お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 シュアーイノベーションの企業情報

343992

株式会社 シュアーイノベーション

業界のパラダイムシフトを目指す新進気鋭の不動産Techベンチャー

テクノロジーで投資不動産業界の変革を目指すスタートアップ

株式会社シュアーイノベーションは、“不動産に関する顧客体験を変革し、世界中に笑顔と感動を届ける”をミッションに掲げ、“不動産×テクノロジー”の領域で事業を展開する2017年9月創業のスタートアップ企業である。

同社の中核事業は、投資マンションの仕入れ・販売・管理である。投資を目的としたマンションを仕入れて販売し、収益を得る。上場企業に勤めるサラリーマンや医師等が主な客層だ。

投資用不動産の販売会社としての最大の特徴は、顧客一人ひとりのライフプランを最重視したサービスを提供していることである。同社のセールス担当者(コンサルタント)は全員、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格保持者だ。物件販売ありきで話を進めるのではなく、まずはライフプランについてのカウンセリングからスタート。ライフプラン表やポートフォリオグラフの作成、方針決定やゴール設定を行い、ライフプランと顧客の価値観が、自社が提供する投資用マンションがマッチすると判断した場合にのみ、物件販売に向けたプランとシミュレーションを提供するのである。

また、購入後の面倒な管理業務を省き、空室リスクを回避できる会員制度を用意する等、初心者でも安心して購入を検討することができる体制を確立している。

「物件の購入や売却、確定申告、ローンの乗り換え等が中心ですが、自宅の買い替え・住み替え、両親の相続税対策まで、一人の担当者が一貫してサポートしています」(執行役員マーケティング・ディレクター・西川一摩氏)

このようなコンサルタントによる手厚いサービスを支えているのがテクノロジーだ。社内にシステム開発部門を構え、物件紹介、顧客側の運用と売却、社内業務等のあらゆるシーンをシステム化している。例えば、物件紹介において、物件の賃料や売買価格の算出にAIを活用して適正価格を提案している(『Sure Estimator』)。また、運用・売却に関しては、所有物件の情報や確定申告時に必要な書類等を一元管理できるアプリを提供している(『Sure Owner』)。そして社内における業務はRPA(robotic process automation)で効率化。物件の契約や購入、運用等で発生する複雑な業務を効率化することで販管費を削減している。

「一般的に物件情報は紙の書類で管理していますが、その量は膨大です。不動産を購入したものの正味のキャッシュイン、キャッシュアウトを把握できていないケースが非常に多くあります。コンサルタント側も同様で、どうしても新規顧客の獲得に走りがちになってしまいます。システム化したことで運用状況が可視化され、お客様にとっての透明性が高まったことに加え、コンサルタントにとっては継続的にお客様の資産形成のサポートがしやすい環境が実現しました」(西川氏)

これらのシステムはこれまで家計管理・不動産管理ツール『Mirap』として開発・提供していたものを分割したものだ。サービスの拡大に合わせた柔軟かつスピーディな機能拡張を実現すると共に、将来は同業他社にSaaSとして提供することも視野に入れている。

344005同社は“不動産に関する顧客体験を変革し、世界中に笑顔と感動を届ける”をミッションとしている。
344018設立から2年で年商20億円の企業に成長を遂げたスタートアップ企業だ。
343993

米国シアトルで情報格差を痛感し“不動産×テクノロジー”に挑戦

創業者の代表取締役社長・篠田礼門氏は、大手投資用マンションデベロッパーにて、トップセールス、トップマネージャーを獲得した後、米国シアトルにて不動産テックカンパニーを子会社として設立。代表に就任し、AIを使った独自の米国不動産査定システムと収支シミュレーターを開発した経歴を持つ。そこで、米国と日本との情報・技術格差に危機感を覚えたことが、後の同社設立へと繋がっている。

インターネットやSNSの普及によって解消されつつあるものの、当時日本では不動産投資に関する正確な情報が伝わっていない状況があった。一部の心無い不動産業者によって、「グレー」「儲からない」といったネガティブなイメージが定着してきたのである。だが本来、不動産投資とは長期的な視野に立って計画性や目標を持って行う資産形成の手段であり、短期的な利益を目的として行う"投機"とは異なる。ライフプランに沿った堅実な資産形成に適した手段なのである。

「投資マンションは、年収でいえば500万円台から2,000万円ぐらいの、ミドル層からアッパーミドル層に適した商品です。その属性の人達に対して正しい情報を伝え、人生の中のどのタイミングで選択肢として検討すべきかを判断するサポートをしたいと考えています」(篠田氏)

だが個々の顧客に対して、そのようなサポートを継続する上でネックになるのが、不動産業務の煩雑さである。歩合制が一般化している不動産営業では、業績の向上と反比例して満足いくフォローができなくなるというジレンマが生じやすい。そのジレンマを解消するためにテクノロジーは不可欠だったが、日本はその分野では完全に出遅れている。前職時代、シアトルで子会社を設立したのは、そのギャップに危機感を感じたことが発端だった。

「最もショックだったことは、現地に住んでいる日本人のエンジニアや日本語が話せるIT、不動産領域の人材を仲間に引き入れようとした時に、完全に拒否されたことでした。日本は“IT後進国”と見做され、全く選択肢にすら入れてもらえない状況でした。そこで逆の発想で、そこに拠点を持つことで、最新の情報やノウハウ、人材が集まってくるのではないかと考えました」(篠田氏)

そうして立ち上げたプロジェクトだが、渡米から約半年で中止に。だが“不動産×テクノロジー”の領域に挑戦したい、そこで勝負したいという思いを抑えることができず、独立・起業することとなったのである。

「シアトルでは吸収するだけではなく、日本での経験を活かしたビジネス戦略を仕掛ける意図もありました。今はまだスタートアップなので、国内に注力していますが、将来的には海外事業にも進出したいと考えています。そのために一から作り直しているところです」(篠田氏)

343999代表取締役社長 篠田 礼門氏
344016社内に開発チームを持ち、煩雑な業務を効率するシステムを自社開発・運用している。
343995

目指すは“従業員幸福度No.1の10ビリオンカンパニー”

設立当初3名でスタートした同社は、2020年4月までの約2年半で、正社員13名、年商20億円の起業へと成長している。今後は上場も視野に入れながら成長を加速させたい考えだ。

「わくわくできるビジョンを持つことは非常に大事です。その意味で上場は分かりやすい指標であると考えています。また、スタートアップの段階で飛び込んで来た社員達が5年、10年と一緒にやってくれる中で、ストックオプションを含めて報われる仕組みも必要です。株を売って、まとまったお金を手にする社員が出てきても良いと思っています」(篠田氏)

同社は現在、システム開発やPR等に携わる人材を広く募集中だ。顧客第一主義、データドリブン、情熱×挑戦という三つのバリューをプロフェッショナルの視点で真剣に追求できる人材を求めている。

「不動産業界を変革する。その過程に携われることが魅力です。思い描いたビジョンをやり抜く力を持っている方なら、弊社を好きになっていただけるはずです。柔軟性は高いですし、本人のやりたいことに寄り添っていける組織を目指しています」(西川氏)

組織作りの面で篠田氏が実践してきたことは、多様性を認めること、権限を与えること、人を軸に戦略を立てる、の三つだ。多様な働き方を認めることで優秀な人材を確保し、大きな権限を与えることで人の成長を促す。また、自社が目指す方向性に完全に合致しなくても、近い領域にいて何らかの魅力を持った人材は登用し、機会を与え、成長機会や事業機会を一緒に作ってきた。これらの実践によって、社員一人ひとりの自主性と主体性を引き出しながら事業を拡大してきたのである。

「従業員幸福度No.1の10ミリオンカンパニー。それが当社のビジョンです。社員自身が幸せでなければ、お客様を幸せにはできません。そのためにも輝く個を作りたい、強い個を作りたい、スター社員を作りたいと考えています。本来、人間の可能性はとてつもなく大きいと思います。そこから目を背けず、自分がこうなっていたら最高に気持ち良いと思う理想にたどり着くには、どのようなステップで何を習慣化するべきなのか、一緒に考え、伴走したいと考えています」(篠田氏)

同社には自分に不足するものに対し、自学自習しながら補っていける人材が揃う。そして、そうやって主体的に学ぼうとする姿勢を会社が資金面も含めて支援する。不動産業界の変革という目的を共有し、切磋琢磨しながら個人も会社も成長し続けるシュアーイノベーション社は、これまでに培った力を発揮し、さらに伸ばしたいという意欲を持った人材を輝かせる舞台となるだろう。

344006今後は上場も視野に入れながら、事業展開のスピードを高めていく方針だ。
344000社員が幸せでなければ顧客を幸せにできないという信念の下、従業員幸福度を追求しているのも同社の特徴だ。
343994

株式会社 シュアーイノベーションに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 シュアーイノベーションに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 シュアーイノベーション
業界 不動産・建設系 >  不動産賃貸・仲介・管理
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 3000万円
売上(3年分)
2019年 2月 期 2020年 3月 期
8億円 14億円
設立年月 2017年09月
代表者氏名 代表取締役CEO 篠田 礼門
事業内容 ・不動産Techプロダクト「Mirap」の運営
(ライフプラン分析に基づき不動産に特化した資産運用コンシェルジュ)
・不動産業界の業務効率化に特化したRPAプロダクトの開発
・機械学習技術を活用した不動産の資産価値可視化プロダクトの開発
・ワンルームマンションの開発・販売
・ライフプランコンサルティング
従業員数 19人
平均年齢 28.0歳
本社所在地 大阪府大阪市北区曽根崎新地2丁目6-24 MF桜橋2ビル 7階
343992

株式会社 シュアーイノベーション資本金3000万円設立年月日2017年09月従業員数19人

業界のパラダイムシフトを目指す新進気鋭の不動産Techベンチャー

この企業が募集している求人

344001
米国シアトルで収集した世界基準の知見で創る”本気でユーザーファーストな不動産×technologyプロダクト”のサーバサイドエンジニア
★バックエンドエンジニア

各種不動産Techプロダクトの立ち上げに向け、現在DWHを構築中。 今年11月を目途に現在進行中のPJを完遂し、次のPJに着手予定。 ここから開発の更なるスピードアップを仕掛けていきたいと思っています。 そこで、ビジネス課題を要件や設計に落とし込み PJをリードしていただけるような方を新たなメンバーとして募集いたします! ■■■開発環境■■■ ・1週間スプリントのスクラム...

344001
【バックエンドエンジニア】大阪発!不動産業界にテクノロジー革命を起こしたいメンバーを募集
バックエンドエンジニア

新規事業のアプリケーション開発全般をお願いします。 事業企画から要件定義・設計、開発、テストに至る全ての開発工程を担当していただきます。 志向性に応じて、積極的に企画検討、インフラ、マネジメント経験も積めるよう配慮します。 【具体的な仕事内容】 ■新規サービス・新機能の要件定義・設計・開発 ■既存サービスの再設計、機能追加 【開発環境】 スクラムを用いたアジャイルな開発...

344011
【フロントエンドエンジニア】大阪発!不動産業界にテクノロジー革命を起こしたいフロントエンドエンジニア募集
フロントエンドエンジニア

新規事業のアプリケーション開発全般をお願いします。 事業企画から要件定義・設計、開発、テストに至る全ての開発工程を担当していただきます。 志向性に応じて、積極的に企画検討、インフラ、マネジメント経験も積めるよう配慮します。 【具体的な仕事内容】 ■新規サービス・新機能の要件定義・設計・開発 ■ 既存サービスの再設計、機能追加 【開発環境】 スクラムを用いたアジャイルな開...

After covid19 bottom
×