お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ブックリスタの企業情報

338668

株式会社 ブックリスタ

電子書籍ストアの運営をサポートし、エンドユーザーに“感動”を提供する。

大手各社の出資のもと、電子書籍ストアのシステム開発と運営をトータルにサポート。

電子書籍に関連する様々な事業を手がけている株式会社ブックリスタ。コンテンツの取次(出版社からコンテンツファイルを仕入れてストアに卸すこと)、ストアシステムや配信プラットフォームの提供などのASPサービス、プロモーションの企画など、電子書籍事業をトータルにサポートしていることが大きな特色だ。

同社は2010年7月に設立、10年目を迎えた現在は株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、KDDI株式会社、凸版印刷株式会社、株式会社朝日新聞社の4社から出資を受けている。

幅広い事業の中のひとつ、コンテンツの取次にフォーカスするだけでも、同社の実力は明らかだ。コンテンツマネジメントシステム(CMS)を通じて、著者・権利者・出版社から電子書籍ストアへのスムーズな作品提供と、膨大な数のコンテンツファイルの効率的な管理を実現。リアルタイムに売上状況を把握できる管理画面も提供している。仕入先となる出版社は1,800社を超え、取り扱いコンテンツ数は、小説・コミック・雑誌・写真集を合わせて60万点以上にのぼる(ともに2020年3月現在)。

その中で、電子書籍事業について包括的なパートナーシップを結んでいる電子書籍ストアは2つ。“Reader Store”(運営:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント)および“ブックパス”(運営:KDDI株式会社)である。両ストアに対しては、ASPサービスの開発・提供をはじめ、販売分析、コンテンツ企画、ストアの編成業務、施策・キャンペーンの企画、ユーザーサポートなどをトータルに行っている。

小説・コミック・雑誌・写真集などを手がけていることは両ストアに共通だが、それぞれの特色は異なる。“Reader Store”は、運営会社の事業柄、文字&音声によるオーディオブックの配信や、タレントをジョインしたイベントによる販促など、エンタテインメントとの融合による運営に特色がある。一方の“ブックパス”は、通信キャリアならではの圧倒的な会員数を持ち、定額読み放題というサブスクリプションサービスのパイオニア的存在だ。そして、作品の特徴からユーザーの読書傾向までを把握し、両ストアの特色を活かした戦略的なアプローチでバックアップする点に、同社の優位性がある。

その優位性を、“Reader Store”と“ブックパス”以外のストアに横展開していないのは何故か。そこには同社の企業理念が大きく関係している。事項で詳しくふれよう。

338695電子書籍に纏わる様々な事業を手掛けており、仕入先となる出版社は1,800社、取り扱いコンテンツ数はトータル60万点以上にのぼる。
338692日本を代表する株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、KDDI株式会社、凸版印刷株式会社、株式会社朝日新聞社の4社からの出資を受けている。

感動との出会いの場を提供するため、ストアの運営者と水際までにじり寄る。

横展開していない、と書いたが、それはあくまで株式会社ブックリスタが守りに入っているということではない。事実はむしろ逆だ。同社は現在ASPサービスの開発・保守の内製化を積極的に推進、さらなるビジネススピードの向上を目指している。その目的について、経営企画管理部 グループマネージャーの横手寛子氏は次のように語る。

「目的は2つあります。より優れたASPサービスを構築し、電子書籍業界全体にその評判が広まれば、新しい取引先が開拓できます。それによって、ASPサービス単体での収益を上げる。それが第1点です。
第2点としては、内製化によって開発スピードをつねに高く保ち、エンドユーザーの買いやすさにつなげたいということです。すでにレコメンドエンジンには力を入れていますが、より利便性を高めることでエンドユーザーの購入単価を上げる。そうすればストアの売上は伸び、当社の収益もさらに向上しますから」。

ただし、ASPサービスの提供を通して、包括的なパートナーシップを結ぶ協業先を増やすかどうかは別判断である、と横手氏は語る。ASPサービスの領域を強化することが最終目標ではないからだ。

同社は、“電子書籍での多様な取り組みを通じて多くの人々へ感動との出会いの場を提供しつつ、新しい価値を生み出していく”という企業理念(一部抜粋)を掲げている。つまり電子書籍というコンテンツを通して、“感動との出会いの場を提供”することが最終目標なのだ。そのために同社がやるべきことは、ASPサービス単体の提供にとどまらない。前項でふれたように、ストアの特色を踏まえたコンテンツ企画、ストアの編成業務、施策・キャンペーンの企画、ユーザーサポートまで、文字通りトータルに関わっている。

「感動との出会いの場を提供するために、ストアの運営者と一緒になって、(エンドユーザーのいる)水際まで。それが当社の目指しているものです」。
現在パートナーシップを結んでいる2つのストアですら、それぞれに特色があり、水際までのアプローチは異なる。その違いは、各ストアを担当する社員の仕事ぶりにも影響を与えるほどだ。言い換えれば、パートナーシップを結ぶことは、それぐらい“入り込む”ことなのである。だからASPサービスの導入先を広げることと、協業先を増やすことは、別の判断が必要なのだ。同社はそれほどまでに、“感動との出会いの場を提供”することにこだわっているのである。

338706
338710
338674

評価制度、研修制度のベースとなり、社員の成長を促す5項目の“行動指針”。

株式会社ブックリスタは、内製化を進めるため、2021年3月までに約20名の採用を計画している。

対象となるのはプログラミングなどの実務スキルを持つエンジニアで、配属先はシステム部だ。基本的に同社の社員は、出退社時間を自らの裁量で決められるが、システム部の社員はその自由度が最も高い。生産性に影響がない、あるいはさらに高められると判断すれば、午後からの出社でも、終日リモートワークでも問題はないという。そして、その自由な働き方に惹かれて転職してきたエンジニアも多いとのことだ。

もっとも、約20名の採用というのは、同社にとってインパクトのある数字だ。現在の社員数は80名。予定通りに採用が進んで100名体制になれば、入社1年未満の“新人”が2割を占めることになる。前項で紹介したような基本理念のもとで、ブレることなく事業が進められるのだろうか。そこで重要になってくるのが、“行動指針”である。

同社の行動指針は、“自由を楽しもう” “挑戦を楽しもう” “違うことを楽しもう” “責任を楽しもう” “お客さまと楽しもう”という5項目によって構成されている。

協力会社に対する管理が中心だったシステム部では、実際に手を動かしてプログラミングができる、つまり実務スキルを持ったエンジニアの採用が課題だ。しかし、スキルがあれば良いわけではなく、上記の行動指針5項目に共感し、一緒に行動できる人材であることが採用の可否を分ける。入社後の評価制度にも、行動指針は盛り込まれている。それほど重視しているのだ。

一方で、研修制度を通してエンジニア一人ひとりの成長もバックアップしている。評価をもとに“目指してほしいエンジニア像”を上司と本人で共有。その本人に必要な集合研修を研修会社と共同でカスタマイズし、研修で必要な知見を身につけてもらうという流れだ。その結果、実務で成果を発揮したエンジニアは、行動指針に照らし合わせて評価を行う。行動指針とその前後のプロセスに、一気通貫のストーリーが描かれているのだ。

横手氏は言う。
「エンジニアに限らず、社員一人ひとりの成長が会社を成長させ、企業理念の実現につながると信じています。そのための行動指針であり、決してお題目ではありません。これから当社に入社してくださる方とは、しっかり目線を合わせ、一緒にゴールを目指したいと考えています」。

338694内製化を推し進めるため、採用に注力していく。非常に自由度が高く、行動指針においても「楽しもう」というワーディングが揃う。
338683まだまだ社員一人一人の成長が会社の成長へ直接リンクする規模感。研修にも力を注ぎ、個の成長が実感できる環境だ。
338672

株式会社 ブックリスタに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ブックリスタに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ブックリスタ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  出版・新聞・雑誌
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 8億9000万円(資本準備金含む)
設立年月 2010年07月
代表者氏名 村田茂
事業内容 ブックリスタは、電子書籍に関連するさまざまな事業を展開する企業です。コンテンツの取次、配信プラットフォームの提供、プロモーション企画、オリジナル作品の制作など、幅広い事業を行っています。

電子書籍ストア「Reader Store」(運営:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント)と、「ブックパス」(運営:KDDI株式会社)の、コンテンツ企画をはじめ、編成業務、ストアシステムの提供、ユーザーサポートなど、ストアに関わる事業を一括で行っています。作品の特長や面白さ、ストアを訪れるユーザーの読書傾向などを理解し、戦略的なアプローチでストアをバックアップしています。
従業員数 80人
本社所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂2-5-27 SKIビル4F
338668

株式会社 ブックリスタ資本金8億9000万円(資本準備金含む)設立年月日2010年07月従業員数80人

電子書籍ストアの運営をサポートし、エンドユーザーに“感動”を提供する。

この企業が募集している求人

338685
【開発エンジニア】リモートワーク・副業OK!電子書籍サービスの開発メンバー
【開発エンジニア】エンタメ×テックを実現する担当者を募集中

【職場の魅力】 - 自由度の高い勤務時間と勤務場所 形だけではない個人で勤務時間を調整できる裁量労働制(社員の平均残業時間は1日1時間未満)を採用していることとリモートワークの可能な職場がそろっているため、個人のパフォーマンスが最大に発揮できる環境で働くことができます。 - 開発技術の理解とサポート 勤務時間の一定割合を挑戦的な技術開発に使うことが可能なR&D制度、技術書の購...

338694
【データエンジニア】リモートワーク・副業OK!施策にこだわるデータエンジニア
データエンジニア

【職場の魅力】 - 自由度の高い勤務時間と勤務場所 形だけではない個人で勤務時間を調整できる裁量労働制(社員の平均残業時間は1日1時間未満)を採用していることとリモートワークの可能な職場がそろっているため、個人のパフォーマンスが最大に発揮できる環境で働くことができます。 - 楽しもうという行動指針とフランクな人間関係 会社の行動指針は“自由を楽しもう” “挑戦を楽しもう” “...

338694
【AWSインフラエンジニア】リモートワーク・副業OK!電子書籍サービスの開発メンバー
AWSインフラエンジニア

【職場の魅力】 - 自由度の高い勤務時間と勤務場所 形だけではない個人で勤務時間を調整できる裁量労働制(社員の平均残業時間は1日1時間未満)を採用していることとリモートワークの可能な職場がそろっているため、個人のパフォーマンスが最大に発揮できる環境で働くことができます。 - 開発技術の理解とサポート 勤務時間の一定割合を挑戦的な技術開発に使うことが可能なR&D制度、技術書の購...

After covid19 bottom
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×