お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

booost technologies 株式会社の中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる

booost technologies 株式会社

カーボンフリーな未来の実現を目指す クライメートテックカンパニー

パートナーサクセス_マネージャー候補

【パートナーサクセス(マネージャー候補)】急成長の脱炭素化GX市場│パートナー企業の開拓、スキーム構築専任募集! 急成長の脱炭素化GX市場│パートナー企業の開拓、スキーム構築専任募集!

募集している求人

510935
カスタマーサクセス_メンバー*東京
attach_money400万円〜600万円location_on東京都
【カスタマーサクセス(メンバー)】脱炭素化GX│顧客課題を解決し地球の気候変動に挑むカスタマーサクセスwanted!
473223
エンタープライズセールス*大阪
attach_money400万円〜650万円location_on大阪府
【エンタープライズセールス】脱炭素化クラウド「ENERGY X GREEN」│エンタープライズ領域の拡大に向け即戦力メンバー募集!(大阪勤務)
473223
エンタープライズセールス
attach_money400万円〜650万円location_on東京都
【エンタープライズセールス】脱炭素化クラウド「ENERGY X GREEN」│エンタープライズ領域の拡大に向け即戦力メンバー募集!
もっと見るexpand_more

企業について

未来を創る "boooster" を目指す

473216
報道・メディアで「脱炭素社会」というキーワードが叫ばれるようになって久しい。地球の平均気温は現在14℃。世界のCO2対策によっては、数十年後には地球に人が住めない状況になるというシビアな試算も出ている。
473219
同社は、クライメートテック(CO2排出量の削減または地球温暖化の影響への対処に焦点を当てた技術)でこうした環境問題に切り込もうとしている新鋭ベンチャーだ。
473199

地球温暖化の問題が世界規模で叫ばれる近年、問題の原因である温室効果ガス(CO2)の排出量を社会全体で抑える取り組みとして、「カーボンニュートラル」というキーワードを見聞きする場面が増えてきた。

カーボンニュートラルとは、温室効果ガスの排出量と吸収量が均衡した状態のこと。2020年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロを目指すことを宣言した。この宣言がきっかけとなり、プライム市場に上場する大企業を中心に、2030年のSDGs達成を後押しする施策としてCO2の排出量を組織単位で管理し、気候変動から受けるリスク情報を開示する動きが加速している。

booost technologies株式会社(以下同社)は、CO2排出量の削減または地球温暖化の影響への対処に焦点を当てた技術(クライメートテック)により、日本におけるカーボンフリーな未来の実現を目指す会社だ。2021年からは主力プロダクトであるCO2排出量管理・会計プラットフォーム『ENERGY X GREEN』の開発・提供をスタートし、企業の脱炭素化を促進。2022年2月にはグロービス・キャピタル・パートナーズをリードインベスターとして、東京大学エッジキャピタル、 NTTドコモ・ベンチャーズ、三菱UFJキャピタルから12億円を超える大規模な資金調達を行い、事業を飛躍的に拡大させるフェーズに移行している。

同社の代表取締役を務める青井宏憲氏は、創業以前はコンサルティングファームにてエネルギー分野を担当し、主に太陽光・省エネを切り口とした企業コンサルティングを手掛けてきた。多くの企業が抱える課題と向き合う中で、コンサルティングでは乗り越えられない壁があることを実感。技術の力でエネルギー問題を革新するシステムを提供したいという想いの下、「テクノロジーによって社会の発展を押し上げる」というミッションを掲げて同社を設立した。

同社は2015年に設立して間もなく、クラウド型エネルギーマネジメントシステム『ENERGY X』の開発・提供をスタートした。エネルギー事業に必要な機能を網羅し、CO2フリー電気の調達、供給も実現できるプロダクトだ。その後、不可逆的に進むカーボンニュートラルの潮流の中で、先にも触れた『ENERGY X GREEN』の開発・提供をスタートして現在に至る。

プロダクトをさらに強化し、脱炭素ERPとしての確立を目指す

510936
2021年からはCO2排出量管理・会計プラットフォーム『ENERGY X GREEN』の開発・提供をスタートし、国内上場企業のカーボンニュートラル(温室効果ガスの排出量と吸収量が均衡した状態)に向けた取り組みを後押ししている。
513958
2022年2月には12億円を超える大規模な資金調達を行い、プロダクトのさらなる強化をスタートさせた。
513943

脱炭素社会の実現に向けて、「炭素会計」の注目度が増している。炭素会計とは簡単に説明すると、企業が事業活動を通じてCO2の排出および削減に寄与したかを算定・集計し、ステークホルダーに開示要件を報告するプロセスのこと。

『ENERGY X GREEN』は企業のためのCO2排出量管理・会計プラットフォームとして、「CO2排出量の計測・可視化」「CO2削減の計画策定」「予実管理・オフセット」「各種報告レポートの自動作成」のプロセスを劇的に簡素化している。当プロダクトはプライム市場で情報開示が求められているScope1~3(注)まで対応していることから、導入先はバリューチェーンのトップ企業が中心となっており、実績は既に2万拠点に及ぶ。例えばイオン株式会社も導入先の一つで、全国各地の拠点やイオングループ各社、その他多数のサプライヤー等、それぞれの排出量を取得・管理している。グループ会社だけでも300社あまり、バリューチェーン全体では数万社にも及ぶ。

(注)
Scope1:自社が燃料の使用等で直接的に排出した分
Scope2:自社が電力の使用等で間接的に排出した分
Scope3:調達や輸送、従業員の移動、自社製品の使用等、バリューチェーン全体での排出分

CO2を含む温室効果ガスの排出量の開示が義務化され、脱炭素社会へのシフトが急激に加速するなか、あらゆる業界での炭素会計ニーズは確実に増えていく。同社はクライメートテック分野におけるトップランナーとなるべく、主力サービス『ENERGY X GREEN』のさらなるプロダクト強化を推し進め、脱炭素ERPとしての確立を目指す。この展望について、同社は二つのポイントを挙げている。

一つ目は重点業種・顧客層の拡大だ。製造・自動車・金融・サービス・不動産の業種に向けたアプローチを強化。特に製造・自動車業界は、炭素会計の仕組みがなければ製品の輸出もままならなくなる。産業のグローバル化が標準となっている今、炭素会計は経営と切り離せないプロセスである。

二つ目はプロダクトの強化だ。脱炭素化に向けて可視化したいデータ・手段は業種によって異なる。同社は今後、各業界にフィットした機能・ソリューションのさらなる細分化を図るという。

これら展望を具現化させるため、同社は導入開発・プロダクト開発をリードするエンジニアを中心に、サステナビリティコンサルタントやセールス、カスタマーサクセスやパートナーサクセス等、多岐にわたるポジションで人材募集を強化している。

前例のないテクノロジーで世界に革新を起こす

473212
「炭素会計ERP」という国内では前例のないチャレンジを共にする人材を広く求めている。
473207
世界の目で見ると、国内には炭素会計に関する技術・知識を持つエンジニアはまだまだ少ない。当分野のトップランナーを目指す同社でなら、国内の第一人者を目指すことも十分に可能である。
506426

以上の展望を踏まえ、同社が求める人物像について伺った。特にエンジニア採用においては、法人を対象に業務を行ってきた経験をはじめ、SaaSのメガベンチャーでプロダクト開発に携わった経験、SIベンダーでERPコンサルティング・導入開発等に携わった経験等が発揮できるという。またプロダクトを導入する企業からは機能追加・カスタマイズに関する相談も絶えないことから、最上流の要件定義から携わりたいタイプのエンジニアに向いているという。

仕事のやりがいは、何といっても「脱炭素化」というサステナブルな領域で、市場価値の高い人材を目指せることだ。世界の目で見ると、国内には炭素会計に関する技術・知識を持つエンジニアはまだまだ少ない。当分野のトップランナーを目指す同社でなら、国内の第一人者を目指すことも十分に可能である。

また大手企業の各サプライヤーを巻き込み、ブロックチェーン等の技術を使いながら、巨大なシステム開発を行える醍醐味もある。同社が掲げる事業コンセプトに賛同できる人であれば、スケール感と刺激に満ちた開発環境があると言えるだろう。

テクノロジーの力でエネルギー業界に革新を起こそうとしている同社特有の価値観の一つとして、「エンジニアドリブン」がある。2022年11月現在の全従業員64名のうちエンジニアが20名ほどを占め、エンジニアチーム内でも活発に意見を出し合い、週1回のペースでプロダクトをアップデートしているという。社長と現場の距離も近く、エンジニアチームの声はすぐに経営サイドに届く。圧倒的なオーナーシップの下で、創造性かつ革新性に満ちたミッションに取り組むことができる。そんな魅力を持っている会社だ。

最後に代表取締役の青井氏にGreen閲覧者へのメッセージを紹介する。
「脱炭素は地球規模の課題です。今から全世界で取り組まなければ、やがて温暖化による環境破壊によって私たちは地球に住めなくなってしまうでしょう。私たちがやろうとしている事業は国内では前例がありません。テクノロジーの力で未成熟のマーケットに切り込み、チャレンジ精神旺盛な仲間と一緒に脱炭素のERPを創り上げていきましょう!」(青井氏)。

もっと見るexpand_more

社員の声

sms
この企業には、まだ社員の声はありません。
ログインすると社員の声をリクエストすることができます。

企業情報

会社名 booost technologies 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 14億3065万円
設立年月 2015年04月
代表者氏名 代表取締役 青井宏憲
事業内容 booost technologiesは、CO2フリー電気の調達、供給が可能なクラウド型エネルギーマネジメントシステム「ENERGY X」、CO2排出量の可視化やレポート化可能なクラウド型プラットフォーム「ENERGY X GREEN」事業を通じ、CO2排出量の可視化、レポート、CO2フリー電気等の調達、供給、カーボンオフセット、需給管理など、カーボンフリーな未来に必要なサポートやシステムをワンストップで提供します。

脱炭素化のブースターとして、各事業を通じて「次世代に誇れるカーボンフリーな未来」を実現させ、脱炭素化を加速させます。
従業員数 68人
平均年齢 34.9歳
本社所在地 〒141-0032
東京都品川区大崎一丁目6番4号 新大崎勧業ビルディング10階
応募フォームへ

この企業と同じ業界の企業

474437
分析+コンサルティングでトータルに価値提供できる強みをさらに拡張していく
株式会社 ディーファイブコンサルティング
attach_money600万円〜location_on東京都
【データ分析コンサルタント・リーダー】ワークライフバランス◎裁量大◎大手通信キャリアグループが持つ様々なビッグデータ解析・利活用プロジェクトをリードして、スキルアップ・キャリアアップしませんか?自社事業開発に関わることも可能です
442821
電通グループとブレインパッドが手を組んで誕生!マーケティングデータ分析・...
株式会社 電通クロスブレイン
attach_money450万円〜700万円location_on東京都
【プリセールス】取締役直下の新設組織で今後のビジネス拡大を担う重要なポジション!
498834
株式会社パシフィックメディカル
株式会社 パシフィックメディカル
attach_money300万円〜800万円location_on北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、全国・フルリモート
【高知】■SE(医療クラウドシステム開発/成長業界でスキル・キャリアUP可能)
513465
ITスペシャリストを自社育成し、どこにいっても通用するエンジニアに成長で...
株式会社 Luxy
attach_money300万円〜800万円location_on東京都、全国・フルリモート
【PHP(Laravel)エンジニア】自社サービス・親会社サービスの開発も可。働きやすい環境と提案しやすい環境があります!副業可/フルリモート可/残業少なめ/年間休日125日以上/教育制度有り
513676
業界最低水準マージン率のフリーランスマッチングプラットフォーム『Pro ...
イーストフィールズ 株式会社
attach_money500万円〜1000万円location_on東京都
【PdM】年間予算約5,000万円|自社プロダクトの拡大戦略~運用・人員配置までをフルコミットしたい方募集!
411122
ようこそ!裏方から表舞台へ。セキュリティを中心とした最先端技術で社会に貢...
株式会社 エヌ・エフ・ラボラトリーズ
attach_money600万円〜1200万円location_on東京都
【ソフトウェアエンジニア】レッドチーム支援システムを開発するソフトウェアエンジニア(テックリード)
×
×