お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 エヌ・シー・エムの企業情報

411642

株式会社 エヌ・シー・エム

GIS(地理情報システム)の技術を有効活用し、エッセンシャルワーカーの支援を!

GIS(地理情報システム)をコア技術とした開発によって独自性を発揮する企業

株式会社エヌ・シー・エム(以下同社)は、GISをコア技術としたエンジニア集団である。GISとは地理情報をコンピューター上で可視化・管理する技術であり、身近なところでいうと、Webを使った地図検索サービスもGIS分野のソフトウェアサービスの一つとして挙げられる。

同社の代表取締役を務める柳田聡氏は、東京大学大学院で工学系博士課程を修了した土木工学博士だ。在学中の1985年、地図調整業界3社の共同出資を受け、地図情報のコンピューター処理(GIS)をビジネス化するために会社を設立した。それ以降、GISをコア技術に事業の裾野を広げてきた。

「設立当初は道路ネットワークデータを入力するシステムの開発が中心でしたが、データ基盤が整ってくると共に、徐々にどのように社会に利活用するのか?という事業フェーズに移行していきました」(柳田氏)。

現在は「業務支援システムの受託請負開発」と「パッケージ製品の開発・販売」の2軸で事業を展開し、大手SIerや大手建設コンサルタント、大手数値地図ベンダーとの取引により、豊富な開発・導入実績を積んできた。NTTデータとの共同開発によって生まれた最適ルート検索エンジン『eREX』は、同社の代表的な実績の一つである。

さらに同社は自社のセールスポイントとして、3タイプの企業の長所を掛け合わせた技術ソリューションを掲げている。
(1)技術を惜しみなく盛り込む「パッケージベンダー」
(2)ユーザーの要望に寄り添った開発を行う「受託請負開発」
(3)アイディア・企画・提案で能力を発揮する「コンサルタント」
これら3タイプの融合によって、川上から川下までオールインワンで提供できるのが体制面の強みになっている。

「パッケージに特化すると、売る方に意識がいってしまう。受託開発に特化すると、開発ツールを他社製に頼る場面が増えるので基礎技術に疎くなる。コンサルティングに特化すると、ソースコードに近いレベルでの技術的判断能力が育たない。つまりどれが欠けてもお客様の最高の満足は生まれないのです。パッケージベンダーが持つ独自の基礎技術を、受託型システムハウスが持つお客様の使い勝手重視の姿勢で、コンサルタントが持つ利活用のアイデアを添えて提供する。これが私達の目指すスタンスです」(柳田氏)。

411650(1)技術を惜しみなく盛り込む「パッケージベンダー」
(2)ユーザーの要望に寄り添った開発を行う「受託請負開発」
(3)アイディア・企画・提案で能力を発揮する「コンサルタント」
これら3タイプの企業文化の融合によって、高度なサービスの提供を目指す。
4116551985年に設立して以降、気心が知れた技術大好きのエンジニアが集まり、こじんまりとした規模感で経営してきた同社。
411665

エッセンシャルワーカーの業務を支援する技術ソリューションに力を入れたい

35年余りで同社が蓄積してきたGIS技術、特に道路ネットワーク解析のアルゴリズムと組合せ最適化の技術、幾何・図形演算アルゴリズムは、圧倒的な競争力を支える技術資源となっている。柳田氏いわく、基礎技術の全てを自前で開発しているとのこと。

「今は優秀なGISエンジン・ライブラリが溢れており、お金を出せばいくらでも入手できます。ただ自前開発主義の当社は、GIS関連の製品に関しては地図データ以外に購入したことがほとんどありません。これも基礎技術が蓄積された要因だと思います」(柳田氏)。

技術力を蓄積してきた一方で、柳田氏はある課題意識を持つようになった。それは「技術をどう社会に還元するか?」という視点だ。同社はこれまで高度な専門技術を磨きながらも、GIS技術という閉じられた世界の中で、気の合うエンジニア仲間が集まり、身の丈で事業を継続することを良しとしてきた。そこに考え方を根底から見つめ直す出来事が起きた。2020年初頭から始まったコロナ禍である。

「コロナ禍になって、最低限の社会インフラを維持させるエッセンシャルワーカーの重要性が浮き彫りになりました。私はこの状況を目の当たりにし、今まで自分達は技術の力で社会にどれだけ貢献できていたのか?GISという技術を有効活用すれば、労働人口の減少で悩むエッセンシャルワーカーの業務を支援できるのではないか?という気持ちが生まれたのです」(柳田氏)。

同社は今後、多くのエッセンシャルワーカーに支えられている物流業界や土木業界等に着目し、人・モノを運ぶ業務を効率化する技術ソリューションを展開するという。例えば物流なら「配車」、土木なら「重機・ドローン等の機械操作」といったように、GIS技術の利活用シーンは枚挙にいとまがないとのこと。

「技術はニッチに、目線は広く世の中に…という方向性です。広く社会に貢献するソリューション・製品を展開するためには、やはりそれに見合ったマンパワーと組織が欠かせません。技術を次の世代に繋げ、その技術を有効活用してほしいという思いから、今回エンジニアの本格的な中途採用に踏み切ることになりました」(柳田氏)。

411654今後は技術で世の中に貢献すべく、本格的に事業規模を拡張させようとしている。いわば第二創業期と捉えている。
412914そんな同社が今後の展開に向けて第一ステップとしているのは、次世代に向けた技術・ノウハウの伝承である。
413317

期待したいのは、マニアックな技術力よりも、学ぶ姿勢やコミュニケーション力

今後同社が事業を発展させる上で、どのような素養をもったエンジニアに仲間になってほしいのか。柳田氏は大きく二つの素養に触れている。

一つ目に求めているのは、学習意欲である。現時点では完成された高度な技術は求めていないとのこと。それよりも同社の核をなすGIS技術を素直に学ぶ姿勢や、分からない技術情報を調査する能力の方に期待しているという。
「入社後は地図描画の流れや座標等のGIS技術の基礎をはじめ、ロジカルに物事を考える力を伸ばせる問題を自前で用意し、私を含めこの道20年以上のベテランが1on1で指導します」(柳田氏)。

二つ目に求めているのは、自分の考えを相手に伝える、あるいは相手が伝えたいことをくみ取る、相互に意見を交わすといったコミュニケーション力である。
「社会の役に立つものを提供するためには、自分の世界に固執せず、適度な素直さと謙虚さを持って相手と対峙することが大切です」(柳田氏)。

こうした伸びしろ溢れる人材にとって、同社には絶好の成長機会がある。受託型システムハウスとして川上から川下まで経験できることに加え、さらにはパッケージベンダーとしては基礎技術の研究開発に、コンサルタントとしては企画・提案に携わるチャンスも。同社には唯一無二のコア技術を持つベテランエンジニアが、次世代に知識・ノウハウを伝承する準備ができている。

同社の人員構成は、社長の柳田氏を含めて7名。煩わしい上下関係は一切なく、これまでの歩みの中で、誰もが自由に議論を交わすカルチャーが根付いている。開発方針も社長の鶴の一声で決まってしまうことはない。柳田氏いわく、良い意味で誰からも社長と思われていないとのこと。

技術の力で、困っている誰かに使ってもらえるものを作りたい―。これはエンジニアとしての普遍的な欲求の一つではないだろうか。エッセンシャルワーカーの業務を支援する開発を通じて、社会に役立つ技術ソリューションを展開しようとしている同社。これまで蓄積した技術・ノウハウを次世代に託そうとしている今が、絶好のジョインのタイミングだといえる。

411646同社の人員構成は、社長の柳田氏を含めて7名。煩わしい上下関係は一切なく、これまでの歩みの中で、誰もが自由に議論を交わすカルチャーが根付いている。
412918同社には唯一無二のコア技術を持つベテランエンジニアが、次世代に知識・ノウハウを伝承する準備ができている。
413338

株式会社 エヌ・シー・エムに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 エヌ・シー・エムに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 エヌ・シー・エム
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
資本金 1000万円
設立年月 1985年03月
代表者氏名 代表取締役社長 柳田 聡
事業内容 ・受託ソフト開発
・コンサルテーション、受託研究
・自治体、官庁における業務支援アプリケーション開発
・GIS関連のパッケージソフトの開発・カスタマイズ・販売
・数値地図データ処理
従業員数 7人
本社所在地 東京都豊島区南大塚3-20-6 大塚FTビル5F
411642

株式会社 エヌ・シー・エム資本金1000万円設立年月日1985年03月従業員数7人

GIS(地理情報システム)の技術を有効活用し、エッセンシャルワーカーの支援を!

×