お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ロンバードの企業情報

360594

株式会社 ロンバード

"ファンづくり”に尽力、利用者満足度トップクラスを誇るASP「felmat」

100%自社開発のインターネット広告サービス「felmat」

クローズドアフィリエイトサービス「felmat」(フェルマ)を運営している、インターネット広告代理事業を展開している株式会社ロンバード。同社は“Fan Making(ファンづくり)”をポリシーに掲げ、全社一丸となってユーザーサービスに努めているところが最大の特長だ。
会員のアフィリエイターや広告クライアントからの問い合わせに迅速に回答するのはもちろん、ニーズのヒアリングを丁寧に行い、内容を理解した上で提案を行うといったユーザーファーストの姿勢を貫いている。

同社は東京、大阪、福岡の3拠点に分かれ、日本全国をカバー。基本的にユーザーのもとに足を運び、ニーズのヒアリングや提案を行っている。つまり、全営業担当はバランスを取ってあらゆるユーザーに等しくハイタッチなサービスを提供しているのだ。

 機能面でも、検索エンジンの上位表示キーワードを発見し自動的に広告案件を紹介する高精度の機能や、流入キーワード計測機能、効果測定用パラメータ、管理画面の見やすさなどが高く評価されている。エンジニアは、どうすればより使いやすいASPになるかを日々追求し、各自が自主的に改良に取り組んでいるのだ。

 こうした姿勢に、ASP比較サイトには「サポートが神対応」といった評価コメントが並ぶ。「アフィリエイトプログラムに関する意識調査」における利用者満足度では、数多くの大手ASPを抑えて3年連続2位にランキングされている。2012年設立の同社は、ASPとしては後発。そこで、他のASPにはないサービスや機能を磨き込んできた結果だ。

 「felmat」のほかには、2018年2月から新規事業として、エンジニア向け機械学習e‐ラーニングサービス「codExa」(コデクサ)を運営している。AI戦略室室長を兼ねる執行役員の増田秀人氏は、書籍『現場で使える! pandasデータ前処理入門 機械学習・データサイエンスで役立つ前処理手法』(翔泳社)の著者でもある、AIのプロフェッショナルだ。
「『codExa』は、単体の新規事業というよりも、当社の主軸サービスであるデジタルマーケティングプラットフォームとしての『felmat』のデータ分析力強化のために、シナジーを発揮させる大きな目的があります。『codExa』は、世の中のエンジニアの付加価値を高めることに貢献するとともに、当社全体の付加価値を高める位置づけにあるといえます」と増田氏は強調する。

362409広告の知識など図を描いたりもして、随時、わかりやすく説明します。
362433休憩スペースにてお菓子とお茶で雑談。時には一息つく事も大事です。
362430

ミッションは、“問題解決”

同社の設立は、2012年4月。以来、“問題解決”をミッションとして事業活動に取り組んできた。
 主力サービス「felmat」によるインターネット広告事業においては、クライアントのニーズを把握し、的確な課題設定から、その解決に繋がるメディア選定や配信、訴求方法などの戦略を練り、提案する。施策については、豊富なデータに基づいたきめ細かい内容を立案し、PDCAを高速で回す。システム面においても、エンジニアは営業担当と連携をとり、アフィエイターやクライアントのニーズを積極的に把握して、改善に繋げる新機能を開発・実装する。
 このように、全員が「今よりももっと良くするには、どうすればいいか?」を常に考え、議論し、実践を繰り返すカルチャーがある。

 そんなカルチャーの形成には、同社を取り巻く環境が大きく奏功しているといえる。まず、クライアントは金融業から通信販売業まで多種多様な業界に広がり、それぞれの業界特性ごとに最適なソリューションを提供する必要がある。一方、アフィリエイトメディア側は、大手企業のものから個人のYoutuberまで幅広くバラエティに富み、最適な広告を提供できるレンジが広い。自ずと“追求する”環境があるのだ。こうしたユーザーに対して、ASPとして新規機能やUI/UX改善を通じて価値を高め続ける“進化”が、同社のカルチャーの核心となっているのである。
 もちろん、その根底には“Fan Making”のポリシーがあることはいうまでもない。

 今後のビジョンとしては、目下急成長を続けている「felmat」(フェルマ)をさらに伸ばすとともに、海外市場の開拓にも取り組む構えだ。海外においても国内同様、現地に根ざした“Fan Making”活動に主軸を置く。

 一方、『codExa』(コデクサ)の拡大と、それに続く新規事業への取り組みも進める。
「『codExa』はメンバーの『やりたい』という声をもとにスタートさせました。ほかにも、メンバー発案のECやメディアにもチャレンジしています。こうした社員の自発性を重視するカルチャーも、当社の特長といえますね」(増田氏)

362441ビジョンを実現させるために、しっかりと戦略を立て、実行していきます。
362435取引先との電話はアイスブレイクな話も入れつつ、丁寧で真剣に。
362410

フルスタックエンジニアになれて、機械学習も学べるスペシャルな環境

同社の社員数は約30名と少数精鋭で、平均年齢は29歳。男女比6対4という構成である。東京本社のほか、大阪と福岡に拠点展開し、それぞれ各エリアにおける同様の業務を分掌している。
 このため、年1回の決算時に全社会を行い、1年の振り返りと次年度の方針などを共有。その後、懇親会で親睦を深めている。また、毎年社員旅行も実施し、ハワイやグアム、セブなどに出かけている。全額会社負担で自由参加であるが、参加率は毎年ほぼ100%だという。役員含めてフラットで、風通しのいい組織が特長的だ。

 エンジニアの就労環境としては、あらゆる技術要素に社内で一貫して取り組んでいる点にメリットがあるといえるだろう。フロントエンド、サーバーサイド、データベース、インフラとすべて社内で手がけているため、自然とフルスタックになる環境がある上に、機械学習も学べる環境が揃っている。「これだけやっていればいい」ではなく、「機械学習を用いたレコメンドエンジンをつくってみたい」と取り組むメンバーがいるなど、やってみたいことにはどんどん挑戦して取り組めるカルチャーがある。

エンジニアとしては、営業が同じフロアのすぐ近くにいるため、営業やユーザーの困りごとを知り、エンジニア自身が新しいサービスや機能を企画し、設計・開発するといった複数のプロジェクトを回している。
「その結果をユーザーからダイレクトに評価して頂き、褒めて頂いた時は嬉しくなり、より頑張ろうと思いますし、改善の必要がある場合はすぐに直します。随時、スピード感を持って対応するので、着実にスキルアップが出来る環境ですし、物凄く手応えを感じられると思います」と、プロダクト Div.のエンジニアである太田 峻氏は胸を張る。

 同社では、経験を有するエンジニアを求めてはいるが、新人にはシステム面やビジネス面の研修をしっかり行う上に、実務経験を15年以上積んだメンターもつくので安心できるだろう。

 求める人物像は、素直さ × 意欲 × コミュニケーション志向。
「それさえ備わっていれば、いくらでも成長できる環境があると自負しています」と増田氏は呼びかけている。

362403エンジニア同士、しっかり、相談しながら進められるので安心です。
362935機械学習の書籍を出版する程のスペシャリストも在籍しています。
360596

株式会社 ロンバードに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ロンバードに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ロンバード
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
資本金 5,000万円
設立年月 2012年04月
代表者氏名 平野 隆之
事業内容 自社開発のクローズドアフィリエイトサービス「felmat」を運営。“ファンづくり”をポリシーに、全社一丸となってユーザーサービスに努めているところが最大の特長。顧客からの信頼を得て業績は順調に上昇気流に乗っており、成長が期待されるベンチャー企業100社を紹介する『ベストベンチャー100』に3年連続で選出。エンジニアも使いやすいUI/UXを主体的に追求しており、フルスタックエンジニアになれやすく、機械学習も学べる環境は特長的。
従業員数 28人
平均年齢 29.0歳
本社所在地 〒141-0031
東京都品川区西五反田1丁目5-1 A-PLACE五反田駅前3F
360594

株式会社 ロンバード資本金5,000万円設立年月日2012年04月従業員数28人

"ファンづくり”に尽力、利用者満足度トップクラスを誇るASP「felmat」

この企業が募集している求人

Dxsmall
×