お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

アレスカジャパン 株式会社の企業情報

434500

アレスカジャパン 株式会社

「コンテナ式植物工場」のグローバル展開で、社会問題の解決に挑むアグリテックベンチャー

どこにいても、安全でみずみずしい野菜を育てられる環境を、ITの力で実現する

世界には、新鮮な野菜が手に入らない国が山ほどある。日本では、近所のスーパーに行けば、色とりどりの野菜や果物がずらっと並んでいるが、それは世界共通の光景ではないのだ。例えば、中東やアフリカは荒れた土地や砂漠が占めているため、野菜が育ちにくい。中国では食品の安全性がたびたび問題になっており、野菜を洗うための洗剤が売れている。北欧は日照時間が短く平均気温も低いため、野菜を育てられる期間が少ない。

そうした国の人々へ「採れたての安全で栄養価の高い野菜を食べてほしい」という想いから、AgriTech企業のAlesca Life(アレスカライフ)は設立された。アレスカジャパン株式会社はその日本法人である。東京・虎ノ門を拠点に、北京やドバイにあるグループの各支社と連携しながら、世界に次世代農業ソリューションを提供している。

同社が手がけるのは、リサイクルコンテナを利用した「コンテナ式植物工場」や、農業の自動化を支援するシステムの開発である。育成場所に合わせた気温・湿度の管理、水やりなどを自動化し、生育状態を常に監視することで、安定的な野菜の生産を可能にする。遺伝子組み換えなし、無農薬など安全な野菜づくりにもこだわっている。主な顧客は、中国、中東、アフリカ、北欧など。レストランやホテル、政府機関や大手企業などへ、植物工場のシステムや生産した野菜を販売している。

こうした植物工場に参入している競合企業も少なくないが、同社ならではの強みは、小さなコンテナ一つからスモールスタートができる圧倒的な導入のしやすさにある。普通、植物工場をつくるとなると、広い土地と大規模な建設工事が必要だ。大手の食品メーカーや不動産会社で植物工場を展開しているところもあるが、その建設には億単位の費用がかかっている。ところが、それだけの費用をかけても、収穫できる野菜の単価は低い。そのため、コストと収益のバランスを取ることが難しいのだ。

その点、同社のコンテナ型植物工場であれば、コンテナを置く場所さえ確保すれば安価で導入できる。野菜の収穫量を増やしたいときも追加工事は最小限で、コンテナを増やせば良い。「せっかく植物工場を導入しても、ビジネスとして軌道に乗らなければ事業の存続は難しい。我々のコンテナなら少ないリスクで参入できます」(日本法人代表・片桐規次氏)

世界の食糧危機や食品安全の問題解決に挑み、リサイクルコンテナを積極的に活用するなど、SDGsの達成や環境負荷の軽減にも貢献している企業である。自分の経験や技術を社会に役立てたいと考えているエンジニアなら、大きなやりがいを感じられるだろう。

434532「採れたての安全で栄養価の高い野菜を食べてほしい」という想いから、AgriTech企業のAlesca Life(アレスカライフ)は設立された。同社はその日本法人である。
434518同社が手がけるのは、リサイクルコンテナを利用した「コンテナ式植物工場」や、農業の自動化を支援するシステムの開発である。育成場所に合わせた気温・湿度の管理、水やりなどを自動化し、生育状態を常に監視することで、安定的な野菜の生産を可能にする。
434540

海外拠点とのやりとりや海外出張もあり。グローバルに活躍するエンジニアを目指せる

今回、同社がエンジニアを増員する背景には、ニーズの高まりと事業拡大がある。「開発したいプロダクトが山ほどあるので、一緒にやってくれるエンジニアを広く集めたい」という片桐氏。現在、日本支社のスタッフは9名で、うち7名がエンジニア。1~2年のうちに40名体制にすることが目標だ。

グローバル展開していることから、「英語力が必要なのではないか」と、気になる転職者もいるだろう。しかし「それほど高い英語力は求めない」という。

「北京やドバイのエンジニアとチャットやメールでやりとりをするので、英語に抵抗はない方が良いですが、ネイティブ並みの会話ができる必要はありません。むしろ、今まさに英語を学んでいるという方や、これからグローバルな活躍を目指したい方の入り口として、ちょうど良いと思います」と片桐氏は語る。「仕事で英語は使いたいが、バリバリの外資系企業はちょっと敷居が高い…」と悩んでいるエンジニアにはピッタリの環境かもしれない。

また、北京やドバイ、海外の主要都市などへの海外出張の機会があることも同社で働く大きな魅力の一つだ。アレスカグループ全体として、社員の頑張りには『経験』で還元したいという想いがあるという。積極的に海外へ行かせることで、社員の成長やスキルアップを促していく方針なのだそうだ。

「アメリカなどの先進国なら、旅行や出張で訪れる機会があるかもしれませんが、新興国へ行ける機会はそうありません。スピーディーな成長に驚かされたり、宗教や文化の違いを理解できたりと、海外出張で得るものは多いと思います」(片桐氏)

また、同社に転職を希望する人はどんな人が多いのかを聞いてみると、
「大手企業で分業化された仕事をやっていた人が多いですね。例えば、前職ではコーディングだけ、設計だけ、インフラだけ…など、一つの仕事しか任せてもらえなかった方が、ご自身のスキルの幅を広げるために入社してくれています」という答えが返ってきた。

同社は、自社開発で独自のサービスを展開しているので、フロントエンドからバックエンド、インフラの構築からテストまで、社内ですべての工程を経験できる。また、AI関連の開発など先端技術に触れる機会もある。海外支社とのやりとりが多いため、コミュニケーションスキルもアップするだろう。

「月に一度1on1ミーティングもやっているので、メンバーが目指したい姿をヒアリングし、一人ひとりにあった活躍の場を提供できるように仕事を任せていくようにしています」(片桐氏)

434511東京・虎ノ門を拠点に、北京やドバイにあるグループの各支社と連携しながら、世界に次世代農業ソリューションを提供している。
434506遺伝子組み換えなし、無農薬など安全な野菜づくりにもこだわっている。
434541

年齢や社歴に関係なく、自由に発言できる風通しのよい社風

同社が仕事を進める上で特に大切にしていることが「提案と実行」だ。チームのメンバーから「これをやってみたい」「このツールを使いたい」などの意見が出てくれば、「じゃあ、やってみよう!」と、どんどんやらせてみることが、同社のスタイルなのだそう。

「一度やってみて、ダメならやめれば良い、という感じですね。以前、素晴らしいアイデアが2つ出てきたことがあったので、2つともトライしてもらって、結果の良かった方を採用したこともありました。メンバーには失敗を恐れずに、何でもチャレンジしてもらいたいです」(片桐氏)

そうした土壌のおかげか、メンバーから積極的に「ディスカッションしませんか?」と、片桐氏に直接声をかけてきてくれるそうだ。採用担当の伊藤氏も、「当社には、自分の意見を出しやすい雰囲気がすごくあります。私も『とりあえず提案してみよう!』という気持ちになりますね」と話してくれた。

在宅勤務がメインだが、週1回は本社に出社して、みんなでランチをするなどコミュニケーションも活発で社内の雰囲気はとても明るい。また、農業を支援する仕事でありながら、実際に野菜に触れる機会をなかなか持てないエンジニア達のために、大学の植物工場見学や、芋掘りなどのイベントも開催しているという。「緊急事態宣言の発令もあり、今はこうしたイベントも年1回くらいしかできていませんが、今後はもっと増やしていきたいですね」と片桐氏。

また、同社には、もともと環境問題や農業に興味があって転職してくるメンバーもいるが、入社時に農業の知識はなくても大丈夫とのこと。「入社するまで野菜を触ったこともなかったのに、仕事を通して野菜づくりに目覚めたメンバーもいます。自分でミニトマトを栽培して、育つ様子の写真をチャットで送ってきてくれたりして…。そのときは、仕事を通して興味を広げてくれたんだなあ、とうれしくなりましたね」と、片桐氏。同社の温かい雰囲気がよく分かるエピソードだ。

平均残業時間は20時間程度。育児休業後に復帰した社員もいて、今は子育てをしながら時短勤務で頑張っているそう。家庭やプライベートも大切にしながら、長く働ける環境を整備していきたいとのこと。今後はオフィスの拡張や、新卒採用もしていく予定だ。採用担当の伊藤氏は「私もエンジニアが働きやすい職場をつくっていきたいです」と笑顔で語ってくれた。

「エンジニアとして幅広く学べる環境は整っています。社会貢献とビジネスを両立させて働きたい方はぜひ一度ご連絡ください。一緒に農業を通して面白いチャレンジをしていきましょう」(片桐氏)

434522同社が仕事を進める上で特に大切にしていることが「提案と実行」だ。チームのメンバーから「これをやってみたい」「このツールを使いたい」などの意見が出てくれば、「じゃあ、やってみよう!」と、どんどんやらせてみることが、同社のスタイル。
434514在宅勤務がメインだが、週1回は本社に出社して、みんなでランチをするなどコミュニケーションも活発で社内の雰囲気はとても明るい。
434542

アレスカジャパン 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、アレスカジャパン 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 アレスカジャパン 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
製造・メーカー系 >  食料品・日用品・雑貨・文具
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 外資系
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
設立年月 2017年10月
代表者氏名 代表取締役 片桐 規次
事業内容 「IT x 植物工場」の製品を設計、開発、運用し、現在世界展開を進めている外資系スタートアップAlesca Lifeの日本支社
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 9人
本社所在地 東京都港区虎ノ門4-3-1
城山トラストタワー4F
434500

アレスカジャパン 株式会社資本金設立年月日2017年10月従業員数9人

「コンテナ式植物工場」のグローバル展開で、社会問題の解決に挑むアグリテックベンチャー

この企業が募集している求人

430704
<世界が注目する農業テック>インフラエンジニアとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
インフラエンジニア

【業務内容】 ・関係するチームやお客様との打合せを行い、新クラウドシステムのインフラ設計、構築、資料作成 ・企業向けクラウドサービス上にサーバとネットワークの構築と運用 ・Blockchainインフラストラクチャーの構築と運用 ・サーバへWebアプリケーション、データベースの構築と運用 ・パブリック、プライベートクラウドの開発サポート(モバイルアプリケーション含む) ・クラウド基...

430704
<世界が注目する農業テック> AI機械学習エンジニアとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
AI機械学習エンジニア

【業務内容】 ・関係するチームやお客様との複数回の打合せを行い、AI、機械学習システムの提案、設計、構築、運用 ・機械学習アルゴリズムの検討 ・システム要件の資料作成 ・パブリック、プライベートクラウドの開発、運用サポート(モバイルアプリケーション含む) ・クラウド基盤のメンテナンス、監視とミドルウェアのバージョンアップ 【ポジション・当社の特徴】 ・英語でのミーティングや...

430704
<世界が注目する農業テック>プロジェクトリードエンジニアとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
プロジェクトリードエンジニア

【業務内容】 ・システム開発プロジェクトの計画、推進、管理 ・システムの設計から製造、検証、デプロイ、メンテナンス ・アーキテクチャ設計、概要設計、詳細設計、データベース設計 ・要件定義の管理 ・開発チームのマネジメント ・Technical lead ・ドキュメント、ソースコードのレビュー ・他の開発チームとの連携 ・進捗、品質のレポート ・メンバーの教育、配置 ...

430719
<世界が注目する農業テック> モバイル開発エンジニアとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
モバイル開発エンジニア

【業務内容】 ・関係するチームやお客様との複数回の打合せを行いながらのモバイルアプリの開発 ・クラウド基盤のメンテナンス、監視サポートとアプリケーションのバージョンアップ ・ユーザの利用状況の分析と改善の推進 ・概要/詳細設計からテスト、デプロイ、メンテナンス ・UI/UX設計 *チームリーダー候補として将来的にチーム作りをお任せする可能性があります。 【ポジション・当社の...

434170
<世界が注目する農業テック>商品企画開発担当として「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
商品企画開発

【業務内容】 ・Web、AI、機械学習およびモバイルアプリケーションの商品企画立案、開発、提案書作成 ・開発チームおよび営業/カスタマーサクセスチームとの連携(フィードバックや特注など) ・市場調査、トレンド分析、商品アイデア構想、試作他 ・既存顧客への立上支援活動やヒアリング活動 ・KPIの提案、作成、導入 ・チームメンバーのリード ・マネジメントチームへのプレゼンテーション...

434170
<世界が注目する農業テック>情報システム社内SEとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
情報システム社内SE

【業務内容】 ・関係するチームから要望や現状をヒアリングし、社内IT規約の作成と更新 ・業務で利用するツールの検討、提案、選定、導入、運用、保守 ・ウイルスソフトの運用、管理 ・Active Directory の導入、運用、検討 ・社内システムの資料作成 ・従業員のLaptop管理 ・OS、ソフトウェアライセンス管理 ・DNS、メール、シェアフォルダーの運用、管理 ・経理...

434172
<世界が注目する農業テック> DevOpsエンジニアとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
DevOpsエンジニア

【業務内容】 システム開発の設計から製造、検証・デプロイ・メンテナンスをお任せします。 ・関係するチームやお客様との複数回の打合せを行い、新クラウドアプリケーションの設計 ・システム要件の資料作成 ・パブリック、プライベートクラウドアプリケーションの開発(モバイルアプリケーション含む) ・クラウド基盤のメンテナンス、監視サポートとアプリケーションのバージョンアップ *将来的に...

430704
<世界が注目する農業テック>営業兼務カスタマーサクセスとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
営業兼務カスタマーサクセス

【業務内容】 営業職とカスタマーサクセス(セールスエンジニア)職を兼務し、新規顧客開拓から導入後のお客様フォローアップをお願いします。 *チームリーダー候補として、将来的にチームマネジメントをお任せする可能性があります。 [営業職] ・日本市場における新規顧客獲得 ・Webおよびモバイルアプリケーションのソリューション提案 ・シナジーが産まれるパートナー企業の調査及び契約 ...

430704
<世界が注目する農業テック>QAエンジニアとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
QAエンジニア

【業務内容】 ・プロダクト(ITシステム、クラウドサービス)の品質保証、品質管理 ・QA/QCチームのマネジメント ・テスト計画、管理、内容のレビュー ・テスト報告からの合否判定 ・テスト自動化計画 ・不具合管理、不具合分析 ・Bug Ticket発行、確認 ・現場からの不具合レポートの一次対応 *将来的にはリーダーとして、チーム作りをお任せする可能性があります。 【...

434170
<世界が注目する農業テック>アプリケーション開発エンジニアとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
アプリケーション開発エンジニア

【業務内容】 ・関係するチームやお客様との複数回の打合せを行い、新クラウドアプリケーションの設計 ・システム要件の資料作成 ・パブリック、プライベートクラウドアプリケーションの開発(モバイルアプリケーション含む) ・クラウド基盤のメンテナンス、監視サポートとアプリケーションのバージョンアップ *チームリーダー候補として、将来的にチーム作りをお任せする可能性があります。 【ポジ...

434185
<世界が注目する農業テック>バックオフィスから「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
総務、会計、人事業務(バックオフィス)

【業務内容】 総務、会計、人事業務を幅広く担当いただく方を募集致します。 スタートアップのため、一人で何役もこなす必要がありますが、 会社規模が大きくなるタイミングで、希望を聞き、仕事の細分化を検討しています。 【総務】 ・社会保険の手続き(雇用保険、労働保険、厚生年金、健康保険) ・備品発注・登録・管理 ・郵便物管理 ・請求書処理 ・業者との打ち合わせ ・その他総務...

430719
<世界が注目する農業テック>フロントエンドエンジニアとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
フロントエンドエンジニア

【業務内容】 ・関係するチームやお客様との複数回の打合せを行いながらの当社サービスシステムのフロントエンド設計、開発 ・システム要件の資料作成、実装、ビルド、テスト ・クラウド基盤のメンテナンス、監視サポートとアプリケーションのバージョンアップ *チームリーダー候補として将来的にチーム作りをお任せする可能性があります。 【ポジション・当社の特徴】 ・英語でのミーティングや年間...

434172
<世界が注目する農業テック> DevOpsシニアエンジニアとして「世界の食糧問題」に本気で取り組んでみませんか?
DevOpsシニアエンジニア

【業務内容】 チームリーダー候補としてご活躍いただきます。将来的にはチームマネジメントをお任せする可能性があります。 ・関係するチームやお客様との複数回の打合せを行い、新クラウドアプリケーションの設計 ・システム要件の資料作成 ・パブリック、プライベートクラウドアプリケーションの開発(モバイルアプリケーション含む) ・クラウド基盤のメンテナンス、監視サポートとアプリケーションの...

残り10求人をみる
×