お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ドワーフワークス 株式会社の企業情報

335816

ドワーフワークス 株式会社

【全社員リモートワーク完了】オリジナルにこだわってゲームを創り続けるクリエイター集団

デフォルメのファンタジーアクションゲームを開発中

「未知の遊びを創り出す」というミッションを掲げ、スマートフォンゲームアプリの企画、開発を手がけるドワーフワークス株式会社。同社は営業代行事業やメディア事業を展開する東証二部上場企業100%出資のグループ会社として、2018年10月に設立された。代表の鹿内一勝氏はゲーム攻略サイト「アルテマ」の責任者を務めていた人物だ(現在も取締役として在籍)。設立の経緯について、鹿内氏は次のように語る。

「かねてから成長戦略の一つとして、既存のメディア事業とシナジーを生みだす新事業の展開を検討していました。そこで出てきたのがゲーム企画・開発を行う新会社の設立です。私たちは月間1億PV以上のゲーム攻略サイト『アルテマ』の運営により、ゲームユーザーの嗜好性やニーズに関するデータを蓄積してきました。それをゲーム開発に活かすことができるのではないかと考えたのです。また、『アルテマ』で自社のゲームを紹介することで集客しやすく、広告費削減も期待できることから当社の設立に踏切りました」。

現在、第一作のリリースに向けて、スマートフォンゲームアプリの開発に取り組んでいる。

「現在開発中のタイトルは、デフォルメのファンタジーアクションです。自社オリジナルタイトルで、プロデューサー、ディレクター、企画、3Dデザイナー、2Dデザイナー、クライアントプログラマー、サーバプログラマー、シナリオなど、約25名のメンバーで開発を進めています。進捗はα版が出来上がった段階です(2020年2月時点)」。(鹿内氏)

なお社名は「真面目にコツコツ」というドワーフのイメージとゲームクリエイターのイメージが似ていることから「ドワーフワークス」と名付けたそうだ。

リファラル採用のみで25名を揃えた同社は全員が各領域で8~20年のキャリアを持つスペシャリスト集団なので、採用基準は高めであるが、一定の経験を持ったクリエイターであれば、切磋琢磨し成長できる環境が整っていると言えるのではないだろうか。

335833デザイナーA氏
336559デザイナーB氏
335822

自社オリジナルタイトルの開発に、初期段階から取り組むことができるのが魅力

第一作目のタイトルリリースに向けて、現在開発を進めているドワーフワークス。同社で開発に携わる魅力は、何と言っても自社オリジナルタイトルの開発に初期段階から取り組むことができることだろう。鹿内氏は次のように語る。

「オリジナルタイトルに携わることができるのはクリエイターにとって大きな魅力だと思います。IPものではないので、自由に制限なく表現することが可能です。また、私自身もプロデューサーとして参加していますが、会社経営の経験は豊富でもゲーム開発経験はないんですね。そのため、基本的に面白さの部分は現場のプロデューサーに一任していて、ヘタに開発には口を挟まないようにしています。メンバー一人ひとりが意見を出し合いながら、自分たちが面白いと思うゲームづくりに専念できる環境です」。

また、今なら立ち上がったばかりの会社のスターティングメンバーとして、開発環境づくりや会社の仕組み・制度づくりにまで携わることもできるのも大きな魅力だ。

現在、一作目の開発はほぼロードマップ通り順調に進んでいるという。今後は3Dデザイナー(背景、キャラクター)や2Dデザイナーなど増員して量産体制を整え2021年にリリースしたい考えだ。

「チームのメンバー同士がしっかりと意思疎通ができないと、いいゲームは絶対に作れません。そのため、もちろんクリエイターとしてのスキルも大切ですが、とにかく素直な方に来ていただきたいですね。相手の意見に素直に耳を傾け、また、自分の意見を素直に相手に伝えることができる方を歓迎します」。(鹿内氏)。

今後の展開・ビジョンについて鹿内氏は次のように語る。

「まずは第一作目をきっちりと作り上げるのが直近の目標です。その後も早い段階で第二作目のリリースを目標に見据えています。安定した事業基盤があるので失敗しても何度でもチャレンジできる資金力はあります。自社IPを作ることを目標にオリジナルタイトルにこだわってゲームを創っていきたいですね。」

335836デザイナーC氏
335834デザイナーC氏
335819

福利厚生や待遇も充実しており、長く安心して仕事に取り組むことができる

現在、ドワーフワークスは約25名体制(2020年3月時点)で、20代後半~40代前半の社員が活躍している。オフィスは多くの路線が乗り入れる都内有数のターミナル駅「池袋駅」から徒歩5分と、通勤などにも便利なロケーション。企業カルチャーについて鹿内氏は次のように語る。

「まだ、設立して間もないので特有なカルチャーと言えるようなものはありませんが、変化を恐れずに常に進化していく社風は親会社から受け継いでいますね。経営もそうですし、開発プロジェクトもそうですが、時には壁にぶち当たってつまずいて進まなくなってしまうことがあります。現在開発中のタイトルでも一時止まったことがありましたが、メンバー同士が話し合いを重ね、変化を恐れず方向性を変え、前に進める決断をしました」。

社員同士がコミュニケーションを深める機会としては、ボードゲーム好きな社員が多いこともあり、お昼休みや就業後に有志が集まってボードゲーム大会を開いているそうだ。

また、上場企業のグループ会社として、福利厚生や待遇を充実させ、社員が長く安心して仕事に取り組むことができる環境を整えているのも同社の特徴だ。

福利厚生としては、社会保険完備、確定給付企業年金制度、健康診断に加え、体調やメンタルの不調について産業医に相談できる環境もある。また、弁護士と契約しており、セクハラ・パワハラなどを社内の人に一切知られずに相談することも可能だ。手当としては、通勤交通費や家族手当の他、住宅手当(会社から2キロ圏内に住む社員が対象)、永年手当(5年以上勤務した社員が対象)などを支給している。完全週休2日制で、土日・祝日休みで、年間休日120日以上。残業は月3時間程度とほとんどなく、有給休暇も遠慮なく取得でき、プライベートも大切にしながら働くことができる。

「これまでの当社は、従業員の紹介によるリファラル採用で社員を増やしてきました。今後は広く公募して優秀なクリエイターを集め、より魅力あるタイトル作りを目指したいと考えています。世界中が笑顔で夢中になるゲームづくりに携わりたいという意欲のある方にぜひ来ていただきたいですね」。(鹿内氏)

第一作目のリリースに向けて、メンバーが一丸となって開発を進めている同社。自らのアイデアやスキルを活かしながら、オリジナルタイトル制作に携わりたい方にとっては、最適な環境ではないだろうか。

335842MTG風景
335824持ち込みボードゲーム置き場
335818

ドワーフワークス 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ドワーフワークス 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ドワーフワークス 株式会社
業界 マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
資本金 9900万
設立年月 2018年10月
代表者氏名 鹿内 一勝
事業内容 ゲームの企画、開発、運営
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 株式会社エヌリンクス(証券コード6578)100%
従業員数 25人
平均年齢 32.0歳
本社所在地 東京都豊島区池袋2丁目47-5 オンダビル8F
335816

ドワーフワークス 株式会社資本金9900万設立年月日2018年10月従業員数25人

【全社員リモートワーク完了】オリジナルにこだわってゲームを創り続けるクリエイター集団

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×