お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

Flair Consultingの採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

435082

株式会社 Flair Consulting

技術的難度の高い大規模インフラのプロジェクトに上流工程から参画。数々の実績を上げるFlair Consulting

大企業をクライアントとし、先端技術を必要とする大規模インフラのプロジェクトを主軸に上流工程から参画

株式会社Flair Consultingは、東京と北海道函館市に拠点を置き、ITインフラ事業と人財育成事業を展開している。

売上の大半を占めるITインフラ事業は、大手通信キャリア等の日本を代表する大企業や官公庁をクライアントとし、ITコンサルティング――企画、提案フェーズから設計、開発、導入まで幅広く受託。手掛けるプロジェクトもアーキテクチャの刷新や新技術導入等、高い技術力が求められるものが多く、国内初といえる事例が少なくない。例えば、Cisco社のMeraki機器を通じてBLE(Bluetooth Low Energy)によって取得するデータを自動で分析・解析するAPIの開発や、拠点立ち上げの迅速化・低コスト化を実現するネットワーク・サーバ機器構築の自動化といった自動化プロジェクトの実績も豊富だ。

「お客様からは、提案力や課題解決力、チームによって成果を出すところまでやり切る力を高く評価いただいています。おかげで、事業開始当初は2次請け、3次請けだったプロジェクトも、今では弊社チームを指名して声を掛けていただけるようになっています。プロジェクトによってはプライムベンダーを介した受託案件もありますが、その場合もお客様とは弊社が直接会話し、全てお任せ頂いています。」(代表取締役・橋口奈央氏)。

CTOである上杉氏は外資系メーカーで経験を積んだ後、ベンダーの立ち位置へ移りメガバンク向けシステム構築案件、大企業のアーキテクトとして上流工程から参画する等、実績を積む。その後、FlairConsultingの立ち上げに関わり、大企業を対象としたITコンサルタントとしている。受託プロジェクトにおいては「成果が出なければ0円でいい」というシビアな条件を自らに課して、スキルの向上に努めてきたそうだ。その頃から磨いてきた高い技術力と結果に強くこだわる責任感から、取引先から厚い信頼を寄せられているのだろう。

もう一つの柱である人財育成事業の運営スタイルも特徴的だ。
「人財育成事業を通じて提供している研修とは、人材を一企業の歯車として組み込むことを目的としたものではなく、どのような社会、経済状況でも活躍できる人財、自ら仕事を楽しみ成果へ繋げていける自主性とビジネススキルを育むことを目的としています。そのため、民間の企業様からの依頼は受けておらず、市役所が民間向けに提供しているセミナー等、公的機関の依頼に絞って活動しています」(橋口氏)。

函館市から委託して始めた『フェミール』という事業もあるのだが、これも出産や育児等の事情によって仕事から離れていた女性の再就業を支援する事業であり、同社の人財育成方針にブレはない。

435083日本を代表する大企業の大規模インフラのプロジェクトにおいて企画・提案フェーズから任されている同社。
435093これまでに技術的難易度の高い先端案件において数々の成果を上げてきた。
435085

ワールドワイドで10年後も通用するエンジニアを育てるためにも、技術的難易度の高い案件に挑戦

人財育成事業が確固たる考えの下で運営されているのと同様、ITインフラ事業において技術的難易度の高いプロジェクトに積極的に挑戦することにも明確な考えがある。
「他の産業に比べれば、ITは歴史の浅い業界です。しかし、ITが今後の社会や経済、ビジネスの中心を担っていくことは間違いないでしょう。ところが、日本はその技術においてワールドワイドで大きく後れを取っています。私は、この状況に危機感を抱いているのです。そのため、当社の社員達には5年後、10年後に世界で通用するエンジニアへと成長してもらうため、技術的に高いレベルを求められるプロジェクトに積極的に参画して、密度の濃い経験を積んでほしいと思っています」(上杉氏)。

今後、AIの進展によって、自分の考えをもたない単なる作業員は機械に取って代わられるといわれている。しかし、その時代になってもクライアントの課題解決に結び付くITソリューションを考え出せる人材、次々と生まれる新技術を見極めて有用なものをシステムに組み込んでいける人材が必要とされる状況は変わらない。むしろ、その価値はますます高まっていくはずだ。上杉氏は、これからのIT業界で必要とされるそのような人材を育成していきたい。そして、Flair Consultingが高いスキルを備えたエンジニア集団となることで、クライアントとの信頼関係をより強固なものとし、事業の拡大に繋げていきたいのだと語る。

「2019年にグループ会社を立ち上げてプロジェクトメンバーは充足させることができつつあります。一方で、プロジェクトのかじ取りができる人材は足りていません。ありがたいことに、お客様からは様々なプロジェクトの打診がありますが、私の右腕、左腕となってプロジェクトを回せる人材が不足しているばかりに、お客様の期待に応えきれていない状況なのです。また、今後はプレイングマネージャーとしてプロジェクトを任せられるメンバーを増やして、事業の拡大を加速したいとも考えています。この考えを実現していくために新たな仲間を求めています」

435086技術力や課題解決力をクライアントから高く評価されている。
435087同社が目指している組織の在り方は、複雑さを増していくビジネス環境において、クライアントの多様な要望に応え、課題を解決できる組織であり、そのことによってクライアントから選ばれる組織である。
435091

グロバールに活躍できるエンジニアに成長できます

Flair Consultingが目指している組織の在り方は、①最大20名規模の少数精鋭エンジニア集団、②機動力と対応力のある小規模・独立系SIer、③グローバルに活躍するハイスキルエンジニア集団、④個ではなく、チームで成果を生み出すチーム志向だ。つまり、複雑さを増していくビジネス環境において、クライアントの多様な要望に応え、課題を解決できる組織であり、そのことによってクライアントから選ばれる組織である。

そのためには、外資や海外のような競争社会に身を置いても生き残っていける人材、成果を重要視してその最大化を追求していける人材であってほしいと上杉氏は語る。
「そのモチベーションを高いレベルで維持できるのであれば、成果を追求する理由が『稼ぎたい』であっても構いません。実際、成果を出しているメンバーは稼ぎたいからという理由が少なくなく、当社は成果に連動して報酬が決まるため、前職・前年度と比べて給与が数百万円上がったメンバーもいます」

また、チームとして成果を出すことを重視しているため、メンバー同士の連携もいいという。
「よくある仕事が出来る人に偏って業務が集中する、次から次に業務がまいこんできてゴールが見えない状態ではなく、一人一人がやるべき業務が予め分かっているので、ゴールをイメージしてスケジュールを組むことが出来、オンとオフの切り替え、仕事に集中すべき時は集中し、気を緩める時はメンバー同士で和気あいあいと談笑を楽しむといった感じです。メリハリのきいた働き方ができているのも、担当しているお客様との近さからくる責任の重大さをメンバー自身がよく理解しているからです」(橋口氏)。

ただし、初めから経験を積んだメンバーと同じように働くのは難しいかもしれない。そのため、「今のところできていなくても、当社が理想とするエンジニアのあり方を目指したいと思う気持ちを重視したい」と上杉氏は補足する。
「親のつもりでしっかり育てていくつもりです。親ですから必要な時は厳しいことも言いますが、家族としてどこに出しても恥ずかしくないエンジニアになれるよう、できるだけのことは教えていきます」

「上杉の右腕、左腕となって、会社をますます盛り立てていってもらいたいと思っています。興味のある方は一度お話ししましょう。お待ちしています」(橋口氏)。

435089同社はさらなる飛躍を実現するため、CTOの右腕となり得る人材を募集している。
435094外資や海外のような競争社会に身を置いても生き残っていける人材、成果を重要視してその最大化を追求していける人材を求めている。
435166

企業情報

会社名 株式会社 Flair Consulting
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 1000万円
設立年月 2011年02月
代表者氏名 代表取締役 橋口 奈央
事業内容 -各種コンサルタント
-大規模ITインフラ(ネットワーク・サーバ・DB)に特化した提案・設計・構築
-IT機器提案・販売
など
従業員数 10人
平均年齢 35.5歳
本社所在地 東京都港区港南1丁目9-36 NTTDATA品川ビル13F
435082

株式会社 Flair Consulting資本金1000万円設立年月日2011年02月従業員数10人

技術的難度の高い大規模インフラのプロジェクトに上流工程から参画。数々の実績を上げるFlair Consulting

この企業が募集している求人

×