お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 NTTスマイルエナジーの企業情報

413980

株式会社 NTTスマイルエナジー

ここには、笑顔を生み出す人のための空間があります

電力と通信の融合により再生可能エネルギーの拡大に貢献していくベンチャー企業が誕生

◆「通信」×「制御技術」でスマートグリット社会を目指す
2011年の東日本大震災で原発事故が発生したことをきっかけに、社会全体で原子力による環境汚染や、二酸化炭素排出による環境問題への関心が一気に加速しました。地球や人にコストのかかる主力電源構成となっている実態に対し、解決に向けた取り組みの重要性が指摘されだしたのです。
そういった背景をきっかけに、太陽光発電・風力発電などの再生可能エネルギーへの注目が高まり、社会的背景に後押しされ日本中に太陽光発電設備の設置が進みました。

しかしながら、太陽光発電設備の建設には広大な土地が必要となるため、地方や郊外に設置されることが大半であり、発電所オーナーが発電量の監視・管理をすることが難しい状況にありました。

そこで、制御技術に強みをもつオムロンと、通信技術に強みをもつNTT西日本の技術を融合し、生まれたのがNTTスマイルエナジーです。スマートグリッド社会の実現に貢献するため、2011年に創業いたしました。
※スマートグリッドとは:IT技術によって、供給側・需要側の双方から電力量をコントロールできる送電網のことです。リアルタイムで発電量・消費量を管理することで、効率的な電力供給が可能となります。

当社が設立当初から手掛けている太陽光発電所の遠隔監視サービス「エコめがね」は
発電所の遠隔監視を可能にしたIoTクラウドサービスです。

◆「IoTクラウドサービス」・「発電事業」を展開し、再生可能エネルギーの普及拡大に貢献しています
IoTクラウドサービス「エコめがね」は、発電量・消費電力の見える化に加え、発電診断やアラートメールにより発電状況を見守り、自家消費に応じたポイント還元等で省エネや太陽光発電の長期安定稼働をサポートするサービスです。2021年3月時点で約7.9万か所、約2.5GWの発電所に繋がっており、設備容量シェアは42%とトップシェアを誇っています(PVeye2021年5月号)。

発電事業では、学校や公共機関向けに無償で太陽光発電設備を設置し、災害時の自立電源をサポートすることで地域貢献を実現してきました。
2020年には法人向けに蓄電池付き太陽光発電設備の無償設置サービスの提供を開始しています。
太陽光発電の発電コストの低廉化に伴い、発電電力が購入電気料金より同等以下になる“グリッドパリティ”を迎え、発電した電力を売る「売電」から「自家消費」へシフトする動きが加速しています。

フロー型ビジネスであるエコめがねに加え、ストック型ビジネスとして発電事業も推進し、安定した事業運営を行っています。

414000
414005
414011

市場はすでに再生可能エネルギーへシフト、太陽光発電の成長は10年で1.8倍目標

◆拡大を続ける再生エネルギー市場(市場)
世界全体における再生可能エネルギーの割合は年々上昇し、年率10%の割合で増加を続けております。
2015年 1986 GW
2016年 2159 GW
2017年 2339 GW
2018年 2517 GW

日本における太陽光発電導入量は2020年時点で57GWですが、2030年には100GWが見込まれています。太陽光発電事業は、今後10年間で1.8倍の拡大が見込まれる成長産業です。
また、発電所の遠隔監視設備の導入率は全体の2割程度に留まっており、今後導入の余地が大幅に見込まれています。

◆全世界、日本でも再生可能エネルギーの拡大が最優先課題

日本だけでなく世界規模で温室効果ガスの削減取組が加速しています。
令資源エネルギー庁から発出されたエネルギー基本計画(素案)概要(※2)では、2030年のCO2削減目標が26%計画から46%へと改定され、再生可能エネルギーの割合も22~24%から36~38%目標へと改定されました。今後、国を挙げての取組加速が予想されます。

2030年時点の日本の主な再生可能エネルギーは、太陽光:約15%程度、風力:約6%程度、地熱:約1%程度、水力:約10%程度、バイオマス:約5%程度で、再生可能エネルギーの電源構成における太陽光発電の割合が最も高くなっています。
日本の発電環境で一番有効かつ実現可能性が高い発電方法は太陽光発電であり、今後いかに普及促進できるかが再生可能エネルギー導入拡大の鍵となります。

NTTスマイルエナジーはこの課題解決に貢献するべく、事業展開を行っております。

414001
413998
414154

NTTスマイルエナジーが日本の明日をつくる

◆発電に必要なサービスの提供・発電所の拡大取組で、日本をクリーン大国へ
世界の電力システムの潮流は3Dに向かっています。
3Dとは、
Decarbonization(脱炭素化)
Decentralization (分散化)
Digitalization(デジタル化)
であり、スマートシティの実現に向けて求められる要素です。

- 脱炭素化
IoTクラウドサービスによる分散された発電所の発電・消費電力の見える化により、電力がいつ・どこで・どのくらい生み出されているかを、リアルタイムで可視化・制御することで発電所の安定稼働支援が可能です。これにより、事業者は安心して発電設備を導入することが可能になり、太陽光発電の導入を後押しすることで再生可能エネルギーの割合を増加させることができます。結果として、日本、ひいては「地球環境を守る」ことに貢献できるのです。

- 分散化
これまでの電力の需給は、電力会社→消費者への一方向型の供給でしたが、災害等によるリスクが大きいため、双方向型の需給環境を普及させる必要があります。エコめがねを用いて発電所の安定稼働を図ることで、電力の分散化を促進し全体的な需給バランスの安定化へと繋げます。

- デジタル化
エコめがねの導入により、いつでも・どこでもクラウド上から電力の使用料・発電量を把握できます。また、点在する発電所に取り付けられた機器をIoT化し、一括制御することで1つの仮想発電所のように機能させる仕組みの構築を目指し、実証事業にも5期連続で参画しております。

近年ではSDGsが謳われ、社会的にも環境問題への意識が高まっておりますが、社内では以前から当たり前のようにその意識がありました。今後も環境問題の解決に邁進したいと考えています。

◆NTTグループ全体でスマートエネルギー事業の取組を推進
設立当初より筆頭株主はNTT西日本、次いでオムロン株式会社でしたが、2019年にNTTグループとして環境・エネルギー事業を更に推し進めるため設立された、新会社「NTTアノードエナジー」の傘下に入りました。グループの資金調達力・営業力・インフラ工事網などを活かしながら、これまでと変わらない使命感をもち事業に取り組んでいます。

◆スマイルエナジー「らしさ」を大切に
事業運営においては、サービス企画・開発・拡販をスピーディに行いながら、変化の多い再生可能エネルギー市場において9期連続増収増益を続けてきました。
これからも成長し続けるため、失敗と成功をスピーディに繰り返しながら全社一丸となって様々なことにチャレンジしてまいります。

スマイルエナジーらしさとは?(一例)
- 前例に捉われず。予定調和を排して。
- 『真面目に遊ぶ。』遊びとノリ。
- 知恵の結集(ホワイトボードや合宿の活用)。
- 議論・発散・限界点。やっつけ仕事でなく、汗かきも厭わず。こだわりもって。
- 常に目的志向で。『オンリーワンでナンバーワン』

413981
413990
414006

株式会社 NTTスマイルエナジーに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 NTTスマイルエナジーに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 NTTスマイルエナジー
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
製造・メーカー系 >  電気・電子・機械・半導体
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 1億円
設立年月 2011年06月
代表者氏名 武馬 雄一郎
事業内容 ■太陽光設備の遠隔監視サービス(エコめがね)の販売
■再生可能エネルギー発電事業 等
従業員数 127人
平均年齢 39.0歳
本社所在地 〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜2丁目6番18号 淀屋橋スクエア4階
413980

株式会社 NTTスマイルエナジー資本金1億円設立年月日2011年06月従業員数127人

ここには、笑顔を生み出す人のための空間があります

この企業が募集している求人

×