お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

弁護士法人アディーレ法律事務所の企業情報

424068

弁護士法人アディーレ法律事務所

身近なリーガルサービスの実現を目指し大胆に挑戦を続ける弁護士事務所

まるでリーガルサービスのメガベンチャー。短期間でスケールした弁護士事務所

弁護士法人アディーレ法律事務所は、「弁護士をもっと身近な存在に」をミッションに、国内の弁護士法人では最多の60拠点以上を有し、全国各地から寄せられる相談に対応する弁護士事務所だ。所属弁護士は180人以上に上る。TVCM等でアディーレ(ラテン語で「身近な」の意味)という名前を聞いたことがある人も多いだろう。創業は2004年10月と比較的新しく、短期間で事業を拡大してきたその姿からは、「リーガルサービスのメガベンチャー」といった印象を受ける。弁護士法人としては異色、だが企業では当たり前の戦略を実行し、現在の姿になった。

「リーガルサービスをビジネスとして展開するのに一番大きなマーケットで、かつ企業法務等、主にtoBを手掛ける大手弁護士事務所が手を付けていない領域が、いわゆる『町弁』(主に地域住民の依頼を受ける個人~数人規模の弁護士事務所)が担っているtoCの相談、訴訟でした。訴訟件数のデータ等から、特に債務整理のマーケットが大きく、これを一般のビジネス志向で取り組んだら大きな事業になると考えました」と、起業の経緯を語るのは法務事業本部 部長の廣原壮二郎氏だ。創業間もない2006年に入所し、事務所の成長と共に歩んできた人物だ。

空白地帯を探すという、ビジネスでは当たり前の手法で債務整理領域に着目。さらに当時、アディーレが打ち出したのが「相談料無料」という画期的な戦略だった(今では多くの事務所が追随)。当時、料金表がなかった弁護士費用を明確化し、相談のハードルを下げた。そして、それを広く世に周知した。「かつては弁護士には広告規制がありましたが、ちょうど緩和したタイミングでした。一般企業と同様に新聞、テレビ、ラジオ、Webで宣伝し、ホームページにもいち早く取り組んでコンテンツを充実させました。資料請求もできて、請求すると債務整理の解説本が送られてきました。どこの企業もやっていますが、当時、弁護士事務所でこれをやっているところはありませんでした」(廣原氏)。

ブログを書き、メディアにも積極的に露出。多くの人にとって遠い存在だった弁護士事務所を身近にし、困りごとを相談すれば解決できるという認知を図った。「徹底して、啓蒙活動というマーケティング活動を行ったのです」と廣原氏。ベールに包まれていた弁護士事務所を、身近なリーガルサービスとして見える化した結果、どんどん顧客が増えた。

ビジネスならごく当たり前のことを弁護士事務所で。この柔軟な発想は今も変わらない。チャレンジする社風は、脈々と受け継がれている。

425527当事務所は「弁護士をもっと身近な存在に」をミッションとしている企業だ。(廣原氏)
425529国内の弁護士法人では最多の60拠点以上を有し、全国から寄せられる相談に対応する弁護士事務所。
424079

目的は法の力で困っている人を助けること。事業成長と社会貢献の両軸で発展

一方でアディーレは、決して「儲かるから」という理由だけで、債務整理のサービスを始めたわけではない。根底にあるのは、法律を使って困っている人に寄り添うこと。一貫して、「困っている時は、弁護士に相談していいんだ」という啓蒙に力を入れてきた。

今、多くの人は「過払い金返還請求はアディーレ」という謳い文句で、アディーレ法律事務所を認知しているかもしれない。過払い金返還請求とは、貸金業者に払い過ぎた利息を取り戻すこと。詳細は省くが、現在、ほかの弁護士事務所もこぞってこの領域に参入している。もとより債務整理に取り組んでいたアディーレも、ユーザーの関心を引くキャッチーなワードとして使っているが、あくまでもアディーレが手掛けているのは、多重債務で困っている多くの個人、零細企業等を助けるための「債務整理」だ。

債務整理からスタートし、その後も、困っている人の多い領域を選んで事業を展開。現在は交通事故被害者救済、B型肝炎の給付金請求、労働トラブル解決、家事事件等へとリーガルサービスを拡大している。アディーレの事業拡大、事業成長はそれだけ助かる人を増やすことに繋がる。これらの新たな領域の啓蒙活動=マーケティング活動として駆使しているのがWebだ。

TVCM等のマスで認知度を高める一方、それぞれの領域で困った人がアディーレにたどり着けるように、各領域のサービスサイトを作り込んだ。また、可能な限り、従来の弁護士事務所にはないアディーレ独自の切り口も加えた。「例えば交通事故被害者救済では、従来の損害賠償請求だけでなく、相談の場がなく困っている人が多い後遺障害の問題にも力を入れました。また、B型肝炎の給付金は請求して初めて認められ、受け取れるもの。国が積極的に周知活動をしているわけではないので、自分が当事者だと気付いていない人も多いです」と廣原氏。多くの人の、しかもあまり取り組まれてこなかった困りごとに向き合い、解決できる・権利を行使できるという気付きをもたらす。そのためにコンテンツを充実させ、同時にリスティング広告全盛期には沢山の関連ワードを買い付け、多くの人の目に触れるようにマーケティング施策を打った。

このような事業成長と、困っている人の救済という社会貢献の両軸で、アディーレは発展してきた。

4242072004年10月の創業以来、弁護士事務所としては異色、一般の会社では当たり前の事業手法を駆使し、短期間で大きく事業を拡大した。
424194一貫して注力してきたのが、困りごとは法の力で解決できると周知するマーケティング活動だ。
424080

ビジョン実現に向けWeb戦略やDXを推進中。提案大歓迎の風通しが良い環境

ビジョン実現のため、他所に先駆けてマーケティングに取り組んできたアディーレ。直近1年余りで、さらにそのギアを上げた。現在、従来のマスから、より個別性の高い戦略的なマーケティングへと舵を切っているところだ。これまでの誰もがリーガルサービスを受けられることの認知を図るフェーズから、今は、自分の困りごとに対してどのようなサービスがあるのか、よりピンポイントで具体的なサービスを周知、浸透させていくフェーズにある。

「法律も分岐して、リーガルサービスは多様化しています。同時にメディアも多様化し、昔はみんなテレビを見ていましたが、今は色々なメディアに人が散らばっている状況です。それらを分析し、緻密に展開していく必要があります」と廣原氏。サービスの多様化に伴い、百貨店型だったマーケティング戦略を専門店型へ。各サービスに必要な情報を盛り込んだ、詳しくて分かりやすい最高のコンテンツを作成し、コンテンツに導くためのマーケティング、広告を戦略立ててやっていく。

そのためにはマンパワーが必要だ。1年余り前に広報部内にWeb戦略課を新設。現在、仲間を募り、組織づくりの真っ最中だ。かつてマス広告に惜しみなく投資したように、Web戦略にもしっかりと予算をかけ、最新で最適なマーケティングツールも駆使し、最高の環境で取り組む。課内は活気に溢れ、普段の会話の中から生まれる様々なアイデアを次々と試しているところだ。

所内のDXも進む。リーガルサービスを、日本中の困っている人に届けるために、ITの力も駆使し、全社が一丸となって取り組んでいる。アディーレには、半ば偏見ではあるが、世の弁護士事務所にありそうな『先生がエラい』といったヒエラルキーもない。マーケティングもITも、バックオフィスもそれぞれのプロフェッショナルが集まり、互いにリスペクトし合う空気がある。役職や年齢の上下で遠慮し合うこともない。「提案は大歓迎です。提案がないとイノベーションは起きません。ウチのいいところは、提案に対して誰も面倒くさいと思わないところ。それぞれの見地からどんどん意見を言ってもらい、それを試し、向上させています」と廣原氏。

良いものをどんどん取り入れ、弁護士事務所としては大胆な手を打ち続けてきたのがアディーレだ。その精神をこれからも発揮し、さらに身近な一人ひとりに寄り添うリーガルサービスを構築する。この事業、環境に魅力を感じたら仲間に加わってほしい。

424204TVCM等のマスで認知を上げ、今後はより個別性の高いWebマーケティングを展開していく。
424209所内DXも推進し、ITの力でさらなる成長を目指す。
424076

弁護士法人アディーレ法律事務所に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、弁護士法人アディーレ法律事務所に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 弁護士法人アディーレ法律事務所
業界 サービス系 >  その他サービス系
設立年月 2005年04月
代表者氏名 代表社員弁護士 鈴木 淳巳
事業内容 ・ 債務整理(任意整理,自己破産,民事再生,過払金返還請求など)
・ 交通事故トラブル,家事事件,労働事件の法的支援
・ 医療分野への法的支援(B型肝炎の給付金請求)
・ 各種企業法務分野(法律顧問,契約書チェック,従業員の労務問題,コンプライアンスなど)
・ その他一般民事・商事など
従業員数 901人
本社所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60
424068

弁護士法人アディーレ法律事務所資本金設立年月日2005年04月従業員数901人

身近なリーガルサービスの実現を目指し大胆に挑戦を続ける弁護士事務所

この企業が募集している求人

424202
【Webディレクター】自社サービスサイト/社会貢献度の高いビジネス
Webディレクター

【概要】 幅広いリーガルサービスを提供する事務所のWebディレクターとして業務を行っていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■Webサイトの企画、運用管理 ■Webサイト制作のディレクション ■パートナー企業への発注/管理/ディレクション/クオリティ管理 ■制作スタッフ(デザイナー、エンジニア)ディレクション ■内外報告/管理のための資料作成 等 【仕事の魅力】 t...

424202
【フロントエンドエンジニア】自社WEBサイト/社会貢献度の高いビジネスです!
フロントエンドエンジニア

【概要】 フロントエンドエンジニアとして、下記の業務を行っていただきます。 【具体的な仕事内容】 自社サービスサイトのプログラミング/コーディング業務 今後のキャリアプランに応じて、リリース後の運用/改善(アクセス解析/ヒートマップ分析)等を一貫して行える環境のため、成果を上げるための分析まで担うこともできます。 サイトグロースのために、時にはディレクターと一緒にマーケティ...

424202
【Webライター】コンテンツ企画/toC向けリーガルサービス
Webライター

【概要】 当所WebサイトやYoutube、紙媒体などに掲載する主に個人向け法律サービスに関する記事やコンテンツの企画制作・編集・校正・リライト業務を担当いただきます。 (専門的な記事に関しては所属弁護士が執筆します) 【具体的な仕事内容】 弁護士が執筆した記事を一般の方にわかりやすい表現で編集・校正し、所内のWebディレクターやデザイナーと一緒にアディーレへの相談希望者や依頼検...

424202
【Salesforceアドミニストレーター】リモートワーク推進中/情報システム管理者
Salesforceアドミニストレーター

【概要】 所内Salesforceの構築・運用保守、連携する各システムの運用保守 【具体的な仕事内容】 導入済みのSalesforceのメンテナンスや、業務用件に基づいた管理、カスタマイズ、運営管理をお任せ致します。 【社内の雰囲気】 一般的には、雰囲気が堅苦しそうと思われがちな法律事務所。 しかし当事務所は、私服勤務のメンバーも多く、意見交換もしやすい明るい雰囲気です。...

424202
【Webマーケティング企画・ディレクター】自社サービスサイト/社会貢献度の高いビジネス
Webマーケター

【概要】 幅広いリーガルサービスを提供する事務所のWebマーケティング担当として業務を行っていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■Webサイトの企画、運用管理 ■Webサイト制作のディレクション ■パートナー企業への発注/管理/ディレクション/クオリティ管理 ■制作スタッフ(デザイナー、エンジニア)ディレクション ■内外報告/管理のための資料作成 等 【仕事の魅力】...

424202
【Webデザイナー】自社サービスサイト/社会貢献度の高いビジネス
Webデザイナー

【概要】 幅広いリーガルサービスを提供する事務所のWebデザイナーとして業務を行っていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■自社サービスサイトのWebデザイン/コーディング業務 ■広告用バナー素材の作成等 また、今後のキャリアプランなど希望に応じて、リリース後の運用/改善(アクセス解析/ヒートマップ分析)等を一貫して行える環境のため、成果を上げるための分析まで担うことも可能...

残り3求人をみる
×