お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 パンテックの企業情報

349112

株式会社 パンテック

廃プラスチックリサイクルに関する最適なソリューションを、ITを駆使して提案する企業

地球環境にやさしい企業、世の中に必要とされる企業を目指す

株式会社パンテックは、廃プラスチックリサイクル処理のトータルプロデュースを展開する会社だ。会社設立は1996年4月で、滋賀県大津市に本社、東京都墨田区に東京支店、福岡市博多区に九州支店、ベトナム・ホーチミン市に駐在所を置く。
【事業内容】
・プラスチックリサイクルの提案・用途開発
・プラスチック再生原料の三国間貿易
・フレキシブルコンテナ・回収ボックスのオーダーメイド・輸入販売
・粉砕機・圧縮機などリサイクル処理機の開発・販売

主な事業はリサイクル原料の調達・販売で、リサイクル専門商社という立ち位置では国内トップクラス。国内集荷拠点は33カ所、提携加工工場は48カ所にのぼる。販売相手国は17カ国とグローバル展開しており、2019年度の売上高は41.2億円にのぼる。

代表取締役を務める黒木政明氏は、福岡大学を卒業後、京都セラミック株式会社に入社。主に欧州向けの貿易関連業務に従事し、33歳から5年間、西ドイツ(当時)に駐在した経験もある。環境保護に熱心に取り組む西ドイツに対し、日本のリサイクルがまだまだ発展途上の段階にあると感じた黒木氏は、今後のリサイクルビジネスの必要性を感じ取り、パンテックを設立した。

黒木氏は語る。「私たちの地球は、豊かな自然の包容力によって人類の活動を支えてきました。しかし近年は地球温暖化が世界のいたるところにさまざまな問題を投げかけ、人類の存続さえ危うくしています。これからは私たち一人ひとりが地球環境にかける負担を軽減し、より一層、地球に対する思いやり、やさしさを追求していく必要があるのではないでしょうか? 一方、企業は社会的な責任を果たしながら、企業活動の目的である企業価値の増大や、利益の追求を図っていく必要があります。パンテックはプラスチックリサイクル材料を取り扱う企業として、企業活動を通じ、可能な限り地球に負荷を与えない再資源化を追求していきます」。

349152
349148
349115

廃プラスチックの再資源化(資源の完全ループ化)の新しいカタチ

ここでは、パンテックの主要な5つの事業について簡単に解説を加えていこう。

1. プラスチックリサイクル・コンサルティング事業
産廃プラスチックの有価資源化提案や燃料化提案をおこなう。さらに、素材そのものの評価や市場調査、長期的なオペレーションを前提とした価格・コストの算定、法規制やリスク評価をはじめとするリスクマネージメントなど、事業内容は多岐にわたる。

2. リサイクル・コンパウンディング
月間8000トンの豊富な母材をベースに、顧客のニーズやスペックに沿った再生コンパウンド原料を委託生産する。全国30社超のパートナー工場と連携し、顧客の要求管理レベルに合わせたオペレーション体制の構築や、再生母材のブレンド比率、品質管理に対するアドバイスなども提供する。

3. サーキュラーエコノミーシステム(循環型経済)構築支援
工場などで発生した梱包用フィルムなどを、独自のリサイクル技術によって高品質なプラスチック原料に再生する。最終製品の生産委託先工場では、クリアファイルやごみ袋などの副資材として活用されている。その他には、廃棄繊維くずを利用したプランターを製造・販売している。

4 グローバル市場で流通するリサイクル原料のトレーディング事業
海外でのリサイクル原料の流通確立や、リサイクル技術支援にあたる。

5. 副資材およびリサイクル加工設備提案
フレコンバックやパレットなどの活用提案や、オーダーメイドフレキシブルバックの提案、リサイクル加工設備の提案販売などをおこなう。

今後の展開予定としては、2019年に掲げたビジョン「プラスチックの資源循環経済の構築を通じて地球を再生する」を達成するため再商品化事業に力を入れ、サーキュラーエコノミーとSDGs(持続可能な開発目標)の実現を図る。同時に、日本国内の廃プラスチックのリサイクル率向上や、環境負荷低減に向けた新規事業にも注力していく方針だ。その結果、世の中に必要とされるグローバル企業となることが、パンテックの将来像だ。

349136
349128
349117

廃プラリサイクルで未来を創造し、地球環境保全に貢献できる仕事

2020年6月時点の従業員数は約40名で、平均年齢は36.5歳。中核は20代~30代半ばの社員が担っている。男女比は4:6と、女性がやや多い。女性の役職者は1名(課長職以上)在籍し、産休・育休も該当者全員が取得しているなど、結婚や出産後もキャリアを継続できる環境だ。新卒・中途の割合は3:34と、大半が中途入社。外国人の社員も在籍しており、性別や国籍に関係なく、能力を最大限に発揮できる環境だ。

月平均の残業時間は20時間ほど。私用などで休む必要がある場合は、通常の有給に加えて時間有給も選択できる。連休も取りやすく、事前にスケジュール調整をしておけば、土日を含めて最大で9連休を取得可能だ。もちろん有給の取得率も高い。

人材育成は、教育プログラムに沿ってOJTを中心に業務を習得していく。業務全般を理解するため、商材や業界についての座学研修や実務研修も実施される。そのほか、入社年次に応じたスキルアップ研修や、管理者向けマネジメント研修もおこなわれる。社内勉強会も充実しており、業界未経験でもスピーディーにキャッチアップできる。

福利厚生は、各種社会保険完備のほか、養老保険、GLTD(団体長期障害所得補償保険)、健康診断、保養所(リゾートトラスト法人会員)など。社内イベントの一環としてボランティア活動をおこなっており、月1回、滋賀県近江八幡市での森林整備や植林活動支援などに参加している。

今回の採用では、ITを活用したサービス構築(新サービス開発)の担当者を想定している。国籍、年齢、性別、学歴、資格は問わない。研修制度が整っているため、リサイクルに関する知識も不要だ。ECサイトやコミュニティサイトなどWEBシステム構築の経験や、ディレクション実務の経験があれば歓迎されるだろう。求める人物像は、自ら積極的に仕事に取組み、真面目にコツコツと業務にあたれる人、前向きに考え感性的な悩みをしない人。そして、仕事を通して地球環境保全に貢献したい人だ。

349138
349137
349114

株式会社 パンテックに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 パンテックに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 パンテック
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
サービス系 >  その他サービス系
商社(卸売)・流通・小売り系 >  その他商社・流通・小売系
設立年月 1996年04月
代表者氏名 黒木 政明
事業内容 地球的な問題として注目されるプラスチックのリサイクル。環境にかける負担を少しでも軽減しようと、廃プラスチックの再資源化に取り組む会社が、ここで紹介するパンテックだ。もともとプラスチック再生資源の卸売業だったが、時代の変化とともにプラスチックリサイクルの総合企画を提案する専門企業に進化。プラスチック製品企業や加工メーカーなどが製品を生産する過程で生ずる不要物を再資源化し、新たな製品にするためのリサイクルラインを提供している。今後はITを活用し、リサイクル率の向上や環境負荷を低減する新規事業にも取り組んでいく。
従業員数 36人
平均年齢 36.5歳
本社所在地 滋賀県大津市瀬田4丁目5番8号
349112

株式会社 パンテック資本金設立年月日1996年04月従業員数36人

廃プラスチックリサイクルに関する最適なソリューションを、ITを駆使して提案する企業

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×