な広告を、月間約30万の広告在庫から約0.1秒で配信するRTB(リアルタイムビッティング)やオーディエンスターゲティングという技術を、優秀な社内エンジニアが開発していること。またディスプレイ広告市場が伸びている事です。(気になる方は「ディスプレイ広告市場」とググってみてください)

アドネットワーク事業の立ち上げ経験者だけでなく、アフェリエイトネットワークの開発者や、海外の広告ネットワークの開発経験者、ネットの新規事業の商品企画担当者、営業のスペシャリスト、リスティング広告の運用スペシャリストなど、国籍問わず、各専門のプロフェッショナルが集結し少数精鋭で事業推進を行っています。

資本金 4170万
設立年月 2010年04月
従業員数 23人
平均年齢 30.0歳
×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる