お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Gotcha Gotcha Gamesの企業情報

398274

株式会社 Gotcha Gotcha Games

ゲーム制作ツール『ツクール』を展開する、KADOKAWAグループの新会社

プログラミング不要でゲームが作れる『ツクール』シリーズが、世界的大ヒット

株式会社Gotcha Gotcha Gamesは、世界的に人気の高いゲーム制作ツール『ツクール』シリーズを展開するゲーム会社。株式会社KADOKAWAが、『ツクール』シリーズの開発を手掛けてきた社内の事業部を独立させて、2020年9月に設立した新会社だ。「誰もがゲームクリエイターになれるワクワクする体験を届ける」というミッションの下、『ツクール』シリーズの開発と販売を軸に、UGC・インディゲーム事業の拡大に取り組んでいる。

『ツクール』シリーズのスタートは、今から30年前にさかのぼる。ゲームを作りたいという多くの人の思いを叶えるために、プログラムの知識がなくても手軽にオリジナルゲームが制作できるソフトを目指して開発された。グラフィックや音楽データがあらかじめ用意されており、アイデアさえあれば誰でも気軽に、ロールプレイングゲームやアクションゲームの制作を楽しむことができる。

プログラム知識が必要なゲーム制作ツールとしてはUnityやUnreal Engineがよく知られているが、プログラムを一切書かずにゲームが作れるツールは世界でもあまり例がない。そのため、『ツクール』シリーズは初心者向けゲーム制作ツールの草分け的存在として、世界中の多くのゲームファンから支持されている。2015年にリリースされた『RPGツクールMV』は、全世界で販売本数50万本を突破する世界的なヒットとなった。『To The Moon』等、『ツクール』を使って制作された世界的名作ゲームも数多い。

取締役管理部長の佐々木憲太郎氏は、『ツクール』と新会社Gotcha Gotcha Gamesにかける期待をこう語る。

「『ツクール』は長年にわたり、個人のゲーム制作を応援してきました。『ツクール』から生まれたゲームには、社会的なメッセージ性の高い作品や、クリエイターの個性溢れる尖った作品等、企業には決して作れない魅力的な作品が沢山あります。

近年、ミドルウエアやSNSの進化により、個人でもデジタルコンテンツを制作して、全世界に発信できる時代になりました。これからは、個人ユーザーの手で作られる多彩なゲームが、エンタメコンテンツの一角として、より一層、存在感を増していくでしょう。

私達Gotcha Gotcha Gamesは、ベンチャーマインドとスピード感を持って、事業の拡大に取り組む計画です。全世界にファンを持つ『ツクール』をプラットフォームとして、UGC(ユーザー生成コンテンツ)やインディゲームの市場を盛り上げていきたいと思います」

398278同社は世界的人気を誇るゲーム制作ツール『ツクール』シリーズを展開するゲーム会社。
398275「誰もがゲームクリエイターになれるワクワクする体験を届ける」というミッションを掲げ、株式会社KADOKAWAからスピンアウトする形で2020年9月に設立された新会社だ。
398287

パブリッシュ事業にも参入し、新時代のスタンダードプラットフォームを目指す

『ツクール』が誕生してからの30年間はまさに、ITの進化の歴史と重なっており、ゲームのプラットフォームも、アーケードゲームから家庭用据え置き機、PC、携帯端末へとパラダイムシフトを遂げてきた。特にここ10年間の変化は著しく、優れたミドルウエアの登場によって、一つのゲーム作品を作るだけであらゆるプラットフォームに転用できる環境が整備された。新型コロナウィルスの影響による巣ごもり需要も、世界のゲーム市場を拡大する大きな要因の一つとなっている。

目まぐるしく変化する環境の中で同社がこれから目指すのは、『ツクール』の開発を中心としたコンストラクション事業の強化と、パブリッシング事業への新たな参入だ。

コンストラクション事業の強化においては、『ツクール』のマルチプラットフォーム化や、カスタマーリレーションの向上を図ることで、『ツクール』をより満足度の高いサービスに成長させたいと考えている。また、プログラムの知識がない人でもゲームが制作できるという本質は大切にした上で、プログラムの知識があればより高度な開発にも挑戦できる、新たな機能も追加する計画だ。

取締役開発部長の斎藤貴幸氏は、「『ツクール』でゲーム制作を始めた人が、プログラミングの技術を学んだ後でも長く使い続けたくなるような、魅力のあるサービスを構築したい」と語る。

新たに参入するパブリッシング事業では、『ツクール』で制作されたゲームの中から魅力的な作品を見つけ出し、世界に向けて発信することを目指す。クリエイターの思いが詰まった作品に光を当て、世界に羽ばたけるようサポートすることで、インディゲームの市場をより一層盛り上げていくことが狙い。優れた作品はゲームとして販売するだけでなく、KADOKAWAグループ全体でプッシュして、アニメやコミックといったメディアミックス展開にも取り組む考えだ。

KADOKAWAグループは今、多彩な IPコンテンツを安定的に創出し、それらを世界に展開する『グローバル・メディアミックス』の推進を基本戦略に掲げている。その中で、魅力的なコンテンツや未来のクリエイターが世界中から集まる『ツクール』にかかる期待は大きい。

「UGC・インディゲーム市場と業界の成長には、作り手とユーザーの両輪での事業展開が欠かせません。コンストラクション事業でゲームの作り手側をサポートし、パブリッシング事業でユーザーとの繋がりを作ることで、『ツクール』をUGC・インディゲーム市場のスタンダードプラットフォームにしたいと思います。『ツクール』から生まれたUGCタイトルが近い将来、全世界でメディアミックス展開されることを期待しています」(斎藤氏)。

398276『ツクール』シリーズの特徴は、プログラムの知識がなくてもゲーム感覚で、ロールプレイングゲームやアクションゲームの制作ができること。
398281初心者向けのゲーム制作ツールとして30年の歴史を誇り、全世界にユーザーを持つ。
398858

メディアミックスに強いグループ力と、ベンチャーマインドを兼ね備えた風土

同社の職場環境を語る上で大きな特徴となるのが、ベンチャー企業としてのスピード感や機動力と、KADOKAWAグループの一員としての安定感を、兼ね備えている点だ。

管理部のトップを務める佐々木氏は、株式会社Gotcha Gotcha Gamesとして新たなスタートを切ったことによって、社員の意識や働き方が大きく変化したと感じている。

「一番大きな変化は、あらゆる意思決定がとてもスピーディーになったことです。社長の成田を中心に、誰もが対等に意見を交わせる風通しの良い雰囲気なので、何か問題があった場合でも、すぐに相談して早ければ一日で解決することができます。組織がコンパクトになったことで、一人ひとりがより強い当事者意識を持って、仕事に取り組めるようになりました」(佐々木氏)。

同社では、意思決定を行う際にデータの活用を重視しており、マーケティング理論に基づいた分析と仮説によるPDCAモニタリングによって成功ルートを模索する。自由闊達な議論を通じて戦略と戦術を立案実施しており、トップとも対等に議論のできる風通しの良い組織運営が特徴的だ。

これから新しいチャレンジをしていくに当たっては、外部から積極的に、新しい力を取り入れたいと考えている。特に強化したいのが、グローバルマーケティングを担う人材と、カスタマーリレーションマネジメントを担う人材の強化だ。『ツクール』は、海外販売比率が80%を占めており、北米や欧州、アジア等全世界にユーザーを持つ。グローバル市場でのビジネス構築に挑戦したい人には、大きなやりがいが感じられる環境だ。

社員全員がフルリモート勤務をしており、日本国内であれば地方在住でも問題ない。週に1回、トップが参加してリモートでミーティングが開催されるほか、チームコミュニケーションツール等を使って随時、トップを含め全ての社員に、意見や判断を仰ぐことができる。ペーパーレスを徹底し、時間とコストの有効活用を図る等、組織の運営においても積極的に、新しい手法を取り入れている。

「『ツクール』はこれまでの30年間で、世界中のゲームファンから愛されるソフトに成長しました。これからの30年間は、『ツクール』の力で世界に羽ばたくクリエイターやコンテンツを育てる、新たなステージに踏み出したいと思います。事業の本格拡大はこれからなので、会社の成長を一緒に体験できるチャンスです。自分の手で事業をリードしてキャリアを形成したい方や、会社経営を間近に見て学びたい方には、絶好の環境だといえるでしょう。新しい仲間と一緒に、新しい挑戦ができることを、社員一同、とても楽しみにしています」(佐々木氏)。

398859同社は今後『ツクール』シリーズをUGC・インディゲーム事業のプラットフォームとして成長させる一方で、パブリッシング事業にも新たに参入する計画だ。
398282『ツクール』製のゲームの中から魅力的な作品を発掘し、ベンチャー企業のスピード感と、KADOKAWAグループのIP創出力を武器に、世界に向けてメディアミックス展開することを目指す。
398286

株式会社 Gotcha Gotcha Gamesに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Gotcha Gotcha Gamesに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Gotcha Gotcha Games
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 1億円
設立年月 2020年09月
代表者氏名 代表取締役社長 成田 聖
事業内容 ゲームソフト・デジタルコンテンツの企画・開発・販売
ゲームソフト・デジタルコンテンツの制作者の育成等
従業員数 20人
本社所在地 東京都千代田区富士見二丁目13 番 3 号
398274

株式会社 Gotcha Gotcha Games資本金1億円設立年月日2020年09月従業員数20人

ゲーム制作ツール『ツクール』を展開する、KADOKAWAグループの新会社

この企業が募集している求人

403293
KADOKAWAグループの新会社/UGC・インディゲームのカスタマーリレーションを担っていただく方を募集
カスタマーリレーションマネジメント

【概要】 GGGのプロダクト全体のカスタマーリレーションの実務及び体制構築を担っていただきます。単なるカスタマーサポートにとどまらず、マーケティングの一環としてユーザーエクスペリエンスの向上を目指していただきます。 【具体的な仕事内容】 ■外注先とのコミュニケーション及びレポートライン体制構築 ■FAQ作成 ■問い合わせ内容の整理分析とプロダクト及びマーケティングへのフィードバック

403293
KADOKAWAグループの新会社/UGC・インディゲームのグローバルマーケティング/熱意のある方をお待ちしています。
グローバルマーケティング

【概要】 Steam等のゲーム販売サイトにおけるGGGプロダクトの販売促進の実務を担っていただきます 【具体的な仕事内容】 ■セールスマーケティングプランニングへの参加(プランニングはチームで行います) ■メディアやキュレーター等のインフルエンサーとのコミュニケーション ■プレスリリースの作成と発信 ■販売サイトの紹介ページ更新 ■Twitter発信 ■ゲーム紹介動画編集

403293
KADOKAWAグループの新会社/UGC・インディゲームの事業企画・事業開発にご関心のある方
事業企画開発

【概要】 UGC・インディゲーム事業における事業企画及び事業開発 【具体的な仕事内容】 ■プラットフォーマーを含む重要取引先への提案交渉やパートナー開拓 ■関連する契約締結業務、事業計画の立案管理 ■業界市場調査と分析

×