お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 スカイアーチHRソリューションズの企業情報

388636

株式会社 スカイアーチHRソリューションズ

「クラウドエンジニアには世界を変える力がある」日本初のAWS特化型HRサービス会社誕生!

爆発的な成長が見込まれるクラウド市場。AWS特化のHRサービス会社

株式会社スカイアーチHRソリューションズは、AWS(Amazon Web Services)導入支援・クラウド運用代行等のサービスを展開する株式会社スカイアーチネットワークスが、クライアント企業の要望に応える形で設立したAWSに特化したHRサービスの会社だ。人材紹介、SESのサービスを提供する。

親会社のスカイアーチネットワークスは、AWSコンサルティングパートナーのうち上から2番目のアドバンスドコンサルティングパートナー(全パートナーの10%程度)に認定されており、さらに現在、日本でまだ11社しかない(2021年2月現在)最高位のプレミティアの取得に向けて必要なプロセスを踏んでいるところだ。この専門性と数々の導入実績、クライアントの厚みが同社の大きな強みだ。同社はこれまで、クライアントから「人材も出してほしい」という要望を多くもらっていたが、SESは手掛けておらず、期待に応えることができなかった。そこで新しく立ち上げたのがスカイアーチHRソリューションズだ。そのため、2020年12月に設立したばかりだが、既に需要も具体的な引き合いも十分にある状況だ。

スカイアーチネットワークスについては、これまで売上は右肩上がりであり、今後も大きな成長が期待できる。その根拠は、クラウド市場の伸びしろとその中でのAWSの優位性だ。「AWSの年次イベントでCEOのJassy氏が説明したのですが、世界で企業のIT投資に占めるクラウドの割合はまだ4%で、残る96%がオンプレミスです。クラウドではマイクロソフト、Google、アリババといったライバルがいますが、AWSのシェアは約45%で首位。膨大な潜在市場の45%と考えると伸びしろは非常に大きく、中でも日本はクラウド化が遅れており、スカイアーチネットワークスもさらなるスケールが期待できます」こう話すのは、スカイアーチHRソリューションズ代表取締役の池西耕平氏だ。スカイアーチネットワークスのHR事業部長も兼務する。

池西氏によると、国内のクラウド市場は、超大手SIerと独立系大手数社が主要なプレーヤーであり、スカイアーチネットワークスもその一つ。超大手SIerが従来からの重厚長大型の顧客を多く抱え、クラウドにアクセルを踏み込みにくいのに対し、独立系事業者が急成長しているという。スカイアーチネットワークスは、スカイアーチHRソリューションズができたことで、人的ソリューションも含めたトータルのコンサルティング、運用サービスを展開し、今後、さらに優位に立つことを狙う。既存のクライアントは大手企業が中心で、その顔ぶれが業界問わず多彩だ。それがそのまま、スカイアーチHRソリューションズの顧客となる。

386015同社はAWS(Amazon Web Services)導入支援・クラウド運用代行等のサービスを展開する株式会社スカイアーチネットワークスが、クライアントの要望に応える形で設立したAWS特化型のHRサービス会社だ。
388648親会社はAWSアドバンスドコンサルティングパートナーであり、豊富な知見と実績を持つ。
388650

企業、エンジニアの双方に大きなメリット!ミスマッチなくキャリア形成に最適

このような経緯で設立されたスカイアーチHRソリューションズが目指すのは、日本初のAWS特化型HRサービス会社として、企業のニーズにきめ細かく対応し、集う人材に対してもAWSを軸とした中長期的なキャリア形成を可能にする案件や教育を提供することだ。

スカイアーチグループに参画する前は人材サービス会社の経験もあり、業界の事情に詳しい池西氏は言う。「大手の人材会社では、職種・業界を問わず沢山の求職者、求人企業に向き合う中で、やはりAWS領域に絞ったきめ細かい対応は難しいと思います。実際、ミスマッチの話は企業側、エンジニア側の双方から聞きます。企業側からしたら、求める要件の人材が提案されない。エンジニア側からは、人材会社担当者にAWS知見がないので、ご自身のAWSスキルや経験を評価されない、そもそもAWSの案件自体が少なく、例えばAWSではない他の案件を紹介されるようなことも普通にあります。いい・悪いではなく、立ち位置が違うので仕方のないことだと思います。一方、我々はAWSのビジネスを8年やってきた知見、経験があるので、当然、できることは違ってきます」

いわば、百貨店ではなく専門店であるスカイアーチHRソリューションズ。その利点を活かして企業側に提供する価値は、ミスマッチをなくすこと、一人から数十人規模までのチームビルディングも含めた人材の提供、および体系的な教育を施した均一なスキルレベルの人材の提供だ。これはそのまま、エンジニア側に提供する価値にもなる。多様なチーム編成、多様なポジションのプロジェクトがあり、体系的な教育プログラムも用意された中で、実践と教育の両面でスキルアップとキャリアアップが実現できるのだ。特化型だからこそ可能なこれらのサービスを実現していく。

既に大手の優良案件が多数あり、潜在的なニーズも十分だ。今、足りていないのが人材であり、この特色と価値を広く正しく伝え、仲間を集めたい考えだ。

そして、これらの価値提供を通じて「SESのイメージも変えたい」と池西氏は言う。SI業界の多重下請け構造の中で、SESには、エンジニアを労働力として捉えるイメージが定着している。しかし、本来、戦略的にプロジェクト経験を積むことで、一社に所属していては経験できない幅広い案件に関わることができ、ポジションもメンバーからリーダー、マネージャーとステップアップしていけるはずだ。同社では、AWSに特化したキャリア形成、教育を武器に、キャリアアップの最適な手段となり得る今までになかったSESを実現するつもりだ。その一端を担う教育コンテンツの拡充も進めている。現在、未経験者の育成から経験者向けのブラッシュアップまで対応できるプログラムを構築中だ。

388644AWSに関する情報と人材を一手に集め、AWSの普及とエンジニアのキャリア形成に最適なサービスの提供を目指す。
388651既に多数のプロジェクトがあり、教育体制も充実。AWSエンジニアとしての可能性が広がる場となりそうだ。
388637

最高のプロジェクトと教育環境でキャリア形成。AWSエンジニアの理想の場に

スカイアーチHRソリューションズの設立に際して、こんなことがあった。
「設立時にプレスリリースを出したところ、AWS日本法人の執行役員の方が『期待している』とコメントをくれたのです。AWSは普段、そのようななかなか対応はしません。それだけ課題感を持っているのでしょう。というのもAWSの成長速度に、AWSエンジニアの数が全く追い付かず、人がいればもっと事業が拡大すると分かっているから。事業拡大のパートナーとして、当社に期待してもらっているのだと思います」(池西氏)。

親会社はアドバンスドコンサルティングパートナーであり、プレミティアも狙う位置にある。そんな同社にしかできない役割を果たし、「AWSならスカイアーチHRソリューションズ」というブランドを確立することで、情報も人材も一手に集まる体制を早急に構築する考えだ。

また、せっかくの新しいコロナ禍に設立した会社なので、これまでの人材会社にはできなかったエンジニアにとって理想の環境、待遇も追及していく。例えば、多くの人材会社は都心の一等地にあるハイグレードなビルに拠点を構えるが、同社は、面談はオンラインで、浮いた固定費はエンジニアの報酬や教育等に投資する。オフィスは、エンジニアのための勉強や作業、コミュニケーションの場として充実させていく。

勤務形態も、クライアントに積極的にリモートを提案していく。常駐がやむを得ない場合でも、自宅との距離を十分に考慮し、できるだけ通勤や時間の負担を軽減させる考えだ。「全国の方に応募してほしい。例えば北海道等、遠隔地に在住の方ともリモートワークのモデルケースを作っていきたいです。これからお入りいただく方には、サービス設計や会社創りにも関わってもらい、本気でエンジニアファーストの会社を実現したいと思っています」(池西氏)。

例えば今、キャリア形成や報酬、自由度を重視してフリーランスを選んでいる人もいるだろう。その利点も活かしつつ、プロジェクトの質・量等の面でよりメリットある環境が提供できるようにする。そしてもちろん、AWSエンジニアとして経験とキャリアを積みたい人には、どこにも負けない最高のプロジェクトと教育環境を提供する。雇用についても柔軟に考えている。

「例えば、あるお客様先に常駐し、正社員に誘われたとします。そこに行っても構いません。何年かして新しい道を考えたい時、また相談に来てくれればいい。当社で囲い込むような狭い了見ではなく、当社がハブとなっていろいろな道が拓ける、そんなAWSエンジニアにとってのプラットフォームになれればいいと考えています」と池西氏。そんな同社の構想に共感する人には、是非仲間に加わってほしい。AWSエンジニアとしての可能性が無限に広がる場となるだろう。

389432同社は、コロナ禍に設立した会社なので、完全テレワークでカウンセリングもオンラインで行うため、従来の人材会社が対面のカウンセリングのために、集客の観点で行ってきた良いターミナル駅の良いビルに入居するということは考えておらず、そういった浮いた固定費はエンジニアの報酬や教育等に投資する。オフィスは、エンジニアのための勉強や作業、コミュニケーションの場として充実させていく。と代表の池西氏とスカイアーチネットワークス専務取締役の高橋氏は話している。
389249キャリア形成や報酬、自由度を重視してフリーランスを選んでいる人もいるだろう。その利点も活かしつつ、プロジェクトの質・量等の面でよりメリットある環境が提供できるようにする予定だ。
388646

株式会社 スカイアーチHRソリューションズに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 スカイアーチHRソリューションズに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 スカイアーチHRソリューションズ
業界 サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 5000
設立年月 2020年12月
代表者氏名 代表取締役 池西 耕平
事業内容 AWSエンジニアの人材紹介サービス
AWSエンジニアのシステムエンジニアリングサービス(SES)
エンジニア向けAWS技術習得プログラムの提供
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 5人
本社所在地 東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル 6階
388636

株式会社 スカイアーチHRソリューションズ資本金5000設立年月日2020年12月従業員数5人

「クラウドエンジニアには世界を変える力がある」日本初のAWS特化型HRサービス会社誕生!

この企業が募集している求人

Inexperienced small
×