お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 AzuRoの企業情報

424234

株式会社 AzuRo

インフルエンサーとコラボし、無限の可能性を生むデジタルマーケティングを!

人の力を最大限に生かしたデジタルマーケティングで、顧客に新しい価値を

株式会社AzuRo(以下同社)は、インターネットをはじめ、デジタル領域を主戦場としたマーケティング事業を展開している会社である。代表取締役を務める岡ファビオ氏は、元Jリーガーという、業界ではかなり異色の経歴を持つ人物だ。現在は岡ファビオ氏を含め、5名の有志が集まって事業を運営している。

2015年に設立した同社は、当初様々なメディアの収益化に貢献するアドテクノロジー事業(広告配信の効率を上げるためのシステムを使ったコンサルティング)を中軸に創業期の経営基盤を築いた。多くのアドテクノロジー事業者が、メディアの広告枠販売や広告収益最大化を支援する自動化ツールに依存したコンサルティングに終始する中、同社はテクノロジーにプラスして「人」にしか生み出せない価値を付け加え、顧客(メディア)からの評価を獲得していったという。このことについて、岡ファビオ氏と共に創業期を築いてきたデジタルマーケティング事業部の竹花雄貴氏は次のように述べている。

「私達は人の目を大事にし、顧客との会話の中からシステムではサポートしきれない課題を見つけ、それに合った提案を地道に行ってきました。人を重視するスタイルは、当社の成長を支える原動力になっています」(竹花氏)。

スタートアップ以降、業績を右肩上がりで伸ばしてきた同社の事業は、3年ほど経った時期に大きな転機を迎える。

「ある時にスーパーカーを購入したファビオがYouTubeで情報発信したところ、視聴回数が跳ね上がったのです。その後もアップした車関係の動画が次々とバズり、それをきっかけにYouTuberという当時ではまだ珍しさがあった市場に本格的に参画するようになりました。それからはYouTubeを軸に、様々なSNSの運用ノウハウを蓄え、それからは企業経営層からマーケティングを手伝ってほしいという相談をいただけるようになりました。これは次の事業の柱になると社内のメンバー達と確信したのがデジタルマーケティングを始めたきっかけになっています」(竹花氏)。

424244同社は元Jリーガーであり、ユーチューバーとしての顔も持つ岡ファビオ氏を代表とするデジタルマーケティング企業である。
424254人とのつながりを大切にする同社は、YouTube・Instagram・TikTokなどで強力な情報発信力を持つインフルエンサーや経営者層と築いた人脈ネットワークを活かし、クルーザーや結婚式、家具などのコンシューマ向け商材を次々と世の中に発信するためのマーケティングを支援している。
424257

多様な経歴を持つメンバーのフラットな意見が、クリエイティブの可能性を広げる

アドテクノロジー事業で積み上げてきた「人にしか生み出せない価値提供」は、顧客・ユーザーにより一層迫るtoC商材のデジタルマーケティングに舞台を移すことで、さらに威力を発揮する。商品・サービスにかける顧客の想いや事業課題に深く入り込み、広告のみならず、WebサイトのリニューアルやSNSの運用戦略まで、デジタル・クリエイティブ全般を偏りなく提案する当社のスタンスは高く評価され、瞬く間にメイン事業に成長した。現在はクルーザーや結婚式場、家具等、様々な高級商材のマーケティング活動を支援している。

「今後も多くの人との出会いを起点に、顧客の商品・サービスを世に広めるマーケティングチームをつくりたいと考えています。そのためには私達と一緒に頑張ってくれる新しい仲間が必要です」(竹花氏)。

今後に向けて同社が最も必要としている人材は、Webディレクターと広告・SNS運用だ。Webディレクターに関しては、フロント・バックエンドエンジニアと連携しながら制作・クリエイティブができる人材。広告・SNS運用に関しては、マーケティング戦略に合わせたGoogle広告やFacebook広告、SNS(YouTube・Instagram・TikTok等)の運用戦略・企画から入り、広告・SNS運用の観点からクリエイティブ側に提言できる人材が必要だという。

さらに同社では、様々な価値観を尊重しながら周囲から刺激を受けようとする人が望ましいと付け加える。というのも、同社が元サッカー選手のファビオ氏と竹花氏をはじめ、元看護士のアシスタント兼秘書、元芸能マネジャーの映像クリエイター等、Webとは縁遠いバックグラウンドを持つメンバーによってチームが成り立っているからだ。

「良い意味で顧客が抱える課題に対して、一方の意見に偏らないのが組織的な魅力だと思っています。デジタルマーケティングの会社はWeb・デジタル専門家の目線になってしまい、発想・アイデアにもバイアスが掛かってしまいがちです。その点当社では、フラットな目線で意見を出し合うことができます。だから自分にないものを柔軟に取り入れ、新しい価値提供に繋げていける人がジョインすれば、さらに面白いチームになるのではないでしょうか」(竹花氏)。

424247同社の業績は右肩上がりの一途だ。現在同社ではデジタルマーケティング事業のエンジンとなる人材の採用をスタートさせている。
424248普通に暮らしていては絶対に出会えないようなインフルエンサーと接点を持ち、シナジーを活かした企画提案ができるのが最大の醍醐味。
424256

強力な発信力を持つインフルエンサー達との出会いが大きな刺激になる

竹花氏いわく、同社の環境面の魅力として、多くの人との出会いから得る刺激があるという。これは人付き合いを大切にするファビオ氏の人間性と、もう一つの顔であるユーチューバーとしての活動が大きく影響している。

ファビオ氏は19万人近くのチャンネル登録者を持つ「ファビオちゃんねる」を運営している。スーパーカーやクルーザー等、様々な動画コンテンツを通して人脈を広げ、新しい仕事の話に繋げているとのこと。同社が入っているビルの1Fミーティングルームには、著名なユーチューバー・ティックトッカー・インスタグラマーがひっきりなしに出入りしているという。

「色々な世界のインフルエンサーの皆さんと出会い、人と人の繋がりをつくる。相乗効果によって今までになかったインスピレーションが化学反応的に生まれることもあります。こうした場に参加できるのは、ワクワクとしか言いようがありません」(竹花氏)。

インフルエンサーが生み出すビジネススケールは無限大だ。同社のデジタルマーケティング事業は、眠っている凄い商品・サービスにスポットを当て、顧客やインフルエンサーと一緒になって世の中に発信できるのが強みだ。Webディレクターであれば、サイトをつくって納品して終わりではなく、プロデューサーのようにビジネスを仕掛ける醍醐味が味わえる。

同社が大切にする組織のあり方は、ひと言で表現するならば「チームワーク」である。10代から20代中盤までサッカーに没頭する中で、チームプレーが生む価値を肌で感じてきたファビオ氏は、新しくジョインする仲間に次のようにメッセージを投げかける。

「私はメンバーを手駒のように使うボスになるつもりはありません。自分もチームの一員として先陣を切って走り、みんなからリーダーと呼ばれる存在になりたいと思っています。だからやってみたいことがあれば、周囲に忖度しないでどんどんチャレンジしてほしいですね。私達と一緒にどデカい仕事をしていきましょう!」(ファビオ氏)。

424251同社がWebディレクター・広告・SNS運用を採用するのは、2015年に設立してから初めての試みとなる。
424242数千万円・数億円という大きなインパクトを生み出す仕事がしたい方に、ぜひ注目してほしい企業である。
424260

株式会社 AzuRoに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 AzuRoに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 AzuRo
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • 平均年齢20代
資本金 1000万円
設立年月 2015年11月
代表者氏名 代表取締役 岡 ファビオ
事業内容 インターネットメディアレップ
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 5人
平均年齢 28.0歳
本社所在地 東京都港区麻布台3-5-5
424234

株式会社 AzuRo資本金1000万円設立年月日2015年11月従業員数5人

インフルエンサーとコラボし、無限の可能性を生むデジタルマーケティングを!

この企業が募集している求人

×