お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 QLifeの企業情報

373883

株式会社 QLife

日本最大級の医療メディア「QLife」を運営。医療と患者・生活者のギャップ解消に貢献

【会社の成り立ち】 2025年までに売上規模の倍増へ、成長戦略は新規事業・サービスの開発

「情報を届けること」「人を動かすこと」に特化した
メディカルマーケティングの実践者となり
医療業界の課題を解決する

これが当社の企業理念です。

2006年11月創業以来、QLifeは医療×ITの分野で事業展開をしています。
病院やクリニックの口コミ情報サイト「QLife」や、特定の病気にフォーカスした複数の自社メディアを運営し、それらを活用する形で、マーケティング事業を展開してきました。メディアとしての到達力や、企業の課題を踏まえて患者さんや生活者のニーズに応える情報を加工・編集する力を発揮し、マーケティング事業は急成長。現在は売上の多くを占める柱となっています。

2016年、エムスリーグループに参画。元々、エムスリーはQLifeにとってコンペティターであり、時に協業先でもありました。医療業界向けのメディアに強みを持つエムスリーと、toCに強みを持っているQLife が、相互補完関係を発揮することでお互いに高め合えると判断し、加わることになりました。

2018年、新たに「治験」の被験者リクルーティング事業を立ち上げ、2020年には治験事業を株式会社ヒューマから譲受。メディア事業とマーケティング事業が中心となっていた中で、治験事業が新たな柱として業績を伸ばしています。

2025年までに売上規模の倍増を目標に掲げています。その成長戦略は、新規事業・サービスの開発です。近年開発を手がけ始めたLINE botが大変好評で、受注し切れないほどのニーズが寄せられています。IT界のテクノロジーの進化とともに、その波をとらえ、新サービスを次々にリリースしていきたいと考えています。

373506
373834
373487

【事業紹介】 医療・患者さん・生活者をつなぐ-メディア事業、マーケティング事業、治験事業

●メディア事業
自社独自の複数の医療情報サイトを開発・運営しています。

・「QLife」:患者さんと一般生活者を対象とする、月間約600万人が利用する日本最大級の医療メディア。全国約17万件の病院やクリニック、歯科をキーワードや場所、口コミなどで検索できる。患者さんや医師・看護師などの口コミ情報が豊富。キーワードや疾患、パッケージの記号などから薬の検索も可能。

・「QLifePro」:医師や薬剤師をはじめとする医療従事者約8万人の会員を擁する医療メディア。専門的な医療情報や研究報告へのアクセス、医薬品添付文書の検索、患者さんへの説明支援ツールなどが利用できる。

・特定の疾患に関するメディア:炎症性腸疾患(IBD)患者さん向けの情報サイト「IBDプラス」、がん患者さんと家族を応援する「がんサポート」、各がん種の最新情報や患者会の情報などを提供する「がんプラス」、遺伝性の病気の関連情報を提供する「遺伝性疾患プラス」がある。

その他、エムスリーグループ各社のWebサイトの構築や更新なども手がけています。

●マーケティング事業
製薬企業が抱える課題を解決するためのマーケティングソリューションを提供しています。課題を解決する方法は一つではありません。クライアントの課題、病気に苦しむ患者さんの悩みは異なるため、何が最適なのかを常に考え、時にはこれまでになかった新しいサービスを開発することもあります。

患者さん向けに、日常的に使える疾患に関するWebコンテンツや、薬の飲み忘れや体調管理、医師との治療の認識を合わせる機能を持つLINE botを開発したり、医師向けに特定の病気診断に役立つ診察法を啓蒙するための冊子を作製することもあり、業務は多岐にわたります。

●治験事業
医薬品の開発および新薬承認申請には、実際に人に投与して効果を見る治験(臨床試験)が必須となりますが、治験参加者が予定通り集まらない試験が多くあり、その結果、開発コスト増加や遅延による売上機会損失、さらには開発ストップといった事態を招いています。

薬が届かずに苦しんでいる患者さんの手助けをするために、自社メディアや医療従事者のネットワークなどを持ち、より広範な対象者にアプローチすることで、治験の情報をより多くの方に届けています。

医療・患者さん・生活者の間には「情報のギャップ」があります。これら3事業を通じて、情報ギャップという課題を解決し、患者さんがより良い治療の選択ができるよう取り組んでいきます。

373489
373884
373486

【企業カルチャー】 プロジェクト上流の企画段階から専門職も参加し意見を出し合う

QLifeでは、企業カルチャーづくりの基軸として行動理念、行動指針を掲げています。

●3つの行動理念と9つの行動指針
Mind「身近な相談者になる」:相手の目的・課題を理解し、一番寄り添える存在であります。
Skill「相手の期待を越える」:常に求められるものの半歩先を見通したスピード・クオリティで対応します。
Personality「できるを探す」:我々だからできること、”ならでは”の発想を提供します。

これら3つをさらに「個人」「チーム」「対クライアント/ユーザー」と掛け合わせ、9つの「行動指針」にブレイクダウンさせています。
「Mind×個人」は「Happy」(仕事を楽しむことで、周りを受け入れる余裕を持つ)
「Mind×チーム」は「Respect」(チームのメンバーを尊重し、自分の意見を押し付けるのではなく、周りの意見も受け入れる)
「Mind×対クライアント/ユーザー」は「Another Purpose」(クライアント・ユーザーの視点に立ち、相手を尊重することで目的・課題意識を共有する) など

これら行動指針は、人事考課における定性評価指標として定めています。

エンジニアやデザイナーといった専門職であっても、プロジェクトの上流の企画段階から参加し、意見を出し合うカルチャーがあります。社員間のコミュニケーションは活性化し、風通しの良さにつながっています。

プロジェクトの企画から運用までを一貫して担う上で必要なチャレンジマインドと、自ら提案できるような主体性や積極性の持ち主がある方を歓迎しています。

●「Patient Support Program」や「Unipos」などの福利厚生
現在、従業員数は約110人、平均年齢は36歳で、女性比率が60%です。
働くパパ・ママに対する周囲の理解は大きく、急なお休みや早退もしやすい雰囲気があります。女性が働きやすい環境が、女性比率の高さにつながっていると思います。ちなみに、代表の有瀬自身、毎日保育園のお迎えに行っています。

また、医療情報の会社であることから、従業員の健康をフォローアップする施策も充実させています。エムスリーがサービス提供する「Patient Support Program」(病院探しやセカンドオピニオンなどのサポートを受けられる)を家族も含めて無料や割引料金で利用できるほか、婦人科健診やインフルエンザ予防接種費用の全額補助なども行っています。

さらに、ピアボーナスを贈り合う制度として、「Unipos」を導入しています。リモートワーク体制を取っている現在、希薄になりがちな社員間のコミュニケーションを補う役割を果たしています。

373499
373885
373484

株式会社 QLifeに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 QLifeに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 QLife
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 1億4961万円
設立年月 2006年11月
代表者氏名 代表取締役 有瀬 和徳
事業内容 ■月間600万人が利用する日本最大級の医療総合メディアQLife
医療や健康に関する情報、ツール、アプリなど、様々なサービスを提供しています。

■専門的な医療情報や医療現場で使えるツールなどを提供
医療従事者の為の医療総合サイトQLifeProを中心に、開業・経営支援、医療研究支援、臨床支援など、医療者向けの様々なサービスを展開しています。

■医療・健康に特化した「メディア×ITソリューション」
日本最大級の医療メディアを運営する「QLifeだから」できる、ソリューションを提供します。
主要株主 エムスリー株式会社(東証一部)
従業員数 110人
本社所在地 東京都港区虎ノ門4-3-9 住友新虎ノ門ビル7階
373883

株式会社 QLife資本金1億4961万円設立年月日2006年11月従業員数110人

日本最大級の医療メディア「QLife」を運営。医療と患者・生活者のギャップ解消に貢献

この企業が募集している求人

373506
【システムエンジニア】Webアプリケーション等の開発に伴う、仕様策定、設計、開発物の品質管理
システムエンジニア

医療関連企業を顧客としたソリューション事業において、インフラの設計・管理及び、Webアプリケーション等の開発を行います。 【主な業務内容】 ■サーバー管理を委託している会社とのインフラ構築・運用に関する調整 ■仕様検討時の開発視点での助言 ■基本設計、システム詳細設計 ■アプリケーションの開発 ■品質管理(ソースコードレビュー、検証等) ※直近ではLINE Messag...

404042
【ソフトウエアエンジニア】医療と生活者の距離を縮める総合医療メディア「QLife」を技術面からグロースさせる
ソフトウエアエンジニア

【ミッション】 QLifeは医療業界が抱えるさまざまな課題を解決するべく、「医療情報サイトQLife」をはじめ、生活者や医療従事者、法人向けにサービスを展開している会社です。 その中でも開発チームはアーキテクチャリニューアル等技術面に大きく投資をしているフェーズ、第二創業期を迎えています。 ビジネスを更にスケールさせるため、既存サービスのPDCA、メンテナンス、新サービス開発を加速させ...

373506
【デジタルマーケティング】時価総額3兆円超のエムスリー子会社で、デジタルマーケティングのプロとして医療業界課題の解決を担います
デジタルマーケティング

【ミッション】 病気に悩む患者さんへ、医療情報、治験情報、エムスリーグループが保有する様々なサービス等を、デジタルマーケティングの力でお届けし、患者さんのQOL向上に寄与いただきます。 医療に関する情報は高度でわかりづらい側面があります。加えて、強く情報収集に努められている患者さんにのみ情報をお伝えするだけでは影響力に欠けます。本当に困っている一人でも多くの患者さんに、エムスリーグループ...

404042
【SRE(Site Reliability Engineer)】自社サービスの信頼性を高め、スケーラビリティと高速なシステム・デリバリーを実現する
SRE(Site Reliability Engineer)

【概要】 ■ミッション QLifeが提供するサービス全般の信頼性を高め、スケーラビリティと高速なシステム・デリバリーを実現することで、ユーザーにより早く安定した価値を届ける。 ■担当事業、サービス QLifeが提供する事業・サービス全般。例)QLife病院検索、QLifePro 【具体的な仕事内容】 ■サービス横断でSLIやエラーバジェットを管理する基盤システムの開発・構築 ...

373506
【メディカルコンテンツのエディター】一般向けおよび医師向けのコンテンツ企画・制作
メディカルコンテンツのエディター

製薬企業などのヘルスケア関連企業を顧客としたマーケティング事業の一環で、各種医療関連コンテンツの企画制作を行います。 顧客のマーケティング課題に基づく支援施策の企画・実行を担っていただきます。 【具体的な仕事内容】 ■マーケティング企画を前提とした顧客への要件ヒアリング ■マーケティング企画におけるコンテンツの企画・提案(コスト試算含む) ■プロジェクトの要件に沿った詳細なコン...

373506
【企画営業】時価総額5兆円超のM3グループ会社で、「エビデンスソリューション事業(治験関連事業)」を牽引できます
企画営業(治験事業部)

【概要】 クライアントである製薬メーカーのニーズは、治験を早期に終了し1日でも早く医薬品を上市させる点にあるため、様々なサービスの企画提案・実行を行うことで、新薬開発の効率化を支援します。 【具体的な仕事内容】 ■製薬会社をはじめとするクライアントの潜在ニーズを把握し、QLifeならびにM3グループの各種プロモーションツール*を活用し、治験と被験者をマッチングさせる被験者リクルート...

残り3求人をみる
×