お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

有限会社 アズボウの中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

466141

有限会社 アズボウ

物作りの喜びを満たすことへのこだわりで技術者を支えるシステム開発会社

小規模ながら無借金。技術者のために設立されたシステム開発会社

有限会社アズボウは、業務系、Web系を中心にシステム開発全般を担っている会社だ。現在(2022年4月)経営陣含めて10名弱の小規模な会社だが、2000年3月の創業以来、業界における厚い信頼をベースに堅実な経営を続けてきた。現在は、第2創業期として、これまでのカルチャーを引き継ぎながらも、新たな体制づくりに取り組み始めている。

アズボウは、コンピュータ専門学校の講師をしていた先代社長が、卒業した教え子を始めとしたIT技術者のために作った会社だ。物作りを通して人を喜ばせることに夢を持って技術者になったものの、実際の開発現場では苦労している教え子たちの相談に乗る中での決断だった。2000年3月、個人で創業し、翌2001年3月に法人化。以来、事業規模や売り上げの拡大を優先するのではなく、一貫して技術者の成長支援と自己実現に軸足を置き、自身が築いた業界内の人脈を活かしながら案件を確保し、事業を継続してきた。

同社で経験を積んで独立していった技術者も少なくない。取締役・納家清隆氏もその一人だ。先代社長が専門学校の講師を勤めていた時の教え子であり、創業間もない頃から18年間、アズボウに技術者として勤務。2017年にフリーランスとして独立したが、現在は取締役として復帰している。

「先代が目指していたのは職人集団です。専門性の高い技術者を自社で育て上げ、業界内の評判を勝ち取っていく経営方針でした。システム開発を通じてお客様の期待に応えるということを大事にし、実直に、職人集団として、高いレベルの技術者を維持することに注力していました」(納家氏)

そのため案件も選んだ。技術者が疲弊するような難しい案件には手を出さず、それぞれの技術者が、物作り本来の喜びを味わえるような案件にアサインできるよう尽力してきたのである。

その先代社長が急逝したのは2021年7月のこと。事業継続の是非が問われる中で、先代の意思を引き継ぐ決意をしたのが、先代夫人の代表取締役・福山ユミ氏だ。

「誰かの役に立てるのであればという想いで立ち上げたのがアズボウです。彼はいつもその想いだけでした。会社を畳もうかという局面は何度もありましたが、その度に“でもやっぱり”と思いとどまり、踏ん張り続けてきました。そういう姿を見ていたので、やめるという選択肢はありませんでした」(福山氏)

ただ、それまで福山氏自身は経理を手伝っていただけで、経営に携わったことがなかったため、先代の教え子でありIT業界でシステムの導入コンサルティングなどに携わった後、福祉系の会社を複数経営するなど異色の経歴を持つ取締役・中辻幸二氏と、当時フリーの技術者として独立していた納家氏に協力を要請。生前の先代に恩義を感じていた両氏がその要請に応えて経営に参画し、新体制を発足するに至ったのである。

466567技術者のために設立された会社、有限会社アズボウ。経営陣含め10名弱の会社ではあるが、無借金経営を続けている。
466160代表取締役 福山ユミ氏
もともと経理を担当していたが、先代代表の想いを受け継ぎ経営を行っている。
466146

客先常駐から社内持ち帰りへの転換。GIS、AIなど新技術の獲得も

新経営陣がまず着手したのは、これまでになかった組織的な事業運営の基礎づくりだ。複数の会社を経営してきた実績を持つ中辻氏と、システムエンジニアとして豊富な経験と実績を持つ納家氏が中心となり、就業規則や営業方針の見直し、営業体制の確立、人材育成や評価制度の構築などに取り組んでいる。

「新体制に移行する上で何を大事にするかと考えた時にはやはり人だと。技術者のメンタルや体調を考慮し、安定的に仕事ができる環境を優先する方針はこれまで通りです。ただ技術者育成に関して、先代社長亡き後、我々にできることは、学ぶ環境を整え、学ぶモチベーションを支えることです。各スタッフがやりたいこと、興味があることを吸い上げ、実際の仕事で経験を積み、実績を作っていただくことに尽力しています」(中辻氏)

その一環として注力しているのが、客先常駐型のSES案件から社内開発による受託案件へ、営業方針の転換である。客先との商談では、受託案件、もしくはコロナ禍を機に定着した“持ち帰りSES”に転換すべく、働きかけている。

「社員1人1人と面談したときに、会社の仲間と一緒に仕事をしたいという声が上がってきました。自分がどこに帰属しているのかよくわからないと。ただ、それは我々だけでできることでもありません。お客様のご理解やご支援もあり、ようやくその環境が整ってきたところです」(中辻氏)

新体制への移行した約半年後に、受託開発案件を受注。すでに複数のプロジェクトで実績を作っている。SIerとの契約だけではなく、エンドユーザーとの直案件もある。技術領域の幅も広がりつつある。これまでは業務系、WEB系のシステムが中心だったが、最近は、GISや交通系のAIを使った開発案件も受託している。

「単純に業務システムだけでしたら大阪だけでも競合他社はたくさんいます。全国になるとなおさらです。将来性を考えれば、弊社独自の特色を打ち出す必要があります。そこでGISやAIといった新しい技術領域に注力しはじめているところです」(納家氏)

GISやAIなどの経験を持つ技術者はいなかったが、納家氏が過去の経験で蓄積してきた技術や知識を共有して対応した。現在も月に2回、勉強会を実施。これまでに、ディープラーニングの実装の仕方、世界測地系などをテーマに講義を行っている。

営業に関しては納家氏や中辻氏のみならず、客先に常駐する技術者たちも関与し始めている。まずは客先常駐で信頼を獲得し、持ち帰り案件へと転換させるべく、積極的に働きかけはじめ、少しずつ成果も上がり始めたところだ。既に在籍する技術者や新経営陣とともに、これからのアズボウを作っていく仲間を募集しているところだ。

466166取締役 中辻 幸二氏
福祉系の会社を複数社経営した経験を持つ。
466150現在、就業規則や社内制度などの事業運営の基礎部分の見直しを図っている。
466147

物作りの喜びを満たすことへのこだわり引き継ぎ、次のステージへ

新体制への移行に伴い、事業環境も大きく変えた。大阪市内に構えていた事務所を閉め、コワーキングスペースを契約。事務所の家賃に経費をかけるなら、社員の待遇面に回したいという考えからだ。今後、人数が増えて社員が必要だと感じることがあれば、改めてどこかにオフィスを構える可能性もあるが、一旦不要なものは削ぎ落として再出発を図ったというわけだ。
当面はスタッフが働きやすい環境を守り、新型コロナの心配を少しでも軽減しようとテレワーク勤務を推奨している。

現在、アズボウに在籍する技術者は、入社20年以上のベテラン技術者と、7年目、5年目の中堅、業界経験2年目の4名だ。全く異なるバックボーンを持ち、常駐先も全員が同じではないが、上下の別け隔てがないフラットで風通しの良い関係性を築いている。

そこに迎えたいのは、様々なバックボーンを持つ、自ら何かを生み出すことに楽しみを見出せる技術者だ。開発現場の技術者だけではなく、経営陣も、それぞれが異なる経験を積んできたメンバーが揃うため、技術だけではなく幅広い知識、情報に触れることも可能だ。

「アズボウは今第2創業期を迎えています。今後の会社のカラーを決めていくのは、現場で働く社員一人ひとりです。在籍するスタッフにも、やりたいことがあれば積極的に発信して欲しいと伝えています」(中辻氏)

もちろん創業時に先代が抱いた“技術者のための会社”というコンセプトに変わりはない。ものを作る喜びや好奇心を満たすことへのこだわりは、これからも大切にしていく考えだ。

「イチ社員として在籍していた頃、AI関連の案件に携わっていたことがあります。まだAIという言葉が出始めた頃でしたが、個人的にやりたいと言い続けていたら、先代社長が取ってきてくれました。同様に技術者が“これがやりたい”という思いを純粋に持ち続けられる会社でありたいと思います」(納家氏)

周りと違うことをするのが好きだったという先代社長。Asbow=アズボウという社名の由来は、“遊ぼう(あそぼう)”から来ている。会社法の改正によって1円で株式会社が設立できるようになってからも、有限会社のままにしたのは、その方が目立つという理由もあった。

「“こっちの方がいいやろ”と嬉しそうな顔をして、人と違った道を選ぶ人でした。社員一人ひとりの思いを大事にしながら、社員の方々にとって一番いい形を、全員で実現します」(福山氏)

先代社長が大事にしたささやかな遊び心は、クリエイティブの源流でもある。本物の物作りに集中できる環境。それがアズボウの最大の魅力だろう。

466159「技術者のための会社」という軸はぶらさないが、今後入社される人も含めて社員全員で新たな会社の文化を創っていく。
466164決して会社規模は大きくないが、社員一人ひとりが、自らの意志を大事にしながら働けるのがアズボウの魅力だ。
466568

有限会社 アズボウの社員の声

Icon men1
30代前半
2017年04月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. まず、望めば様々なプロジェクトを経験することができ、知識や技術の幅が広がるだけでなく自分のやり...続きを読む
Icon men2
20代後半
2017年12月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 人の役に立てることが好きで、お客様先での仕事が評価されることにやりがいを感じます。
自分自身...続きを読む
Icon men3
30代前半
2020年04月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 新しい業界で新しい知識に触れ、それらを身に着ける事をやりがいに感じています。
前職では資格の...続きを読む

有限会社 アズボウに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、有限会社 アズボウに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 有限会社 アズボウ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 3,000,000円
設立年月 2001年03月
代表者氏名 代表取締役 福山 ユミ
事業内容 ウェブシステムコンサルティング
モバイルアプリ開発
ウェブシステム開発
インターネットビジネスサポート
IT教育サポート
ホームページデザイン・制作
ウェブシステム運用サポート
システム設計・開発~運用サポート
ソフトウェア開発全般
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 4人
本社所在地 大阪府箕面市箕面8-8-19
466141

有限会社 アズボウ資本金3,000,000円設立年月日2001年03月従業員数4人

物作りの喜びを満たすことへのこだわりで技術者を支えるシステム開発会社

この企業が募集している求人

466152
【マネージャーポジション】2021年から第2創業期のスタートアップ企業★自由度の高い環境で一緒に新しいモノ・企業文化を創っていきたい方大募集!
プロジェクトマネージャー/リーダー(部門責任者候補)

■仕事内容 新規・既存クライアントへの幅広いシステム開発のご提案、プロジェクトの要件定義から全体設計、チームマネジメントまで出来ることからお任せし、やりたいことへのチャレンジを支えます。 スタートアップ環境の中でご自身で裁量権を持って会社と一緒に成長していきたいという想いのある方、大歓迎です! ITアーキテクトやITコンサルタント経験をもつ経営陣が全面的にバックアップします。 社...

466169
2021年から第2創業期のスタートアップ企業★“こんなものを開発したい”大歓迎&大反映!新しいモノ・企業文化を一緒に創っていきませんか?
ソフトウェア開発エンジニア(業務系)/PG 

------------------------------------------------ ■ 仕事内容 ------------------------------------------------ 要件定義に基づき、落とし込まれた各種設計を参照し、 コーディングと各種テストを行っていただきます。 その後はスキルや要望に合わせて、上流まで一気通貫で行っていただきます。 ...

466172
2021年から第2創業期のスタートアップ企業★“こんなものを開発したい”大歓迎&大反映!新しいモノ・企業文化を一緒に創っていきませんか?
ソフトウェア開発エンジニア(業務系)/SE

------------------------------------------------ ■ 仕事内容 ------------------------------------------------ クライアントとの商談、折衝、要件定義、基本設計 ∟Web系のシステム開発から、AI / IoT / ビッグデータなど、 最新技術を用いた多岐にわたる開発案件のなかで希望と適性...

×