お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

SEREAL 株式会社の企業情報

441775

SEREAL 株式会社

デザインの力で世の中を変えるプロダクトを生み出す Design Startup Studio

“共闘型”の受託開発で収益を確保。デザインに強いスタートアップ

SEREAL株式会社は、デザインに強みを持つスタートアップスタジオである。スタートアップや新規事業におけるデジタルプロダクトの戦略策定からUI/ UXデザイン、MVP実装、初期マーケティング等、0から1を作り出すことを得意とする。拠点を置く福岡市を中心に、全国規模でビジネスを展開中だ。

事業やプロダクトの生み出し方は様々だが、同社では大きくスタートアップ事業、“共闘型”デザインパートナー事業、コラボ開発事業の三つに分類して展開している。

スタートアップ事業では、自社サービスを企画から開発、運営に至るまで、全て自社内で開発を行う。現在は2021年9月にファーストプロダクトとしてリリースしたデザイナー特化型のクラウドソーシング『1Design』の運営に注力。

“共闘型”デザインパートナー事業では、クライアントから引き合いが来たら、まずはオーダーを受けるかどうかの判断から始める。判断基準は世の中を変える可能性があるかどうか。イノベーティブであること、事業主体が世の中を変え得る素質があるかどうか、継続することができるかといった面を徹底的に検証し、可能性があると感じたものだけを受託する。その上で、開発の主導権を発注者に任せるのではなく、業界の勉強をして、ゼロから関わり、一緒に作って行くスタイルをとる。それが“共闘型”と謳う所以である。

「デジタルプロダクトに関しては、クライアントよりも我々の方がナレッジを持っていますので、ビジネスをデジタル化する上でより良いと思われる提言をし、議論しながら作っていきます。それによりクライアントと我々、双方のナレッジが融合したプロダクトが生まれます」(CEO・安達誠寛氏)

コラボ開発事業は、この共闘型の開発スタイルをさらに推し進めた共同サービス開発である。受託開発とは異なり、同社も事業主体の一部としてプロダクト創出により深く関わる。

誰と組むか、いかに組むかで、関わり方は多岐にわたる。事業実績のある中小企業や大企業と協業して事業を作って行くケースもあれば、スタートアップ企業や起業家を支援する形で作るケースもある。マーケティングや企画、デザイン、プログラミングといったスキルの提供だけではなく、共同出資の形で自己資金を投入し事業化していくケースもある。デザインパートナー事業が、作ったものに対して対価を得るのに対し、コラボ開発事業の場合は、収益化しなければ同社の利益は生まれない。リスクは高いが、その分、成功すれば大きなリターンが得られるのが大きな特徴である。

「これまでは世の中のニーズが明確だったため解決方法も明快で、簡単にプロダクトを作ることができました。しかし今は普通に作っているだけでは、既にあるものと同じようなものが生まれるだけです。VUCAの時代といわれる世の中において新しいものを作ろうとすると、従来型の制作スタイルでは対応できません。そこで今、弊社への引き合いが増えているという状況です」(安達氏)

436571同社は福岡市に拠点を置くスタートアップスタジオ。デザインを強みに、世の中を変え得るデジタルプロダクトの開発を行う。
435283創業は2015年。メンバーはパートナーをあわせて10人。
435303

目指すのは資金、場所の提供も含めた総合的な支援

安達氏がスタートアップスタジオを立ち上げたのは、それ以前にメディアやSNSの開発と運営を行うスタートアップベンチャーの創業に関わったことがきっかけだった。3名で設立した会社にデザイナーとして参画したものの、WEBやアプリのデザインは未経験。独学で試行錯誤しながら、「正しく作る」ことの難しさを感じたことが、後にSEREALを立ち上げるきっかけとなったのである。

「受託開発や共同開発におけるスタートアップスタジオの役割は、クライアントや共同開発者に適切なチャレンジをさせることです。作り手が思った通りに開発して、それで上手くいかなければ、元々思い描いていたこと自体が間違いなので、次のチャレンジをしようという判断ができます。こういうものを作れば確実に受けそうだというものをきちんと定義して思い通りに開発する。これが意外に難しい。前職の経験では、まさにそれを痛感しました」(安達氏)

同じようなことで苦しむスタートアップが存在するに違いない。その問題を解決する技術や知識を体系化して提供する会社が求められている。そう考えた安達氏は、自身が考えていることに近い業態がないかをリサーチ。その中で見つけたのが、北米等の海外で台頭していた"スタートアップスタジオ"という存在だった。それを機に、他のスタートアップ企業と積極的にプロジェクトを組み、実践を積みながら経験したことを体系化し、現在の3事業を展開するに至ったのである。

この間、安達氏の考えに共感して参画するメンバーが徐々に増え、2020年1月には法人化も果たしている。“共闘型”デザインパートナー事業を中心に業績も好調だ。ただ、9割以上は失敗に終わるというスタートアップの性質上、成功の確率を高めるには、生み出すプロダクトの件数を増やしていく必要がある。運用フェーズのプロダクトも増えてきている。そこで同社は、UI/UXデザイナーやフロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、サーバーサイドエンジニアといった社内リソースを拡充するため、積極的な採用活動を行っているところだ。

「今後はスタジオとして成立させる必要があります。今、プロダクトを作ることに関しては、ナレッジはありますので、後はできる人を増やすだけです。次にお金です。スタートアップ企業にお金も供給するためのファンドも作りたいと考えています。さらにスタートアップは場所の確保も課題です。広い場所を借りてインキュベーション施設のようなのを作り、起業家を誘致することも計画しています」

435293今後は"スタートアップスタジオ"としてのキャパシティを増やすため、ファンド設立やインキュベーション施設の開設を進めていく。
435295現在引き合いが急増しており、会社の規模拡大のためにも新たなメンバーを募集する。
435306

必要ならやれば良い。求めるのは失敗を恐れずチャレンジするマインド

2021年11月現在、SEREALでは、デザイナー、エンジニア合わせて約10名のメンバーが、“世の中を変えるデザインをする”というミッションと、“自らルールを変え、新しい価値をつくる存在でいる”というマインドを共有しながら活動している。全員がルールを変えて新しい価値観を作ることや変化することに貪欲なメンバーである。ミッションやマインドに基づけば、自らがイノベーションを起こせる組織を指向することとなるため、必然的に忖度のないフラットな組織が形成されている。

「法人化して2年目。いずれ組織作りにも着手しなければいけませんが、まずは事業として成立させることが先です。逆に言えば、今のSEREALは、参加するメンバーの意識次第でどのような形にでも変えることができます。組織作りだけではなく、事業を作りたいと思えば作ることも可能です。自ら環境を作り、環境によって自らを変える。既に出来上がったものがないと働けないというタイプの人には厳しいと思います」(安達氏)

COO・奥屋孝太郎氏も続けて語る。

「大きな会社では一つ行動するにも全て承認が必要です。今のSEREALでは、自分の中でできることならやればいいし、自分でできないような大きなことなら人を巻き込んでいけば良い。不確実性や新規性、抽象度が高い状態でも、失敗を恐れずにチャレンジができる。そういった人物を求めています」

採用の際に重視するのはスキルよりも、そういったマインドの面だ。新しいものや変化に対する抵抗がないこと、諦めずに忍耐強く取り組むことができること。デザインやエンジニアリングに対する過去の経験や実績等はほとんど気にしない。実際、異業種から転職してエンジニアになった社員や、社会人未経験で入社してUIデザイナーとして活躍している社員も在籍する。

「SEREALが求めるような人材には、会社に属さないと生きていけないという人はおそらくいません。未経験でもどうにかする人はできてしまう。なぜ会社でやるのかというと、量的な限界があるからです。スタートアップスタジオの価値は、パートナーを上場させることです。しかし実際に上場できる会社は、100社あるうちのせいぜい1社か2社です。だから数をこなさなければいけません。一人なら一生かけても100社やれるかどうかでしょう。上場させられる可能性は極めて低い。またできる範囲も限られています。例えばデザインだけできても、開発ができなければプロダクトは生まれません。0→1でスタートアップを成功させたいと想う人は、是非SEREALに参画してください」(安達氏)

オフィスは、コワーキングスペースやカフェとして一般に解放されるフリーな空間。そこに毎日通うメンバーもいれば、普段はリモートで働くメンバーもいる。地元福岡だけではなく、地方からジョインするメンバーもいて働き方も極めて自由だ。ミッションやマインドの共有ができれば、経験やスキルはもちろん、国籍や学歴等にも囚われず活躍ができる環境が魅力である。

435274同社のオフィスはコワーキングスペースとなっており、開放的で働きやすい環境だ。
435282異業種からの転職や未経験者でも活躍しているメンバーは多い。採用時にはスキルよりもマインドを重視する。
435307

SEREAL 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、SEREAL 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 SEREAL 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 ¥5,000,000
設立年月 2020年01月
代表者氏名 安達 誠寛
事業内容 プロダクト開発事業
UIUXデザイン事業
コミュニティ運営事業
カフェ事業
投資事業
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 10人
本社所在地 福岡県福岡市中央区今泉1-21-2 ステージ天神III 1F
441775

SEREAL 株式会社資本金¥5,000,000設立年月日2020年01月従業員数10人

デザインの力で世の中を変えるプロダクトを生み出す Design Startup Studio

×