お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ディーメイクの企業情報

396105

株式会社 ディーメイク

エンジニアファーストの理念に共感する高スキルメンバーが活躍しているディーメイク

「エンジニアらしい働き方を実現する」という思いに共感した高スキル人材が集結

株式会社ディーメイクには、“エンジニアの未来の働き方をつくる”という考え方に共感したエンジニアが集まっている。技術が好きで、現場の最前線でエンジニアリングに携わり続けたいと思っても、一定のキャリアを積むとマネジメントを求められるようになり、現場から離れなければならなくなる。しかも、給与が大きく上がるわけでもない……。そんな釈然としない状況に不満や疑問を感じているエンジニアのために、「新しい技術が次々と登場してくる現場に身を置き、顧客のニーズを実現するスペシャリストであり続けられる環境を、働き方と評価制度の両面から整えていきたい」――代表取締役の中村彰宏氏のそんな思いに心を動かされたメンバー達は、現場経験が豊富でスキルレベルも高く、自立的に行動できる精鋭ばかりだ。そして、この“人材力”が、同社成長の原動力にもなっている。

同社はメンバー7名という小規模ながら、誰もがその名を知っている大手メディア&ソリューションカンパニーを主要取引先とし、中堅SIer等、複数社と取引がある。2015年の設立以来、売上は前年比200%近い右肩上がりで、コロナ禍によって減速が予測される2021年度も前年比120%以上を見込んでいるのだ。
「主力事業はSESによるシステム開発で、一部受託開発も行っています。多様な人材がいるおかげで、WEB系、オープン系、インフラ系等の広範囲にわたる要望に対応できるのが強みの一つですね。言語についても、JavaやPHP、Python等幅広く対応できます。中でも得意にしているのが、AWS等を用いたクラウド系アプリケーション開発です。そのための社内勉強会を開いていて、有資格者も複数名在籍しています。社員には、市場で武器となるスキルを身に付けてもらいたいので、現在市場ニーズの高いAWS関連の知見や資格取得を全面的にバックアップしています」(中村氏)。

また、自社プロダクトの開発も行っており、2020年初頭には『システムテンプレート』という製品をリリースした。これは、WEBシステムに共通している基盤機能をテンプレートとしてソースごと提供するツールである。自社プロダクト開発は今後も継続していく予定であり、その点でも多様なモノづくりに携わりたいメンバーの気持ちに応えていくつもりだという。

396121SESや受託事業をメインに自社プロダクトも開発している同社。
3961062015年の設立以来、売上を伸ばし続けている同社最大の強みは、「エンジニアファースト」であることだ。
396135

将来的にニーズが高まりそうな新技術の習得を積極的に進める

株式会社ディーメイクは、成長戦略の起点にもエンジニアを置いている。例えば、同社は新技術の習得に積極的なのだが、その理由は「日々、生まれてくる新しい技術を学び、目の前のモノづくりに還元していくことがエンジニアの本分だ」と考えているからであり、次代に必要とされるであろう技術を率先して身に付けることがエンジニアとして働き続けるためにも、また会社の成長のためにも重要だからである。
「現在、クラウドと共に力を入れている技術が、ディープラーニング分野です。今後、AIを活用したシステム開発が増えていくのは間違いないでしょう。当然、そのスキルを持ったエンジニアの需要や価値は高まっていきます。そのため、技術習得に向けてディープラーニング用のマシンを購入。社内勉強会等も開きながらスキルを研鑽しているところです。将来的には、この分野でも自社プロダクトを開発していければとも思っています。現在、ECサイト等の口コミ判定はほぼアナログで行っていますが、それをAIで自動判定できるツールをつくったりと、発想と着眼点次第で、できることは沢山あるはずですからね」(中村氏)。

同社は未来への投資に積極的だ。利益の多くを社内留保としてプールしておくことを良しとせず、社員に還元した残りは社内設備や自社プロダクト開発のために充てている。そのほか、社員の希望次第ではあるが、社外のセミナーや講習も会社負担で受けられるようにしており、技術習得のためのサポートも手厚い。

また、エンジニアの仕事や働き方を適正に評価するための制度をサービス化していく考えもある。
「旧来型の日本の評価システムでは、エンジニアが存分に力を発揮できないという危惧を持っており、エンジニアがエンジニアらしく働くため、新たな評価制度の整備に力を入れていきます。それは第一に自社のメンバーのためではありますが、エンジニアに適した評価制度ができれば、需要は必ずあるはずです。そこで、評価システムそのものをサービス化して、エンジニアを雇用している企業に広く展開していきたいと考えています」(中村氏)。

396134無理にマネジメントに転向させるようなことはせず、スペシャリストとして現場で活躍し続けたいという希望を尊重し、そのためのサポートを積極的に展開。
396109社員が新技術を習得するための設備投資や教育機会の創出にも余念がない。
396138

公正でオープンな組織を目指す

株式会社ディーメイクは、公正で透明性の高い組織を目指している。給与を決めるに当たっては、メンバーのスキルシートをベースに、マーケット評価に照らし合わせながら決定し、その根拠を求められれば開示している。自社プロダクトの開発についても、そのために要した労力を「社内副業」とみなし、通常業務とは別に報酬を設定しているという。
「社内にブラックボックスを設けず、何でもオープンにすることが、継続性のある組織になるために必要だと考えているからです。そもそも、開示して不都合なこと等はありませんからね」
このような社風だからこそ、メンバーも気軽に自らの希望を代表へ話すことができ、代表もその希望を実現するために動けるのだろう。SESで参画するプロジェクトについても、メンバーから身に付けたい技術や経験してみたいシステム等の希望があれば、極力、それに即した案件を探してくるという。

現在は、コロナ禍ということでリモートワーク主体になったため一時的に停滞しているが、コロナ以前は、英語の習得にも力を入れていた。
「エンジニアはグローバルに活躍しやすい職種です。プログラミング言語は世界共通ですし、システム開発のニーズはどこの国にもあります。あとは海外のステークホルダーと意思疎通ができれば、活躍の舞台は国内から海外へ一気に広がっていくはずです。当社が開発を進めているエンジニアの評価システムも、完成できればそのニーズは国内に留まりません。その製品をきっかけに海外進出することも夢ではないのです」

ディーメイクが、ここまでエンジニアファーストの組織づくりに注力できるのは、同社のメンバーが経験もスキルもあり、自立的に動くことができるからにほかならない。必要以上に管理することなく、各々が自らの責任で業務を遂行してくれるという前提がなければ、現在のスタイルは難しいかもしれないだろう。そのため、求める人材像の第一に挙げる条件も「自立的に動けること」だという。
「あとは、新しい技術を習得することに積極的であることと熱量をもって仕事に取り組めることですね。エンジニアが新しい技術を学ぶことをやめてしまっては、あっという間に市場から必要とされなくなってしまいます。ただ、これは学び続けるということでもあるので、熱量のある人でないと、どこかで息切れしてしまいます。だから、この3条件を満たした人で、市場価値の高いエンジニアになりたいと思っている人は、是非当社で一緒に仕事をしましょう」

396118自社メンバーのためにエンジニアファーストの評価制度を構築し、いずれはサービス化することも検討するなど、エンジニアを起点に事業戦略を構築。
396107同社が求める人材像は「自立的に動けること」だ。
396137

株式会社 ディーメイクに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ディーメイクに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ディーメイク
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 100万円
売上(3年分)
2018年 6月 期 2019年 6月 期 2020年 6月 期
2150万円 63,50万円 130,300万円
設立年月 2015年07月
代表者氏名 代表取締役 中村 彰宏
事業内容 私たち「株式会社ディーメイク」は、SES・受託開発、IT導入およびシステム開発を効率化するための自社プロダクト開発を手がける会社です。

■事業内容■
Web系・オープン系のエンジニアからインフラ系のエンジニアまで、多種多彩な弊社人材がクライアントの課題解決に対応します。業務・プロジェクトの規模に応じ、経験豊富なエンジニアによるチームを編成します。
クラウド技術やAIにも注力しておりますので、お気軽にご相談ください。

・受託開発:
お客様のビジネスにおける困りごとを明確にし、解決へと導く最適なシステムをスピーディーに開発します。

・SES開発:
お客様のプロジェクトメンバーの一員として、開発現場に常駐します。シームレスな開発支援を提供します。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 株式会社リクルート
株式会社エヌティ・ティ・データCCS
株式会社情報戦略テクノロジー
従業員数 7人
平均年齢 35.0歳
本社所在地 千葉県市川市菅野2-13-15
396105

株式会社 ディーメイク資本金100万円設立年月日2015年07月従業員数7人

エンジニアファーストの理念に共感する高スキルメンバーが活躍しているディーメイク

この企業が募集している求人

Full remote small
×