お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

matsuri technologies 株式会社の企業情報

422258

matsuri technologies 株式会社

テクノロジー主導の新しい不動産モデルを提唱する、スマートシティスタートアップ企業

居住空間を科学し、再定義するリーディングカンパニーを目指す

東京・高田馬場にあるmatsuri technologies株式会社は、宿泊施設(民泊/ホテル)の運営や、マンスリーマンション事業等を展開している会社です。カスタマサポートから集客、清掃管理、物件管理、物件の仕入れ、開業までのインテリア手配、行政への申請まで、民泊領域におけるバリューチェーンのあらゆる側面をカバーしています。

自社開発のソフトウェアを軸に、民泊事業者としてアセットを持ち、ソフトウェアが生み出す差分を最大化する――。これがmatsuri technologiesの戦略です。ソフトウェアのみを開発するスタートアップではなく、法律への深い理解やファイナンスの活用等を強みに、自らアセットを保有し、運用しています。ソフトウェアが変えたものを社会に実装するために必要な要素は、全てmatsuri technologiesの事業領域に含まれているのです。

例えばAirbnbは、通常宿泊施設として提供できなかったユニークな空間をインターネットで貸し出せるようにしました。しかし、物件検索プラットフォームや決済基盤を提供しているだけで、リアルな空間を管理しているわけではありません。実際の民泊運営には、部屋の清掃、鍵の受け渡し、本人確認、行政対応等“泥臭い”実務が付いて回ります。

matsuri technologiesは、民泊管理システム、民泊運用の部分代行等、複数の事業で国内トップシェアを達成。また、民泊新法(※)に対応する「二毛作民泊運用(民泊とマンスリーの併用運用)」を開発し、新法成立後の運用モデルケースを提唱しました。さらに、無人での本人確認SaaSの提供や、国内初の民泊マンスリーファンドの運用(上場企業との資本業務提携)等も推進。適法化以後の民泊業界を、自社の民泊事業群と多数のパートナー企業との連携によりリードしています。
※住宅宿泊事業法(2018年6月施行)

代表取締役社長CEOを務める吉田圭汰氏は、大学在学中の2013年にIT企業を創業。2014年には国内最大級のアクセラレーターに選出されました。2015年には女性向けキュレーション事業を売却し、現在の注力分野である民泊分野の事業開発に集中。2016年に株式会社デジタルガレージの投資部門から出資を受け、同年8月にmatsuri technologiesを立ち上げています。

422270高田馬場本社にて、ここでは清掃管理の部門以外の全てのスタッフが勤務している。
*現在は一部リモートワークを実施しています。
422262自社物件で自らも民泊事業を手がける。
422281

コロナ禍で売り上げが激減するも、「ただでは転ばない姿勢」で再起

テクノロジー主導による、新しい不動産モデルのパイオニア企業、matsuri technologies。コストパフォーマンスの良い民泊やオンラインで完結するマンスリー住宅を提供し、テクノロジーで「たび」と「すまい」のカタチを変える活動を行っています。その事業オペレーションは複数のソフトウェアで最適化され、最小限の人数で最大の効果を引き出せるようチューニングされています。

matsuri technologiesのテクノロジーは、顧客エンゲージメントやカスタマサポート、集客、清掃管理まで、民泊ビジネスのあらゆる側面をカバー。各部署から上がってくるフィードバックをもとに、事業部と二人三脚でソフトウェアを継続的に改善。テクノロジーに重点を置くことで品質管理を維持しながら、顧客体験を効率的に最適化しています。

『m2m Systems』は、2021年9月時点でこれまで累計1万8000件を超えるAirbnbリスティングが登録された、国内最大級の民泊管理ツール群の総称です。複数アカウントを一括管理することができ、メッセージのやり取りや予約承認等を搭載。民泊業界のバリューチェーンを網羅し、『m2mシリーズ』としてブランディングしています。

民泊新法の下では、1年のうち180日までしか民泊として営業することができません。そこでmatsuri technologiesは「二毛作民泊」というモデルを提唱(商標取得済)し、民泊以外の期間を30日以上の住宅用マンスリーマンションとして活用しています。マンスリーマンションの集客については『Sumyca』というサイトを立ち上げ自社物件以外にも掲載企業を募り、プラットフォーム化をしています。

このマンスリーマンション事業では、新たなニーズを掘り起こすため、新たな切り口での販売に注目が集まっています。それが『一時帰国.com』や『おためし同棲』といったサービスで、2020年には『一時帰国.com』を含めて六つの新規サービスをスタートさせました。コロナ禍でインバウンドが来れず、物件が稼働しないと諦めるのではなく、新しい集客手法をどんどん実践していきました。

今後のmatsuri technologiesは、さらなる新規案件の事業スキーム・金融スキームの構築に取り組んでいきます。また、自社施設のブランディングや物件運用をより効率化できるようにプロダクトを強化・拡大させ、中長期的には、テクノロジーに接続された街並みを実装する新事業を量産していきます。

422273法律上、年間180日までとされている民泊物件に向けて、残りの日数をマンスリーマンションとして活用する新ビジネスを提唱。
422264民泊の産業化を目指して何でも“最初”に取り組んできた、民泊業界のパイオニア企業だ。
422282

「やること・やれること」の増加が、プロダクトの価値を向上させる

2021年9月時点の従業員は47名で、平均年齢は34歳、男女比は65:35の比率となっている。エンジニアの比率は全体の20%ほど。開発メンバーはほぼリファラルで採用しており、どのメンバーも皆、向上心が高いです。

ソフトウェア開発以外にも色々な部門があり、部門ごとに専門性を持ちながら、開発以外のメンバーもGAS(Google Apps Script)を使って業務改善に取り組む風土です。働き方はフレックスを導入し(コアタイム:12時~17時)、開発部では残業は非常に少ないです。

開発部の文化を言葉にするなら

「本質を探し続け、柔軟に考える」。
模索し、仮説を立て、探求し、また仮説を立て直す、という文化です。
また「小さく挑戦、素早く失敗」をモットーに、失敗→振り返り→フィードバック→再挑戦のサイクルを素早く回し、成長に繋げています。一連のソフトウェアライフサイクルを自分で回し、効率よくフィードバックを獲得していけるのが特長です。

メンバーの志向性は大きく3タイプ。一つは「大きな仕事に立ち向かえる人」で、仕事の振られ方が不明確でも、明確な目標を設定して前に進める人。二つ目は「技術に対して深く理解している人」。高い専門性や得意な技術領域があり、普段の開発でも徹底的な調査や原因究明に当たります。三つ目は「継続的に勉強し、それを周囲に拡散できる人」。日頃から技術トレンドのキャッチアップに努め、その道のエキスパートとして周囲のメンバーを励起します。

技術面では、モダンな技術を採用しつつ、良い開発体験を確保すること、かつ、スケールしやすいことを意識しています。また、「普通の技術で普通の開発をする」という考え方に重きを置いています。

求める人物像は、プロダクト指向の人です。
具体的には「プロダクトやプロジェクトをつくり、自分で回す」意志を持っている人のことです。matsuri technologiesはフルサイクル開発を行っているため、技術者として成長せざるを得ない環境でもあります。会社のグロースに合わせて、やること・やれることの幅が広がり、自分の価値が発現しやすい場所も見つかりやすいはずです。

422277ソフトウェアの開発ではフルサイクル開発をおこなっており、技術者として成長できる環境。
422261これまではリファラル採用だったが、プロダクト指向を持つ新しい人材を求めている。
422284

matsuri technologies 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、matsuri technologies 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 matsuri technologies 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
不動産・建設系 >  不動産賃貸・仲介・管理
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 4億267万8364円
設立年月 2016年08月
代表者氏名 代表取締役社長CEO 吉田 圭汰
事業内容 宿泊施設(民泊/ホテル)運営事業、マンスリー事業
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 47人
平均年齢 34.0歳
本社所在地 東京都新宿区高田馬場2-5-23第一桂城ビル4F
422258

matsuri technologies 株式会社資本金4億267万8364円設立年月日2016年08月従業員数47人

テクノロジー主導の新しい不動産モデルを提唱する、スマートシティスタートアップ企業

この企業が募集している求人

422265
【プロダクトマネージャー/年収700万〜900万円】テクノロジーで「たび」と「すまい」の形を変える!民泊事業やマンスリー事業を展開するスタートアップで活躍しませんか?
プロダクトマネージャー

matsuri technologiesは、コストパフォーマンスの良い民泊やオンラインで完結する住宅をお客様に提供する、テクノロジー主導の新しい不動産モデルのパイオニアです。私たちの使命は、テクノロジーで「たび」と「すまい」の形を変えること。当社のテクノロジーは、顧客エンゲージメントやカスタマサポート、集客、清掃管理まで、ビジネスのあらゆる側面をカバーしています。 今回は、開発チームの...

422265
【開発部VPoE/年収800万〜1000万円】テクノロジー主導の新しい不動産モデルをつくるパイオニア企業。開発環境を整備し、組織をリードするVPoEを募集!
開発部VPoE

matsuri technologiesは、コストパフォーマンスの良い民泊やオンラインで完結する住宅をお客様に提供する、テクノロジー主導の新しい不動産モデルのパイオニアです。私たちの使命は、テクノロジーで「たび」と「すまい」の形を変えること。当社のテクノロジーは、顧客エンゲージメントやカスタマサポート、集客、清掃管理まで、ビジネスのあらゆる側面をカバーしています。 今回は、開発組織とし...

422277
【フロントエンドエンジニア】民泊向けPMS、無人チェックイン、オンラインで完結する短期賃貸プラットフォームなどを展開。テクノロジー主導の新しい不動産モデルをつくるパイオニア企業!
フロントエンドエンジニア

matsuri technologiesは、コストパフォーマンスの良い民泊やオンラインで完結する住宅をお客様に提供する、テクノロジー主導の新しい不動産モデルのパイオニアです。私たちの使命は、テクノロジーで「たび」と「すまい」の形を変えること。当社のテクノロジーは、顧客エンゲージメントやカスタマサポート、集客、清掃管理まで、ビジネスのあらゆる側面をカバーしています。 <お任せしたい業務内...

422265
【バックエンドエンジニア/年収500万〜700万円】テクノロジーで「たび」と「すまい」の形を変える。新しい不動産モデルをつくるスマートシティスタートアップ企業!
バックエンドエンジニア

matsuri technologiesは、コストパフォーマンスの良い民泊やオンラインで完結する住宅をお客様に提供する、テクノロジー主導の新しい不動産モデルのパイオニアです。私たちの使命は、テクノロジーで「たび」と「すまい」の形を変えること。当社のテクノロジーは、顧客エンゲージメントやカスタマサポート、集客、清掃管理まで、ビジネスのあらゆる側面をカバーしています。 <お任せしたい業務内...

残り1求人をみる
×