お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ネットフィッシュの企業情報

358920

株式会社 ネットフィッシュ

人と技術を組み合わせ最適なビジネスプロセスを創り出す大阪のIT企業

自らの実績をベースにEC・物流・店舗管理のシステム開発を受託

株式会社ネットフィッシュは大阪市を拠点にビジネスを展開するIT企業である。Eコマース、Webサイトの企画・制作・管理・運営、Webアプリケーションシステムの開発業務などを手がけている。主要事業は、自らが販売主体となったEC事業と、国内における物流システムおよび店舗システムの構築・運用だ。

同社は2016年1月、代表取締役社長・福田健氏が、前職時代の同僚2人で設立した会社だ。前職は大阪市内のシステム開発会社であり、2人ともエンジニアだ。もともと企業と直接契約し、企画や要件定義などの上流工程から、設計、開発、運用まで、一気通貫で請け負うスタイルだが、設立当初は、特に分野も業種も絞らず受託していた。

転機となったのは2017年4月、代表の福田氏が、知人と一緒に別会社を作ったことだ。当時はまだ訪日外国人のインバウンド需要が顕在化する以前。アジアからの観光客に人気の大阪ミナミエリアでも、ドラックストアが乱立していなかった時期に、訪日外国人の需要を見込み、日本橋にドラッグストアを出店。同時に、郵便局と提携し、店で買った商品を、買い物客の現地の家まで発送する仕組みを作った。観光客のツアーには必ずガイドがついてくる。彼らはツアーに参加していない現地の人々からの買い物代行業者でもある。そこで買う量は、手持ちで持ち帰ることが出来る物量ではない。そこで同社は郵便局と提携して、店で大量に受けた注文品が揃ったら、自社で開発したシステムを使ってインボイスを作り、空港に持ち込んで輸送する仕組みを構築した。

その中で、実質的に全権を握り、事業を推進したのが、役員として参画した福田氏だった。業務システムの構築のみならず、計数管理や店舗運営、物流の仕組み作りまで担い、物流に関しては、郵便局内部に入り込んで、国際郵便の仕組みを勉強して、輸送までの手順とシステムを構築していったのである。

事業は好調だったが、インバウンドが過熱してくると大手チェーンが乱立し始めて競争が激化したことから撤退を決めた。ただし、この時に流通や物流の仕組みを把握し、ビジネスのポイントを掴んだことが、後のビジネスに生きてくる。

福田氏は、2018年10月に、ネットフィッシュ社に戻ると、それまでの経験を活かしたビジネスを展開し始めた。その1つがEC事業だ。国内、海外を対象とし、ヘルスケア商品や化粧品、雑貨などを、自社サイトとECモールに構えたECサイトで販売している。2018年11月頃から企画や仕入れルートの開拓などの準備を始め、2019年4月に本格的な運用をスタートさせている。自社サイトは日本語の他、英語、中国語の2カ国語に対応し、中国、オーストラリアの顧客を中心に好調なスタートを切った。2020年3月以降は、新型コロナウィルス感染症拡大でEC市場全体が伸びた影響もあって、国内の売上も急拡大。現在は、その実績と、それまでに築いた業界のコネクションをもとに、他社のECサイト構築と運用サポートを受託している。

「弊社は、有力企業とのパートナーシップで、対象市場の文化や特性に合わせたEC展開が可能です。中国市場が縮小したとしても、北米など大きな市場にターゲットを変えてビジネスを継続できます。地域が変わってもECの基本は変わりません」(福田氏)

一方、自社に蓄積されたビジネスノウハウをもとに提供されるサービスで、全国規模で事業を展開する大企業から、ローカルビジネスを展開する小規模事業者まで数多くの取引先を獲得。システムの提供のみならず、販売方法を初めとするノウハウをセットで提供することで、単なる受託開発では得られない利益率の高いビジネスが実現しているのである。

358935
358940
358925

人と技術の組み合わせで最適なビジネスを創り出す。創業の原点

同社の従業員は5名。外注は一切使わない。それでいて2020年度の売上は4億円を見込む。システムを使って業務の自動化、効率化するノウハウも同社の強みだ。だが2021年度に向けては、すでに7億円分のビジネスが動き始めており、さすがの同社でも手が回らなくなり始めている。そこで同社では、エンジニアを中心に増員を図り、さらなる成長を目指して行く考えだ。

福田氏は中国の出身。中国の有名大学でコンピューターならびにITの勉強をし、2006年に来日しで大学に入り国文学を学んだ。4年間国文学を学んだことで、言葉だけではなく日本の文化を知ることが出来、日本で仕事をする上でも大いに役立っているという。福田氏が日本に留学したのは、日本文化への関心によるものだった。幼少期にテレビで見ていたのは専ら日本のアニメだったという。当時の日中関係は良好で、周りの大人達も日本は素晴らしい国、電化製品も自動車も素晴らしいと、良いイメージしかなかった。アニメには、幼少期の中国とは違って近代的な建物や乗り物が描かれていた。本当にこんな社会があるのかと確かめてみたいという想いもあり、2006年3月、中国の大学を卒業すると同時に来日することを決めた。

大学卒業後は、大阪のIT企業に就職。4年間プログラマとして働き、サブマネージャーへと昇進し開発の中核を担う存在として、2016年1月まで在籍した。その間、競馬場のシステムや、ガラケーやスマートフォンのアプリなど、様々な開発プロジェクトに携わって来た。だが、会社の経営方針に疑問を持ち始めたことから、一緒に開発の中心を担っていた同僚と共に独立し、起業したのである。

「前職在籍時は、今、国を代表する会社と肩を並べるまでに成長させたいと思い、2人で一生懸命勉強しました。しかし、会社は目先の利益しか見ていないため、私達のアイデアは悉く却下され、一生懸命勉強したことが報われることはありませんでした。そこで私達は、自分達が獲得した新しい技術や知識を活用できる場を作るためにネットフィッシュを設立しました」(福田氏)

前職の会社の目先の利益に偏重した経営方針は対従業員の面にも及んでいた。どんなに一生懸命頑張って売上を伸ばしても給料は上がらない。給料のみならず、目先の利益を重視することによって、従業員への配慮を欠く出来事は沢山あった。そういった経験があったからこそ、福田氏は、従業員に嫌な想いをさせるような会社にはしたくないと考える。

「“人と技術”を組み合わせて最も適したビジネスプロセスを創り出す。それが創業の原点です。だからこそ社員は家族のように大事したい。世の中の平均以上の給料や賞与、昇給などはもとより、福利厚生なども充実させていく考えです。創業時の想いを、将来にわたって磨き続け、働いている誰もが幸せになれる会社を作っていきたいと考えています」(福田氏)

358936
358939
358922

少数精鋭で利益を最大化。個人の意志と成長を大事にする会社作り

常に世の中の技術動向を把握し、人と技術の融合により、品質と価値の高いサービスを継続的に提供する。それが同社の掲げるビジョンだ。今後については、まずは現在の事業の延長上で、先端のデジタル技術を活用しながら、様々な角度から人々のヘルスケアをサポートしていく考えだ。しかし中長期的には、ヘルスケア領域以外へ進出する意欲も示す。

「ビジネスで得た利益はビジネスに投資すべきだと考えています。2022年度は、さらに不動産、保険などの領域で、我々の技術を生かしたビジネスに取り組む計画です。このようなビジョンを達成するためにも人が大事です。社員一人ひとりの成長が未来を創ると考えています」(福田氏)

社員は無限の可能性を秘めた最大の資産であると捉え、個人の成長に必要な教育は惜しまない。全員に公平に機会を与え、実績と能力によって適正な評価と報酬を提供する方針だ。

ただし無闇に組織を拡大するつもりはない。あくまでも少数精鋭の組織で、利益の最大化を図っていく考えだ。

「期待することは能力より性格です。明るい性格の人が良い。なぜなら少人数の会社だからです。少人数で仕事をするには、コミュニケーションが重要です。特に自分がどのように成長したいのか、また仕事をする中でストレスを抱えたり困ったりしていることなども表に出して欲しい。お互いに理解し合って仕事を進めていくことが大事です」(福田氏)

人数が少ないからこそ、プロジェクトに一貫して関わることが出来る。自分が作ったものを顧客に納め、直接評価を受け、フィードバックをもらいながら改善していくことが出来る。言われたことだけをこなすのではなく、プロフェッショナルとして仕事に向き合えることが最大の魅力だ。

個人の意志と成長を大事にしたい。福田氏はそう強調する。“コロナ禍”と呼ばれる状況がどのような終息の仕方をするのかは未だ不確定要素が多い状況だが、そんな中でも社会は確実に動き出している。その中核にあるのは人間と技術だ。ネットフィッシュ社は、小規模ながらも、そのことを実感できるIT企業の1つだ。

358926
358930

株式会社 ネットフィッシュに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ネットフィッシュに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ネットフィッシュ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 300万円
代表者氏名 福田 健
事業内容 株式会社ネットフィッシュは大阪市に拠点を置くIT企業だ。国内外に向けたEC事業と、物流システムおよび店舗管理システムの受託開発を主力事業とする。強みは先端技術と実務を通して蓄積したノウハウ・実績だ。インバウンド市場の活性化を見込み、いち早く大阪・日本橋にドラッグストアを出店。大口需要に対応する一方、大口の注文品を現地へ輸送する仕組みを作った。その経験を活かし大手物流会社やドラッグストアチェーンなどへシステムとノウハウを提供している。人と技術を組み合わせて最適なビジネスプロセスを創り出す。創業の原点を磨き続ける。
従業員数 5人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 〒540-0029
大阪府大阪市中央区本町橋6番19号本町第2今岡ビル901
358920

株式会社 ネットフィッシュ資本金300万円従業員数5人

人と技術を組み合わせ最適なビジネスプロセスを創り出す大阪のIT企業

After covid19 bottom
×