お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

【Webエンジニア】多様な働き方を実現!技術を高め、もっと成長したいWebエンジニア募集

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
406336

株式会社 GIB Japan

AI開発をはじめ、最先端の案件が8~9割。ここには技術を求めるエンジニアばかり

Webエンジニア

【Webエンジニア】多様な働き方を実現!技術を高め、もっと成長したいWebエンジニア募集

20代~30代のエンジニアリング好きが、いつも新しい技術に挑戦している

システム開発会社は数多くあるが、開発が好き、プログラムが好きというメンバーが集まっているのが株式会社GIB Japanである。Pythonを使用した機械学習システム開発、Laravel + Vue.js + AWSを使用したシステム開発を得意としており、受注案件の8割~9割が最新技術やこれまでにないサービスやシステムの開発とのこと。CEOの宮本圭一郎氏は、「経営者がみんな生粋のエンジニアということもあり、新しいことにチャレンジする案件が多い」と語る。提供するエンジニアリングサービスとしては、SESと受託/ラボ型開発が半々の割合。必要に応じてコンサルティング、マーケティング、要件定義から設計、実装、テスト、納品、運用までワンストップで提供している。

高い開発力を支えているのは、20代~30代のエンジニア達。探求心旺盛で、技術に関してこだわりが強い。ひとたび技術の話題が上がれば、会話やチャットが延々と続く。また、趣味もプログラミングという人も多い。例えば、競技プログラミングで上位7%が取得できる青色ランクの社員も。それに感化され、ほかの社員も競技に参加するようになり、今、社内でちょっとしたブームになっている。また、個人でWebサービスを開発して、公開している社員もいる。実は、CEOの宮本氏も、プライベートでサービスをつくっているとか。エンジニアが自由に活動できる環境なのも頷ける。

同社に転職してくるエンジニアも、技術の追求のためという人が多い。同社ではスクラム開発やドメイン駆動設計等、開発における新しいアプローチもどんどん取り入れて、実績を残している。「近年トレンドになりつつあるマイクロサービスアーキテクチャについても情報を提供できる」と宮本氏。このような新しい知識や技術は、社内のチャットツールで随時共有されている。また、IT関連書籍のライブラリも充実している。「知識は土台。土台がなければ、上に積み上がらない」というのが宮本氏の考え。経験上、企業の成長スピードと、ライブラリの大きさは比例しているとのこと。今後もますます充実させ、学べる環境を整えていくという。

402524Pythonを使用した機械学習システム開発や、Laravel+Vuejs+AWSを使用したシステム開発を得意とする同社。
402522受注案件の8割~9割が、最新技術やこれまでにないサービスやシステムの開発に関わるものとなっている。
402529

無駄のないキャリアプランで、入社1~2年でフルスタックエンジニアにも

アサインに関しても、エンジニアの納得度が高い。CTOの三宮弘観氏によると、クライアントと案件を最終的に固める際に、アサイン予定のエンジニアも必ず同席させるという。営業担当の社員も、案件に関して技術的に熟知しているエンジニア。そのため、クライアントへの提案に関して、違和感を覚えることはない。また、アサインを予定するエンジニアのキャリアプランについても理解している。「なぜこの案件に入った方がいいのかをきちんと説明できる」と三宮氏は言う。

そのキャリアプランは、半年に1回の面談でヒアリングしている。その際、目指しているエンジニア像に合わせて、必要なスキルセットについてもアドバイスする。「例えば、リーダーを目指したいなら、このスキルと経験が必要、というように道筋を示している」とCEOの宮本氏。目標はあっても、そこに到達するまでの手立てを考えるのは難しいもの。自分で案件を選んでも、期待と異なる場合がある。その部分をしっかりサポートしているので、キャリアプランに無駄がない。実際、入社1~2年でフルスタックのエンジニアとして活躍する社員もいる。実のあるチャレンジを通じて、最短距離で成長できる環境が整っているといえそうだ。

エンジニアがのびのびと働ける社風も、同社の特徴の一つ。社員は年次や経験を問わず、お互いにフラットに会話ができる関係性だという。また、本音を出しやすいように、定期的にコンタクトを取って、顔を合わせるようにしている。その時も、できるだけカジュアルになるように気を配っている。「『会って話そう』と言うと、『何かクライアントからクレームがあったのでは?』と身構えてしまう人もいる。だから、ランチ等を通じて、リラックスした雰囲気で軽く状況を聞くというようにしている」と宮本氏。

このようにコミュニケーションを重視している同社では、社員寮の共同キッチンで一緒にご飯を作り、食事会を開くこともある。先日は、CTOの三宮氏が焼きそばを振る舞ったとか。もちろん、参加は自由である。「でも、うちのエンジニアは若いので、ご飯があると食べる。食事に関して不摂生になりがちなメンバーもいるので、福利厚生の意味合いもある」とCEOの宮本氏は語る。なお、社員寮は2020年にリノベーションした物件。鍵付きの完全個室で、プライベートはしっかり確保できる。

402521中心で活躍しているのは、20代~30代のエンジニアたち。趣味もプログラミングという人が多く、AtCoder(競技プログラミング)で上位7%が取得できる青色ランクの社員もいる。
402508エンジニアがのびのび働ける社風も、同社の特徴の一つ。社員は年次や経験を問わず、お互いにフラットに会話ができる関係性。
402528

独学しかない上級エンジニアの道。サポートする体制を日本につくりたい

今後の展開として、宮本氏が力を入れたいのは研修事業である。実は、宮本氏は秋葉原でエンジニア向けの勉強会を主催しており、2021年6月現在、370回以上の実績がある。今後も、日本のエンジニアがもっと成長できる場を提供したいと考えている。

研修にこだわる理由は、カナダをはじめとしたIT先進国と比較すると、残念ながら日本はエンジニアの技術を学べる環境が整っていないからだ。「日本の場合、未経験からエンジニアデビューするまでのサポートは豊富にある。しかし、ある程度経験を積んだら、中級者から上級者になるためには、独学以外の道がほとんどない」と宮本氏。これは、他人に教える文化がないためと宮本氏は分析する。独学だと、当然のことながら、スキルの修得やパフォーマンスの改善にも限界がある。それが世界との差を広げている要因の一つと考えている。

そのため、上級エンジニアを育成する研修を幅広く展開し、IT業界に貢献することが大きな目標という。秋葉原での研修も、上級エンジニアを目指すためのもので、反響に手応えを感じている。ゆくゆくは、他の企業との連携も視野に入れ、日本のトップエンジニアを育成する体制を、業界を挙げて整えたいと構想している。「イメージとしては、マニアックなエンジニアが集まる研修。新しいものをどんどん取り入れられる場にしたい」と宮本氏は夢を語る。

AI開発をはじめ、IT開発先進国から日本の出遅れは否めない。しかし、日本は既存のものを精巧にトレースし、分解するのが得意だと宮本氏。そして、リメイクしてより良いものをつくる技術は世界に誇れると言う。かつて工業立国を成し遂げた日本。その勝ちパターンも、これだった。「それが見えているから、それを担うレベルの高いエンジニアを育てたい。自分は日本が好き。いいところも沢山ある。だからこそ盛り上げたい」と宮本氏。その言葉には、日本のエンジニアへの誇りと愛が溢れている。

402502コミュニケーションを重視しており、希望者を募って社員寮の共同キッチンで一緒にご飯をつくり、食事会を開くこともある。
402518今後注力したいのは研修事業。日本では独学以外で中級エンジニアが上級を目指す道があまりないので、その部分を業界を巻き込んで整備したい考えだ。
402526

株式会社 GIB Japanに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 GIB Japanに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 GIB Japan
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
資本金 4000万円
設立年月 2003年04月
代表者氏名 代表取締役会長 高 亨叔
事業内容 AIシステム開発事業 / WEBシステム開発事業 / VR ARシステム開発事業
人材派遣事業 / SES事業 / 研修事業 / その他
従業員数 30人
本社所在地 東京都新宿区大久保1-15-18みゆきビル203
応募フォームへ
406336

株式会社 GIB Japan資本金4000万円設立年月日2003年04月従業員数30人

AI開発をはじめ、最先端の案件が8~9割。ここには技術を求めるエンジニアばかり

この企業が募集している求人

×
×