お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 HELICAL CHORD(ヘリカルコード)の企業情報

407189

株式会社 HELICAL CHORD(ヘリカルコード)

ハイジュエリー界に新風を!グローバルブランドの創出に挑む気鋭のD2Cベンチャー

起業家・横田氏が世界に仕掛ける、D2C×ハイジュエリーの新提案

株式会社HELICAL CHORD(ヘリカルコード)は、数々の著名人に愛されてきたジュエリーブランド『Art of Inspiration』をリブランドし、2020年に誕生した日本発のハイジュエリーブランド。D2Cの手法を用い、オンラインとオフラインが融合した顧客とのダイレクトなコミュニケーションを創出し、ハイジュエリーの世界に新たな風をもたらしている、気鋭のD2Cベンチャーだ。

「ジュエリーは、数千年以上も前に生まれ、歴史の中で、勇猛さのアピール、魔除け、民族アイデンティティなど、目に見えないものを形にして表しながら社会的役割を果たしてきました。HELICAL CHORDはジュエリーを通じて、感情や体験などの想いやストーリーを表すことを、社会に提案しています」。

そう語るのは、代表取締役社長CEOの横田武志氏。上場企業である株式会社サイバーセキュリティクラウド(東証マザーズ:4493)の創業者であり、同社を筆頭に数々の企業を育ててきたシリアルアントレプレナーとして知られる人物だ。横田氏の下、スポーツブランドや化粧品メーカーのマーケティングで大ヒットを生んだ実績を持つCOO&CMOの石津大介氏ら精鋭メンバーが集まり、戦略的なリブランディングを仕掛けた結果、売上は数ヶ月で9倍まで伸びた。既に、アメリカでのECサイト出店計画も決まっており、日本発のグローバルジュエリーブランドとして成長することが期待されている。

同社はなぜ、D2Cという手法を取ったのか。それは、ジュエリーに込められた「想い」や「ストーリー」を非常に重要視しており、その意味に共感してもらうために、直接お客様と接点を持つことが最適だと考えたからだ。同社のジュエリーはすべて、デザイナーのKang氏がデザインしている。多くの著名人のジュエリー製作を手掛け、サッカーJIチームのチャンピオンリング製作経験も持つKang氏が生み出すジュエリーは、すべての作品にストーリーがある。例えば、個性の象徴であるDNAのらせんをモチーフにした『HELICAL』シリーズには、「あなたらしさ」への想いが込められているという。Kang氏がジュエリーに込めた想いをダイレクトに伝え、心から共感できるパートナー・ジュエリーを選んでもらうことが、同社がD2Cで目指す一番のゴールなのだ。

流通を介さないためコストを抑えることができ、その利益を付加価値の最大化に回すことができる点も、D2Cがもたらす大きな強みのひとつだ。2021年夏には表参道に体験型店舗『HELICAL CHORD JEWELRY&CAFE』をオープンし、購買体験にエンターテイメント要素を取り入れたリテールテイメントを実現していく。全アイテム、総額約3億円のジュエリーを自由に手に取れるオープンな状態でディスプレイしているほか、ダイヤモンドの原石がカットできる希少な機械をイスラエルから取り寄せて、ダイヤモンドのカットが間近に見られるサービスも展開する計画だ。

「例えて言うならば、自動車業界におけるテスラのようなゲームチェンジャーを目指したい」と語る、横田氏。その言葉どおり、同社はジュエリーブランドでありながら、従来とはまったく違った顧客体験を次々に打ち出すことで、世界のジュエリー業界に新しい風を巻き起こしている。

409919
409920
407196

Webとリアルの融合で、「選ぶ楽しさ」「買う楽しさ」「持つ楽しさ」を創出

2020年の創業からわずか1年でジュエリー界に数々の驚きをもたらした、同社の取り組みをさらに詳しく見てみよう。

2021年春にリニューアルオープンした公式サイトでは、画面に並ぶメッセージの中から気になるものを選択すると、ストーリーや動画から世界観が広がり、それぞれのコレクションに込められた想いを深く知ることができる。まさに「想い」から、自分の共感するジュエリーを見つけ出すことができるプラットフォームだ。

コロナ禍で外出が制限される中、『JEWELRY@HOME』と第した無料のフィッティングサービスにも注目が集まった。自宅にいながら本物のジュエリーを1週間試着できるサービスで、自宅に届くジュエリー4点の総額が最大で税込548万円にのぼることでも話題となった。顧客とのコミュニケーションツールとしては、チャットによるオンライン接客や、ビデオ通話を使ったオンラインコンシェルジュサービスを導入し、ジュエリー選びの奥深さと楽しさを味わうことができる環境を整えている。

実店舗の『JEWELRY&CAFE』では店舗DX化を目指しており、RFIDやAIカメラ技術などのデジタルテクノロジーを導入して、新しい顧客体験を生み出している。例えば、展示するジュエリーに数mm程度の極小のRFIDタグを埋め込んで商品管理に活用し、商品をよりスマートに購入できる仕組みを開発。さらに、店舗内の人の動きから得られるフィジカルデータ(人流データ、左右どちらの手の何指から商品を取るかという特徴量データ、どの年代がどの商品を試着したかというデータなど)を集積し、ECのアクセスデータと組み合わせて分析を行うAIモデルの構築も目指している。それを使って精緻な購買予測を立て、在庫回転率の最適化や、プロモーションの最適化を図っていく計画だ。

画期的な取り組みは、マーケティングの分野だけにとどまらない。同社が2021年に発表したのが、ダイヤモンドの原石を分け合う『ADEVE(アデヴェ)』という新コレクションだ。『ADEVE』で使用されるのは、ダイヤモンドの中でも希少で高品質なソーヤブルと呼ばれる原石。採掘されたときからピラミッドを合わせたような正八面体の形をしており、これを人数に合わせてカットすることで、それぞれのジュエリーにひとつずつセッティングすることができる。見るたびにお互いを思い出す、世界にひとつだけのダイヤモンドを分け合うコレクションとして、大きな注目を集めている。

一生を共にできるジュエリーであるために、品質へのこだわりにも余念がない。同社で取り扱うすべてのダイヤモンドは、カラーF以上、クラリティVS2以上、H&Cカットが施された最高品質のもの。ファッションジュエリーに用いる小さなメレダイヤにも、カラーがF以上、且つクラリティがVVS2という厳しい基準が設けられている。ESP総研が2021年に実施した市場調査によると、同社と同等以上の品質基準を設けているジュエリーブランドは国内で7社しか存在せず、同社の誇る高い品質が裏付けられた。

圧倒的なD2C戦略とリテールテイメントの展開を通して同社が目指すのは、「選ぶ楽しさ」「買う楽しさ」「持つ楽しさ」という、これまでにないジュエリー体験を提供することだ。商品に紐づく世界観や、購入に至るまでのワクワク感、共に過ごす時間もすべてサービスとしてとらえることで、ジュエリーに高い付加価値をもたらしている。

409917
409918
409132

日本発のグローバルハイブランドを創り出す、またとない経験を共に

革新的な顧客体験を生み出す同社で活躍しているのは、日本発のハイブランドを創るという志を胸に集まった、新進気鋭のメンバーたち。代表取締役社⻑CEOの横田氏、代表取締役でデザイナーのKang氏、COO & CMOの石津氏を中心に、それぞれの分野でプロフェッショナルと呼べる知見と実績を持つメンバーが集結し、日々活躍している。

同社の組織づくりには、明確な手法とルールが定められている。最初に組織図を作成して各ポジションのメンバーが担う役割を定め、その定義に合った人材を採用するという。毎週、成果シートを使ってどれだけの成果を達成できたか上司と共にチェックする。未達成項目を振り返り、できなかったことをひとつひとつできるようにすることで、個人の成長を促し、会社の成長を実現する。
与えられた権限とルールの中で、成果をあげることが求められており、成果を明確化すると同時に、今の自分に何ができていないかを明確にして、解決する力が求められる。

「弊社の社員に共通しているのは、ブランドを創りたいという強い気持ちです。近年、低価格なものをマーケティングの力で売ることに注力する企業が多い中で、私たちが挑戦しているのは、D2Cという手段を使って、世界中の人たちを魅了するハイブランドを誕生させることです。ブランドが生まれるまたとない瞬間に立ち会いたい、自分の力でブランドを育ててみたいと思う気持ちが、仕事に対する確かな力になっています」(横田氏)

本物のジュエリーだけが持つ永遠の輝きと、デザインに込められた想い、そして、そこから生まれる新しいジュエリー体験を世界に届けるために、同社の挑戦はまだ始まったばかり。日本発のグローバルブランドを生み出すという希少なチャンスに、自分の力をかけてみてはどうか。

407195代表取締役 デザイナー 福谷 公男(Kang)
407194COO&CMO 石津大介氏

株式会社 HELICAL CHORD(ヘリカルコード)に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 HELICAL CHORD(ヘリカルコード)に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 HELICAL CHORD(ヘリカルコード)
業界 製造・メーカー系 >  その他メーカー系
製造・メーカー系 >  化粧品・アパレル
企業の特徴
  • グローバルに活動
資本金 8,560万円
設立年月 2011年04月
代表者氏名 代表取締役社長CEO 横田 武志
事業内容 ハイジュエリーの企画・販売
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 10人
平均年齢 33.0歳
本社所在地 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-50-6 中島ビル5F
407189

株式会社 HELICAL CHORD(ヘリカルコード)資本金8,560万円設立年月日2011年04月従業員数10人

ハイジュエリー界に新風を!グローバルブランドの創出に挑む気鋭のD2Cベンチャー

この企業が募集している求人

×