お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

テラドローン 株式会社の企業情報

374302

テラドローン 株式会社

ドローンによるDXソリューションで、世界の産業を変えるNo1グローバルテックカンパニー

災害復興の大規模な政府プロジェクトを始め、国内外で実績多数

テラドローン株式会社は、ドローンを用いたIoTサービスを国内外に展開している産業ドローンソリューションプロバイダー。ドローンの黎明期の2016年に設立。代表取締役社長の徳重徹氏は、「黎明期にライトタイミングでスタートし、日本から世界にインパクトを与えるビッグビジネスを手掛けたい」と語る。その言葉どおり、設立からわずか4年後、2020年12月現在,東京本社含め、全国に拠点を構え、海外においても欧州・東南アジアを中心に事業展開する、世界最大の産業用ドローンソリューションプロバイダー。世界的なドローン市場調査機関のDrone Industry Insightsによる「ドローンサービス企業 世界ランキング2020」において、産業用ドローンサービス企業として「世界1位」に選ばれる

同社の特徴は、ソリューションに特化していること。「PCは、ハードから始まり、ソリューションへと領域が広がった。ドローンも最初はホビー用のハードだったが、私達はIoTの大きなアプリケーションの一つとして、ソリューション領域での活用を広げていく」と徳重氏は語る。

特に活用が進んでいるのが、土木測量の分野である。ドローンによる生産性の向上は絶大だ。例えば、40ヘクタールの土地を測量する場合、従来どおり人の手によって実施すると1~2週間かかるところを、ドローンを利用すれば1時間余りで可能とのこと。大手ゼネコン・建設会社・測量会社・建機メーカー等の案件を中心に、1,200回以上のドローン測量実績を有する。建設現場でのICT活用を促進する国土交通省の「i-Construction」事業でも、ドローンによる測量実績が全国トップクラスである。

また、保守点検の分野でもニーズが高まっている。日本では道路や橋梁、トンネルといったインフラが竣工から50年以上経っている。国土交通省によると、40万の道路や橋、1万のトンネルに対してメンテナンスが必要という。その一方で、熟練の技術者が高齢化によって現場を離れ、人材不足は深刻だ。そこで、同社ではドローンによって技術者が遠隔で現場を確認できるソリューションを提供している。近年の災害復興や区画整理のための大規模な政府プロジェクトや長距離送電線点検等、実績は多数。海外でも石油・ガス、電力、マイニング、建設分野を中心にサービス展開を加速させている。

同社のストロング・ポイントの一つは、スタートアップ特有のサービス展開の早さにある。マーケティング戦略やテールリスクの回避等、事業立ち上げの専門家集団がスピーディにプロジェクトを推し進めている。もう一つは、現場のニーズに的確に応える、豊富な業界知識だ。同社は、事業を強力に牽引するスタートアップメンバーだけでなく、その業界を熟知した人材もチームに加えている。この両者の連携により、実のあるソリューションを生んでいる。例えば、ロッテルダムでは、ドローンを飛ばし、コンビナートの貯蔵タンクの壁を超音波で測定している。取得されたデータはAIによって処理。これらに紐付くタンクの管理システムもテラドローン株式会社が提供している。「管理システムは、現場の知見が必要。当社ならそれができる。このような総合的なソリューションを目指したい」と徳重氏は語る。

374318同社は産業ドローンソリューションプロバイダーとして、世界トップクラスのシェアを誇る。
3743242020年12月現在、東京本社含め、全国に拠点を構え、海外においても欧州・東南アジアを中心に事業展開する
374307

「日本企業」の世界的なプレゼンスの復権と、社員の成長を願う熱い思い

テラドローン株式会社には、「Terra Way」という五つの行動指針がある。その一つ目に〈Challenge the world -志高く世界へ挑む-〉を掲げている。1990年代初頭、世界の時価総額ランキングの上位20位は、ほとんどが日本企業だった。アメリカで学生時代を過ごしていた徳重氏は、街中に沢山の日本企業の広告看板を見かけたという。時は移り、いまやランキング上位に日本企業の名はなく、 街中も広告看板からも姿を消した。徳重氏は、その状況を目の当たりにしている。それが、世界へかける思いへと繋がっている。「かつての日本は、町工場がその技術を世界に知らしめ、グローバル企業へと成長したことがあった。それが、私達の目指す戦い方」と徳重氏は語る。

「Terra Way」はこのほか、〈Speed for Result -スピード。それは結果のため-〉〈Grit with Ownership -当事者としての執念-〉〈Macro・Micro・Market Trends -「鳥の目」「虫の目」「潮の目」-〉があるが、最後の五つ目にある〈Humbleness・Respect・Appreciation -謙虚、尊敬、感謝-〉を、徳重氏は特に重視しているという。それは、成長したい人がスタートアップ企業にはやってくるが、謙虚でないと伸びないためだ。

元々徳重氏は、教育者・吉田松陰ゆかりの山口県出身。「当社は、ドローンを扱う会社だが、取り組んでいることは、〈人〉をつくること」と語るほど、教育に関心が高い。そのため、成長を目指す社員には積極的にチャンスを与えている。しかも、思うような成果が出せなかったとしても、その責は問わない。「むしろ、そういうヤツにやらせる」という。それは、自身の経験から、挫折こそが次の成長に繋がるという信念があるため。「新規事業は100あれば、三つ当たればいい。その確率は、神の領域」と徳重氏は語る。

しかも、同社は設立当初からグローバルに事業を展開し、ベンチャーでありながら総合商社のようなスケーラビリティがある。そのため「修羅場がゴロゴロしている」とか。「たとえ、成果が芳しくなかったとしても、“その経験があること”が強み。実際、インドで悔しい思いをした社員に、今、ヨーロッパの新規事業にチャレンジさせている。うちの会社は修行の場。〈テラ道場〉のようなイメージ。どんどん鍛えていく」と徳重氏の思いは熱い。

374331大手ゼネコン・建設会社・測量会社等の案件を中心に、ドローン測量実績は1,200回以上。海外でも石油・ガス、電力、マイニング、建設分野を中心にサービス展開を加速させている。
374311代表取締役社長の徳重徹氏は「ドローンを扱う会社だが、取り組んでいることは、〈人〉をつくること」と教育にも熱心。「挫折こそが次の成長に繋がる」という信念のもと、期待する成果が出なくても、何度でも新たなプロジェクトに挑戦させている。
374305

“空飛ぶ車の時代”に備え、世界の空を管理するプラットフォームを整備

同社は、土木測量・保守点検の分野のほか、GIS(地理情報システム)、農業、漁業、海上保安等の領域にもサービスを提供している。「ドローンによるソリューションの可能性はまだまだ広がっている」と徳重氏。2020年は、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に、ドローンによる物流や警備等の領域にも乗り出した。世界的に進むDX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として、ドローンによるソリューションをさらに推し進めたい考えだ。

「将来は、沢山の産業用ドローンが空を飛び交うようになる」と徳重氏。そんな未来を見据えて、大手企業との共同でドローン運行管理システム(UTM)の実証実験を重ねている。目指しているのは、「空を管理するプラットフォーム」。ドローンは、一台一台から沢山の情報を得ることができる。そのデータをUTMで集積することで、次のビジネスに生かしたいという。

また、いずれドローンはUTMによって国が管理することになると徳重氏は予測。実際、海外では国レベルのドローンのUTMが動いている。テラドローン株式会社のグループ会社であるベルギーのUnifly社は、カナダのほかヨーロッパの一部の地域にドローンのUTMを既に提供している。今後も世界各国の企業と連携し、世界の空を牛耳るUTMを目指したいという。

徳重氏が、UTMに強くこだわるのは、未来を見据えてのこと。「空には色々なレイヤーがある。航空機があり、その下にヘリコプター、ドローンはさらにその下となる。しかし、今後、ヘリコプターとドローンの間にもう一つ、“空飛ぶ車”が加わるはず。ドローンで培ったノウハウを生かし、これを取り込むことができれば、大きなビジネスチャンスになる」と徳重氏は言葉に力を込める。

テラドローン株式会社の志は高い。社員の入社理由も、「事業をつくりたい」「世界で戦いたい」「ドローンで新しい産業をつくりたい」と熱の塊のようである。徳重氏も求職者に対し、「何を考えて、何をしようとしているのか、面接では本音をぶつけてほしい」と語る。

今の時代、様々なIoTによるソリューションや、5Gといった新たな領域にも魅力があるが、具体的に何ができるのかは、正直なところイメージしづらい。しかし、ドローンによるソリューションは、今すぐできるところ。まさに、リアルバリューが“見えている”領域といえる。未来への手触りを感じつつ、自分の力で引き寄せていく。そんな得難い“修羅場”が、テラドローン株式会社にはあるだろう。

374329現在、ドローンのUTM(運行管理システム)の提供にも力を入れ、世界の企業と提携を進めている。
374321空飛ぶ車が実用化された未来に、世界の空を牛耳るビジネスを目指す。
374308

テラドローン 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、テラドローン 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 テラドローン 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
不動産・建設系 >  建築・土木・設計
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
資本金 5億6980万円
設立年月 2016年02月
代表者氏名 代表取締役社長 徳重 徹
事業内容 ドローン事業
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 100人
本社所在地 東京都渋谷区渋谷二丁目14番13号 岡崎ビル 409
374302

テラドローン 株式会社資本金5億6980万円設立年月日2016年02月従業員数100人

ドローンによるDXソリューションで、世界の産業を変えるNo1グローバルテックカンパニー

この企業が募集している求人

372721
BtoB向け SaaS&ハードウェアの自社プロダクト国内No1シェアのTerra Lidarのプロダクトマネージャー募集!
プロダクトマネージャー

・Terra Lidar製品・事業全般のマネジメント(プロダクトマネジメント) ・Terra Lidarの生産管理(QCD改善、販売オペレーション構築) ・CX部門の立ち上げ ・主要顧客への技術提案営業 ・導入企業様のアフターサポート及び満足度調査 etc

374317
ドローン領域でのBtoB SaaSプロダクトのバックエンドエンジニア募集
バックエンドエンジニア

▼業務内容 ・ドローンサービス開発のプロジェクト管理 ・ドローンサービスの企画・要件定義・設計 ・プロジェクトメンバーの進捗管理・調整業務 ・開発チームとの連携.システムのテスト設計・リリース ・プロダクト品質改善に関する取り組み ・業務上の問題点の改善提案・工数削減の新ツールの導入提案 ・ドローンの運航管理システム「Terra UTM」のソフトウェア開発全般 ・ドローン...

374317
【ドローンからのデータ解析】未経験者大歓迎!今後成長見込まれる分野です
ドローンからのデータ解析(東京本社)

【概要】 ドローンサービスの領域で世界1位のポジションにいる当社は、国内でも1200件を超える圧倒的なドローン測量/点検実績を有しています。 ドローンを用いた空撮画像または三次元レーザー計測で得たデータから2次元/3次元の地理データの生成及び解析を行います。 建設業においての経験は不要ですが、測量の基礎知識や、土木業界(建設会社、建設コンサルタント、航空測量等)の知見をお持ちの方は...

374317
ドローンSDKを使用したiOSエンジニア募集
iOSエンジニア

・ドローンサービスのアプリ設計・開発 ・各ドローン関連SDKを使用できるSDK開発 ・開発チームとの連携(オフショア) ・顧客との要件など連携 ・実際にドローンを飛行させてのテスト

372720
最先端ドローン測量で建設業界に貢献したい測量士募集!
ドローン測量技術者

ドローンを用いた写真測量やレーザ測量をご担当いただきます. 現場オペレーションを中心に技術提供の提案を含めパイロットとしてご活躍をいただきます。

372718
ドローン領域でのBtoB SaaSプロダクトのフロントエンドエンジニア募集
フロントエンドエンジニア

・Terra Lidarのフロントエンド開発 ・Terra Mapperのフロントエンド開発 ・UI/UX設計 ・API設計

Noimage
業務用ドローンを使ったDXを建設業に推進する東日本チームを募集!
営業

東京本社を拠点にした技術提案型コンサルティング営業となります。 主には⼟⽊業界向けのドローン測量やドローン点検が中心ですが、技術発展が著しいドローン領域において、最先端技術の商材・サービスを都度キャッチアップしつつ、お客様の幅広いニーズを正確に把握した上での提案営業が求められます。東京本社にいながら東日本中心にDXを建設業に推進していくチームとなります。

374317
ドローンの未来を支えるドローンのインフラ作り! UTM事業(運航管理システム)プロジェクトマネージャー
プロジェクトマネージャー

▼業務内容 ・ドローンサービス開発のプロジェクト管理 ・ドローンサービスの企画・要件定義・設計 ・プロジェクトメンバーの進捗管理・調整業務 ・開発チームとの連携.システムのテスト設計・リリース ・プロダクト品質改善に関する取り組み ・業務上の問題点の改善提案・工数削減の新ツールの導入提案 ・政府関係者との折衝

374323
国内シェアNo1自社IoTプロダクト「Terra Lidar」リードエンジニア
自社製品プロダクトマネージャー

国内シェアNo1のドローン搭載型高精度レーザマッピングシステム「Terra Lidar」の量産に向けた製品のリードエンジニア

残り6求人をみる
Remotework small
×