お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

インフォースの採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

446018

株式会社 インフォース

マイクロソフトお墨付きの技術力!Access開発で中小企業のDXを支援する開発会社。98%エンドユーザー直接取引。

マイクロソフトのお墨付き!世界一のアップサイジング技術が支えるAccess開発

株式会社インフォースは、Access(SQL Server)開発専門のシステム開発会社。中小企業向けにAccess開発でシステムを提供している。販売管理システム、会計システム、生産管理システムと開発するシステムも業種業態も様々。クライアントのニーズに合わせて、システムを開発するのだが、Accessに特化することで低コストでの開発が可能となる。

中小企業がシステムを導入するには、二つの方法がある。開発会社に依頼してスクラッチで開発してもらうか、パッケージ商品を導入するか。スクラッチ開発だと自社に合ったシステムが作れる一方コストが嵩む。パッケージなら安く済ませられるが、痒い所に手が届かない中途半端なシステムになってしまうリスクもある。Access開発こそが、両方のいいところを合わせた開発なのだ。

「中小企業の多くは、大袈裟なシステムを望んでいるわけではありません。彼らは日常業務を少し効率化するシステムがあれば満足です。システム開発会社に依頼すればビックリする金額の見積もりが出てきて、パッケージを導入しても課題解決に繋がらない。Accessで何ができるのか?と訝るエンジニアもいるかもしれませんが、中小企業のニーズはAccessで解決できるレベルなのです」(代表取締役・濱松毅氏)。

Accessでの開発は「複数の人間で使えない」「Webやスマホの開発ができない」等、至らない点があるのも事実。しかし、Accessで開発したシステムをSQL Server・Azure SQLへアップサイジングすることで、それらの弱点は克服できるという。

「会社やシステムの規模に合わせて、ExcelからAccessへ、さらにSQL ServerやAzure SQLへとアップサイジングすれば、クライアントにとって不都合はありません。当社は、アップサイジングの技術ではどこにも負けません。Accessからのステップアップができるからこそ、中小企業に対してAccess開発を勧められます」(濱松氏)。

インフォースのアップサイジングの技術は、世界No.1といえる高水準。同社が開発したAccessからSQL Serverへの自動アップサイジングするソフトウェアは、変換率No.1のお墨付きを米国マイクロソフト社から頂戴しているレベル。米国マイクロソフト社のAccess研究・開発チームに同社の技術者が参加していた実績がある。

「AccessからAzure SQLへのアップサイジングを世界で初めて実施したのは、当社です。Access研究・開発チームで当社の技術者が働いていた時に、Azure SQLへのアップサイジングをすることになり、当社で担当することになりました。Accessの技術に関しても、絶対的な自信を持っています。当社の技術者はAccessに関する書籍も執筆しています」(濱松氏)。

多くの中小中堅のIT企業はSESを主軸としているが、弊社はSESを今まで殆ど行ったことがない。現在は100%受託開発(今後はAccessをはじめ、Microsoft系関連における、常駐案件、SESを受ける可能性は有)。また約98%がエンドユーザー直接取引で、その数は約2000社におよぶ。弊社はこの規模のIT企業としては珍しい、いくつかの特徴を持っている。

マイクロソフト認定ゴールドパートナーで、5年以上にわたる強力なバックアップを受けている。既に100回以上のセミナー、プロモーション等、数々の協業実績を積み重ね、マイクロソフトのポータルサイトでも紹介されている会社なのだ。

446037同社は、Access(SQL Server)開発専門のシステム開発会社だ。
446034中小企業向けにAccess開発でシステムを提供している。
446041

社内SEの育成もメニューに!中小企業のDXをトータルで支援する『ITコンビニ』

世界No.1クラスのアップサイジング技術を保有し、マイクロソフト製品での開発に特化している上に、マイクロソフトからの強力なバックアップを受けているインフォース。紙やExcelで管理していたデータをまずはAccessで簡単にシステム化。アップサイジングで「高速化」「複数利用」「バックアップ」「クラウド」「セキュリティ強化」に対応した本格的なシステムにステップアップさせる開発手法を取っている。この開発手法を有効に使えば、中小企業はDXを段階的に進められる。

「Accessは日本だけで460万本も出荷されています。ほとんどの人が使わないで、死蔵ソフトと化しています。中小企業がDXを考える時、どうすればいいのか?まずは手元にあるツールの有効活用を考えるのが自然な流れではないでしょうか。Accessは元祖ノーコード・ローコード開発ともいえるソフト。手軽にコストをかけずにDXを始めることが可能です」(濱松氏)。

同社は中小企業のDXを推進するために、Access開発のほかにも『ITコンビニ』と名付けたサービスを提供している。業務システム開発だけでなく、ホームページ制作やインフラの構築、システムの運用・保守等、ITに関することは何でも請け負う。

「中小企業の担当者はITに関する知識がないことが多く、DXをしたくてもどうしていいのか分からないのが実情です。何でもできる『ITコンビニ』を標榜することで、中小企業は安心して丸投げしてくれます。それぞれのサービスを実際に提供するエンジニアはフリーランスのパートナーを中心に構成しています。だから、当社はお客様に寄り添ってDXの指南役に徹することができます」(濱松氏)。

『ITコンビニ』のサービスの中でも、中小企業のDXに重要な役割を果たすと考えられるのが「情報システム室代行」と「社内SE養成家庭教師」だ。

「情報システムを作るには、社内SEに任せるのが最適です。会社の業務を熟知しているため、要件定義が容易かつ的確です。ただ、中小企業故にエンジニアを雇用していないケースも少なくありません。そんなクライアント向けのサービスが情報システム室代行です。社内SEをアウトソースで活用するだけでもDXがスムーズに進みます。社内SEをこれから育成したい企業には、現役のエンジニアが講師として定期的に訪問するサービスも手掛けています」(濱松氏)。

アメリカは日本のIT業界と違って、システム開発会社が少なく、企業が社内SEを雇用してシステムを開発するスタイルだという。日本の中小企業がDXを成功させるには、アメリカのように社内SEを活用するべきだと、濱松氏は指摘する。

「日本には終身雇用の考え方がまだ残っているのか、IT技術者がIT企業以外に就職する文化がありませんが、アメリカはIT技術者が一般企業に就職してシステム開発が終われば転職するエンジニア文化です。日本でもIT技術者の流動性がもっと高まれば、システム開発が今のようなゼネコン構造から脱しSES会社はいらなくなります。そうなると、予算が少ない中小企業でもシステム化を進めることができます」(濱松氏)。

446021SQL Server・Azure SQLへのアップサイジングでは世界No.1クラスの技術を保有し、マイクロソフト製品での開発に特化している上に、マイクロソフトからの強力なバックアップを受けている。
446023業務システム開発だけでなく、ホームページ制作やインフラの構築、システムの運用・保守、情報システム室代行、社内SE養成家庭教師等、ITに関することは何でも請け負う『ITコンビニ』サービスも提供し、中小企業のDXを全方位からサポートしている。
446043

目の前にあるチャンスを手に!独立支援制度を活用した「エンジニア」「営業」

米国マイクロソフト社に認められ、強力なバックアップも受けている、Accessのハイレベルなアップサイジング技術をベースに、Access開発を起点にした中小企業のDXに最適なビジネスモデルを作り上げたインフォース。『ITコンビニ』のサービスで社内SEの育成もバックアップすることで、中小企業のDXを側面からも支援している。

ビジネスモデルが出来上がり、いよいよ事業を拡大させるために「営業」を強化させる動きを見せている。

「Access開発を中心にした中小企業のDX支援のソリューションは、将来性のある事業。遅々として進まない中小企業のDXを推進するために有効だからです。AccessにはSalesforceと接続するドライバが標準装備されています。Salesforceの弱い所をAccessで埋めることができ、Salesforceを導入したが効果的に活用できていない企業の業務改善のサポートもできます」(濱松氏)。

営業部隊を増員して受注した案件をスムーズに進めるため、インフォースではフリーランスのパートナーを活用している。独立支援制度を社内に用意し、インフォースでスキルを身に付けたエンジニアにも、独立を推奨している。

「エンジニアが収入を上げるにはフリーランスになるのも一つの道です。営業は当社で担当し、エンジニアには案件をどんどん送ります。フリーランスのエンジニアは仕事が早いです。なぜなら沢山の案件をこなすことで、収入がアップするからです。エンジニア本人もクライアントも当社も助かります。IT企業では、営業と開発の利害は衝突しがちですが、営業とパートナーは利害が一致します。パートナーは頑張って稼ぐために仕事が欲しいですからね」(濱松氏)。

インフォースでは、今後、営業のアウトソーシングも考えているという。そうなると、独立支援制度でフリーの営業になり、頑張りを収入に直結させることも可能になる。

「中小企業のDXという大きなチャンスが目の前にあります。今までは反響型の営業だけでしたが、ここから攻めの営業で顧客を増やしていきたいと考えています。『インサイドセールス』『デジタルマーケティング』等、営業力をアップさせる施策を持ち込んでくれる人材も歓迎。10年後20年後を見据えて働いて、Access開発の可能性を開花させればリターンも大きいです。ストックオプションも含め、報酬体系の見直しも進めています」(濱松氏)。

エンジニアの働き方には昔からテレワークを導入しているというインフォース。通勤に体力と労力を削られず静かな環境で作業ができるとエンジニアの仕事は捗るからだと濱松氏は語る。

「コロナ禍でテレワークが普及し、オンラインでの営業に抵抗がなくなったことで、当社も全国展開が可能になりました。これも当社にとって大きなチャンスです。エンジニアと営業を大幅に増員して、一気に中小企業のDXを進めていきたいと考えています。目標は5年以内の上場。一緒に走り抜けてくれる人材を広く求めています!」(濱松氏)。

441842同社では、今後、営業のアウトソーシングも考えているという。そうなると、独立支援制度でフリーの営業になり、頑張りを収入に直結させることも可能になる。
441838エンジニアの働き方には昔からテレワークを導入している。通勤に体力と労力を削られず静かな環境で作業ができる。
446045

株式会社 インフォースに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 インフォースに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 インフォース
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
資本金 4825万6500円
設立年月 2003年07月
代表者氏名 代表取締役 濱松 毅
事業内容 Accessによる受託開発・改良・保守
AccessからSQL Server・Azure SQL Databaseへのアップサイジング
Accessの教育
その他インフラ構築等IT業界全般事業
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 12人
平均年齢 41.3歳
本社所在地 東京都中央区新川2-3-7 浪商ビル5階
446018

株式会社 インフォース資本金4825万6500円設立年月日2003年07月従業員数12人

マイクロソフトお墨付きの技術力!Access開発で中小企業のDXを支援する開発会社。98%エンドユーザー直接取引。

この企業が募集している求人

×