お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

REMODELA 株式会社の企業情報

384964

REMODELA 株式会社

テクノロジーで 内装工事を おもしろく

リモデラができた背景

はじめまして。REMODELA株式会社の福本です。
当社サービス「リモデラ」ができたエピソードについて簡単に説明します。


私たちは2013年にFURUEL株式会社(当社の前身となる会社)という会社を創業しました。

最初は不動産業からはじまり、その後建設業やIT事業に取り組むことになるのですが、リモデラはそこで感じた違和感や業界課題から生まれることになりました。


■不動産会社からみたリフォームの面倒さ
とある中古マンションを購入して、リノベーションしようとしたときの出来事です。
「ここに壁をつくりたいなぁ~」

そこで当時から付き合いのあった建設会社に依頼をしました・・がなかなか出てこない。

・見積もりにきてくれて、寸法を測定してくれる。
・後日もう一回、複数の職人さんをつれてくる。。
・見積もりはなかなか出てこない。。遅い。。。

最初の電話からおよそ2週間ほど待って、やっと出てきた見積書には手書きで
”壁造作工事 一式 250,000円"
と書かれていました。

むむむ。よくわからん。。というか高い。。
今後もこんなことが何度も起こると思うと嫌だなぁと思って、自社で建設業免許を取得して、自分たちで組織をつくることにしました。

385076
385072

双方体験してはじめてわかった業界の課題

■建設会社からみたリフォームの面倒さ
建設業をはじめてみると、今度は逆の立場から思うことがありました。

お客様から
「ここに壁をつくってほしいんだけどいくらくらいかかりますか~?」
すぐに答えられたらいいんですけど、これ現地を見てみないとわからないんです。

どんな大きさ、どんな素材にするかだけでなく、
電気は通すのかとか、消防法の規制は大丈夫とか、たくさん考えることがあって、
最初見に行った後にざっくりどんな職人さんが必要かを調べて、その後で依頼する協力業者を連れてきて見積をつくっていくんですよね。

職人さんはだいたいみんな忙しいからなかなか行けないし。。見積もなかなか集まらない。。

気付いたら2週間、みたいなことになってしまいました。


不動産会社、建設会社、双方を体験することで見えてきた課題、
きっと片方だけがよくなる、みたいなことはなくて、
双方同時に解決できる方法がないといけないなぁと思っていたんです。


何かいい方法はないかと悶々と考えながら月日が流れ・・・
とあるきっかけで中国の深圳にいったことをきっかけに事業が動き出すことになります。

385081
385073

中国深圳でみた圧倒的未来感

とあるきっかけで中国の深圳にいったときのことです。
ここでみた光景は、まさに10年先の未来のようで、自分には衝撃すぎる出来事でした。

街中に新しいルールやサービスがどんどん出てくるようで、例えば。。

現金だとバスに乗れない → みんなQR決済なのでお釣りがない
バイクが走っていない → 渋滞の原因になるため乗ってはいけない
飲食店にメニューがない → 机のQRコードを読み込めばスマホがメニューになるので、注文は聞きに来ないしレジもない

半年で3回程訪れましたが、毎回変わり続ける深圳という未来都市に夢中になりました。


そして衝撃だったのが、オレンジ(?)のジャンバーを来た人たちがたくさん街中にいて、忙しい人の代わりに時間のある人が買い物や用事を済ませてくれるアプリ。

日本ではコロナ禍で流行りだしたUBER Eatsですが、既に2019年の深圳にはさらに進化したアプリが大流行していました。

385083
385084

なるほど..こういうマッチングアプリもあるのか..

今はたぶん入ることができないテンセントや、中国千人計画に選定されたテック企業など、とんでもない規模とびっくりするようなテクノロジーを訪問する機会がありました。
ただただ圧倒されている中、とある企業と出会いました。


赤外線を利用したカメラ(3Dスキャナ)をつかって、空間を認識するという技術です。

写真を撮ればただそれだけで、下のような間取と3D写真が閲覧できるようになります。

これさえあれば、今まで建設業者が苦しんでいた多くの作業「寸法測って図面をつくる」「いろんな職人を連れていく」みたいな事がなくなります。


まさに探し求めていたものがこれだった!!!
この技術があれば、きっと建設業界の未来を変えられると思いました。

しかもこのカメラがもっと小型化してスマホや眼鏡なんかに搭載された日には、寸法データをもとに遠隔でリフォームを提案することができるようになる。

(実はこの時、既に北京の中古不動産ポータルサイトではARでリノベ提案できるようになっていました・・・)

385087
385090

リフォームの可能性

これが当たり前になった時、きっと今よりもっとリフォームの可能性は大きくなる!!

そしてその時に必要となるのは、気軽に職人と繋がるマッチングプラットフォームだ!!

この出来事の後、すぐにカメラを日本に持ち帰って開発をはじめました。


それは単にマッチングするだけで終わりのアプリではなく、
建設現場の職人たちにとって仕事が効率化できて生活が豊かになるようなアプリで、
一方の発注する側も安心してマッチングできて、しかもリフォームが楽しくなるアプリ。


あの日以来、おそらく何万回もの失敗を繰り返しながら、今のリモデラがあります。

私たちは「未来のリフォームの当たり前をつくる」という大それた目標があります。

しかもそれを大企業ではなく、小さなベンチャー企業がやってのけることに意味があると思っています。

まだまだ坂の途中ですが、一緒に未来を創れるメンバーからの募集をお待ちしています。

385091
385092
384967

REMODELA 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、REMODELA 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 REMODELA 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  AR/VR/MR
不動産・建設系 >  建築・土木・設計
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 51,998,500円(資本準備金含む)
設立年月 2020年07月
代表者氏名 福本拓磨
事業内容 私たちは、内装工事のクラウドサービス「REMODELA」を開発・運営しています。

【REMODELAがないとき】
一般的に内装工事をお願いしようと思った時、職人さんではなく工務店などのリフォーム会社に依頼します。
するとリフォーム会社が工程表を作成し、工事内容に合わせた職人を集めます。
しかし今の時代、既に建設業界の人手不足が顕在化しており、時間がかかる、料金が高騰する、職人が疲弊する、という事が起こっています。

【REMODELAがあるとき】
・電話やFAXでやりとりしていた見積書や契約書は全てクラウドサービスで提供
・面倒で時間のかかる現地調査業務は、VRデータで確認、採寸可能
・発注内容から職人の工程を予測し、瞬時にスケジュールを作成
・職人手配は知り合いを辿るのでなく、スマホアプリで腕のいい職人とマッチング

私たちは内装工事に関わって働く人々が、今よりもっとおもしろく豊かに働くために、テクノロジーを使います。
今まで世の中になかったサービスを自社開発で創り、業界のイノベーションに挑戦します。
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 14人
平均年齢 35.2歳
本社所在地 大阪市北区中崎西4-3-27 新日本ビル5F
384964

REMODELA 株式会社資本金51,998,500円(資本準備金含む)設立年月日2020年07月従業員数14人

テクノロジーで 内装工事を おもしろく

この企業が募集している求人

Inexperienced small
×