お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 LOGIC&MAGICの企業情報

411357

株式会社 LOGIC&MAGIC

ハイエンドなモーションキャプチャ技術を軸に 『バーチャル×リアル×リアルタイム』を追求する

3DCG・AR・リアルタイム収録・イベント運営等、様々なノウハウを集約

3DCG・モーションキャプチャを駆使したアニメーション・TV番組・ミュージックビデオ等の制作、リアルタイム収録を前提としたバーチャルYouTuber(以下、VTuber)によるARライブの企画・制作・運営を行う株式会社LOGIC&MAGIC。同社の事業の核となっているのは、都内最大級の撮影エリア(12×8×6メートル)、最新鋭のカメラ54台(VICON VantageV5)を誇るハイエンドモーションキャプチャスタジオ『TUNEDiD』(チューンディッド)だ。

元々『TUNEDiD』は株式会社ドワンゴの社内案件を手掛けるスタジオとして、2018年4月に稼働。その後、2019年11月に、株式会社ドワンゴから分社した株式会社LOGIC&MAGICの設立と同時に独立している。以来、高品質なアニメーションから多人数のキャラクターライブまで、あらゆる用途に対応可能な『TUNEDiD』の運営を通して、同社は最新の映像制作サービスを提供してきた。

例えば、VTuber・富士葵が2019年11月にリリースしたオリジナル曲『MY ONLY GRADATION』ミュージックビデオの映像企画・演出・映像制作。2020年元日にNHK総合テレビにて放送された、『NHKバーチャル紅白歌合戦』の番組企画・演出・モーションキャプチャ収録および映像制作。『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS』のモーションキャプチャ(一部)収録。2020年8月にNHK総合テレビにて放送された、『NHKバーチャル文化祭』の番組企画・演出・モーションキャプチャ収録・映像制作。さらに、バーチャルサーカス団・VALISの『再構成ウィーバー』ミュージックビデオや、講談社VRラボ ショートアニメーション『Last Dance』のモーションキャプチャ…というように、設立後わずか2年弱で数々の実績を築いてきた。

そして最近では、ARを絡めたオンラインによるライブイベントの需要も伸びている。その需要に応えられるのは、株式会社ドワンゴの設立に参画した、株式会社LOGIC&MAGIC代表取締役社長の太田豊紀氏が、2005年に世界最大のアニメソングのライブイベントを立ち上げ、15年運営してきた実績があるからだ。

4110823DCG・モーションキャプチャを駆使したアニメーション・TV番組・ミュージックビデオ等の制作、リアルタイム収録を前提としたバーチャルYouTuberによるARライブの企画・制作・運営を行う同社。
411353事業の核となっているのは、都内最大級の撮影エリア(12×8×6メートル)、最新鋭のカメラ54台(VICON VantageV5)を誇るハイエンドモーションキャプチャスタジオ『TUNEDiD』(チューンディッド)だ。
411349

「リアルタイム」を、日本のセルルックアニメーションのスタンダードに

ここで改めて、株式会社LOGIC&MAGICが設立された背景について見てみよう。前項で触れたように、同社の設立にはハイエンドなモーションキャプチャを実現する『TUNEDiD』の存在が欠かせない。しかしさらに遡ると、原点には「日本のアニメーションの制作現場が抱える、根本的な課題を解決しなければ」という意志があるのだ。

日本のアニメーションは、基本的にセルルック(手描き)で作られている。デジタル化は進んだが、ペンがペンタブレットに置き換わっただけで、手描きという手法は変わっていない。優秀なアニメーターはどんどん引退していく一方、少子化で若手が入ってこないまま、作品数は増えていっている。どこかで効率化を図らなければならないため、CGに注目が集まった。しかしそこでいくつかの課題が立ちはだかる。

まず、ゲーム業界で発展してきたCGは制作コストが高いため、従来のアニメーション制作の予算でまかなうのは難しい。また、手描きとCGでは最適なワークフローが根本的に違う。

「手描きに最適化されたフローのまま、単純にCGに置き換えることにはそもそも無理があります。予算=期間が潤沢にあれば別ですが。」(代表取締役社長 太田豊紀氏)。

そこで同社が目指しているのは、クオリティーの高い映像を効率よく量産することである。手描きのアニメーターが減っていく中で、3DCGで効率よくカットを量産できるようにすることが、「根本的な課題」の解決に結び付くと認識しているからだ。

既に同社のミュージックビデオの制作体制はそうなりつつある。事前に背景等のアセットを全てUnityに仕込み、モーションキャプチャでリアルタイム撮影し、後で編集するという実写のミュージックビデオとほぼ同じフローだ。

さらにその先の目標として、太田氏は「自社オリジナルのアニメーションをリアルタイムで作ること」を掲げる。オリジナルであれば、効率性とクオリティーの両方を追求することができるからだ。そして究極の到達点としては、同社の手法を日本のセルルックアニメーションのスタンダードにすることだという。

一方で、リアルタイムの技術と相性の良いARライブの実績が伸びていることは、前項で紹介した通り。急拡大するARの領域で確実に存在感を高めながら、ハードウェア/ソフトウェアの進化をキャッチアップして、リアルタイムのスタンダード化を図る。太田氏は、そんな同社の方向性を「バーチャル×リアル×リアルタイム」という新しいキャッチコピーで表現している。

411081高品質なアニメーションから多人数のキャラクターライブまで、あらゆる用途に対応可能な『TUNEDiD』の運営を通して、同社は映像制作技術をベースに最新の映像制作サービスを提供している。
411087そのベースにあるのは、社名にもあるとおり効率性とクオリティーの両方を同時に追求し、日本のアニメーション制作現場の根本的な課題を解決しようとする熱意である。
411352

クオリティーを貪欲に求めながら、かつ効率性を忘れないこと

効率性とクオリティーの追求。『LOGIC&MAGIC』という社名に象徴されているその姿勢は、同社で働く全ての社員に求められるものである。「魔法のような映像体験は、論理を積み上げた先にある」――社名にはそのような意味が込められているそうだ。

「エンターテインメントが好きであることは大前提ですが、クオリティーを貪欲に求めながら、かつ効率性を忘れないこと。それが、当社が求める人物像です」(太田氏)。

かつて作曲家を志したことがある太田氏は、作曲を学ぶプロセスで音楽理論の大切さを肌身で知ったという。良い曲は、音楽理論をきちんと理解していないと作れない。才能の有る無しではなく、音やコード進行と、聴き手に湧き起こる感情との間にある、理論的な関連を掴むことが、曲の良し悪しに繋がる。そういう考え方が、太田氏の下地にあるのだ。

「それはアニメーション制作でも同じです。優れたアニメーターは、クオリティーを上げるための線や影の数、グラデーション等について、論理的に語ることができます。理論を基に綿密な事前設計ができるからこそ、効率性が高まるのです」(太田氏)。

効率性とクオリティーの両方を追求する風土であることは、同社で仕事を始めればすぐに理解できる、とも太田氏は語る。事実、同社には各方面からスペシャリストが集結している。

取締役兼トータルシステム・スーパーバイザーの松野美茂氏は、CGスタジオを経て映像制作会社の設立に参画。その後、各地でスタジオ設立とCG映像制作に携わってきた。

映像ユニット ユニットリーダーの小高忠男氏は、松野氏と共に映像制作会社の設立に参画後、ゲームソフトの開発等を手掛ける会社でCG映像制作に携わった人物。

テクニカルユニット ユニットリーダーの林成輝氏は、コンピュータゲームソフト会社等でCG映像制作に携わり、現在は様々な作品でCGIディレクターを務める。

CG合成スーパーバイザーの佐藤浩一郎氏は、アニメ制作会社等でCG映像制作に携わり、誰もが知るロボットアニメのCGテクニカルディレクター、RPGをベースにしたバトルアニメシリーズのCGIディレクターを務めている。

そして、モーションキャプチャスーパーバイザーの富永竜二氏は、CG事業等を手掛ける会社でモーションキャプチャを担当し、その後ステレオグラファーとして映画制作やスポーツ中継にも関わってきた。

このようなスペシャリスト達が、日々効率性とクオリティーを追求し続け、日本のアニメーション制作現場の課題を解決しようとしている。株式会社LOGIC&MAGICには、その熱意を共有しながら、「バーチャル×リアル×リアルタイム」に取り組める環境がある。

411083スペシャリスト達が、日々効率性とクオリティーを追求し続け、日本のアニメーション制作現場の課題を解決しようとしている。
411094同社には、熱意を共有しながら「バーチャル×リアル×リアルタイム」に取り組める環境がある。
411103

株式会社 LOGIC&MAGICに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 LOGIC&MAGICに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 LOGIC&MAGIC
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  放送(テレビ/ラジオ)・音楽・芸能
IT/Web・通信・インターネット系 >  AR/VR/MR
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  その他マスコミ・エンターテイメント・メディア系
資本金 9750万円
設立年月 2019年11月
代表者氏名 代表取締役社長 太田 豊紀
事業内容 モーションキャプチャスタジオ事業
アニメ制作/番組制作事業
ARライブ制作
従業員数 45人
本社所在地 東京都港区三田3-14-10 4F
411357

株式会社 LOGIC&MAGIC資本金9750万円設立年月日2019年11月従業員数45人

ハイエンドなモーションキャプチャ技術を軸に 『バーチャル×リアル×リアルタイム』を追求する

この企業が募集している求人

411100
【VTuber】バーチャル専門レーベル「Acro」専任担当者募集
【VTuber】VTuberのA&R

バーチャル専門レーベル「Acro」の専任担当者となります。バーチャルアーティストの発掘から育成、制作、プロモーションまで全てを行って頂きます。是非トライしてみてください。

411100
【VTuberのコンテンツ制作】新たな映像体験の創造を目指しています
VTuberのコンテンツ制作

VTuberの動画や生放送、配信等の企画、脚本、ディレクション、プレミアやアフターエフェクト等を用いた映像編集。

411100
【プロジェクトマネージャー】エンタメ業界未経験からの挑戦もOK!Vtuberの映像制作
プロジェクトマネージャー

小規模から大規模まで複数のプロジェクトが走る中で、その全体を統括し、スケジュールや人員のアサインの最適化を行う職種です。

411100
【VTuber】凄い映像を作ってくれるテクニカルアーティスト募集
【VTuber】CGテクニカルアーティスト

フルCGの映像を作るにあたって、Unity内での背景シーン制作が主な仕事になります。その他生放送や収録時の仕込みやオペレーションも行って頂きます。絵作り、Unityの知識双方必要で、モデリング、リグ、フェイシャルターゲットセットアップ、揺れもの調整、アニメーションなど、様々な知識が必要となる職種です。

411100
VTuber専属 モーションキャプチャーオペレーター募集
【VTuber】モーションキャプチャーオペレーター

VTUberコンテンツ制作にあたり、Optitrackの最新モーションキャプチャーシステムを使用したチーム専属のオペレーションが主な仕事になります。 スタジオのセットアップ、収録対応、データの調整などを行っていただきます。 定期収録・生放送・ミュージックビデオ・ライブといったVTuberのあらゆるコンテンツ制作にコアメンバーとして参加できる職種です。

残り2求人をみる
×